FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
ハンターです。
山でマチ(獲物が出そうな所でじっと待つ)をしていた時、うっかり寝てしまいました。
ふと目が醒めると、目の前に大きな犬?がいます。
シェパードくらいの大きさ。獰猛な顔つき。
でも、目は・・・じっとワタシをみているだけで敵意がありません。
「寝ちまったよ。ずっといたのかい?ごめんな、ナカマに合流しなくちゃ。
 お前もご主人が探しているんじゃないの?お先に下りるね」
座り続けでこわばったケツを揉み解しながら、銃を肩にかけ話しかけました。
と、そのとき、
『私には主人はいない。私は私だ。気をつけて帰れ』
と、頭の中に声が!
瞬間動けなくなりました。頭も真っ白です。
その犬を凝視すると、ゆっくりと笑って(そう見えた)山の頂へとゆっくり歩き去っていきました。
姿が見えなくなってから・・・私は一礼して、銃から弾倉を抜いてゆっくり帰りました。
山梨の山中で体験したお話です。


<感想>

「私は私だ」がクールで格好いい…。

山の神的な犬様だったんでしょうか?