ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2018/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
大学に通うため上京したときの話。
中学から続けていた陸上。スポーツ推薦で入学した大学だった。

ワンルームを借りて、念願の一人暮らしをはじめた。
引越しの日、なぜか水が出なくて困った。しかし、翌日には業者が来て直してくれた。
それから数週間あと、寝てる間に携帯が鳴り、出た途端に通話が切れる――ということがあった。
その着信は不通知だった。それは何日も続いた。なので無視するようにすると、もうかかって来なくなった。
そんなことはすぐに忘れて、その後一ヶ月くらいは何もなかった。

大学では多くの友人ができ、陸上もいい成績がでたりして、何もかも順調だった。
でもある日、大学から帰ると、部屋の真ん中に置いていたテーブルが逆さにひっくり返っていた。
もちろん鍵は毎日かけて出ているし、その日も鍵は確かにかかっていた。
気味が悪かったが、実質、被害も無いので、どうしたものかと悩んでいた。
大家と相談し、鍵の交換を求めたが、結局は自分の金で交換することになってしまった。

無事に交換が済んだその次の日、朝起きると、部屋の窓が全開になっていた。
寒くないとはいえ、夏はまだ先だ。まさか開けたまま寝るなんてことはない。
なにか嫌な予感がした。すぐに窓を閉めた。
すると、バァーンっとすごい音がして、クローゼットのドアが勢いよく開いた。
心臓が止まるかと思った。近づいて中を覗く。すると、そこには大量の白髪が落ちていた。
それを見て、吐きそうになった。気持ち悪いので、割り箸でつかんで捨てようとする。
そのとき気がついた。その長い白髪は、つながった一本の白髪だった。

霊など信じていなかったが、そうとでも思わないと説明がつかなかった。
その日、神社で御札を買って帰った。玄関と部屋にそれぞれ張った。
御札の効果を期待して、その日は早めに眠った。

翌日目を覚ますと、枕元に包丁が刺さっていた。おもわず声をあげてしまった。
部屋を見渡すと、ナイフやカッター、箸、フォークなどが、自分のかばんや服に刺さりまくっていた。
そして、お気に入りの靴が、なにかでズタズタにされていた。とても履ける状態ではない。
あの御札はどこかに消えていた。

もうイヤだ。すぐに部屋を引っ越すことにした。
次の部屋が決まるまでは友人のところで世話になった。
そして新しい部屋も決まり、引越しも完了した。
これで大丈夫だろう。あんな思いは二度とゴメンだ。

実際、引っ越してからはおかしな現象は起こっていない。

強いて言えば、最近、陸上でタイムが悪い。フォームの乱れをよく指摘される。
自分ではそんなことないと思うのに。
こんな呪い?ってあるのか? やはり御祓いを受けたほうがいいのだろうか?


<感想>

日本の霊とは思えないほどアクティブで怖すぎ。