FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
あるNPO法人の元職員が話をしてくれた。
ある自殺の名所の海の岩壁のそばに、自殺防止の電話が設置してある。
そしてその電話を通じて相談を担当しているNPOがある。
そこには、奇妙な目撃情報も多く寄せられる。
ある日、ある若い女性から電話がかかってきた。
彼女によると、岸壁の上から自殺しようとしたら、
ワンピースの主人公のような服を身に付けた死体が、
岸壁の下の海に浮いているのが見えたということだった。

しかしその話には、おかしなことが多かった。
その死体は、彼女が移動しても移動しても付いて来て、
「死んだら後悔するぞ」など叫んだ。
それは、岸壁の下から彼女のところまで手を伸ばし、
彼女は、捕まえられ動けなくなり、死の世界へ連れて行かれるところだった。
その正体は地縛霊だと思う。など。
また詳しく聞くと、その死体は、
赤いベストと、ひざ丈のジーパンの服装をしていたということだった。
彼女に付いて来て、叫んだのなら、それは生きているわけで、
警察に通報しないことにしたが、
彼女が目撃した場所と、その周辺を見に行くことにした。

しかし、すぐに職員が見回したが、死体は見当たらなかった。
でも、彼女が言った電話番号に、事後報告をしたら、
彼女がちゃんと出たので、その話は、イタズラではないと思った。
多分、彼女がいた岸壁の下の岩場で釣りをしていた人が、
自殺しようとしている彼女を目撃し、
彼女の近くまで泳ぎ、説得しようとしたのだろう。
そして、赤いライフジャケットと、ひざ上の海水パンツが、
そのように見えたのだろうと、その時は思った。

相談や報告の記録を調べると、他にも、
夜中に、自殺をしようと岸壁に行ったら、
海の方から、自殺をやめるように説得する声が聞こえ、怖くなってやめたなど、
そのような声が聞こえたとする目撃情報が複数あった。
自殺防止の活動をしている人か、心霊スポットマニアが、
岸壁の下の岩場などで見張っているのかもしれない。
しかし、夜の真っ暗な岸壁や岩場は危険で、
それにより事故が起こる可能性があるので、
警察に相談することにした。
これにより海上保安部による見回りが強化され、夕方にそこの海辺にいると、
暗くなる前に帰るようにと注意されるようになる。

警察に相談すると、それと似た目撃情報が報告されていることがわかった。
ある豪雨があった日に、ある山道の場所で崩落が起こったことが通報された。
通報者によると、こうだった。
夜中に山道を走っていたら、車が突然、動かなくなった。
車を降りて見ると、道路の来た方向から伸びている手に車が押さえられていた。
それにより、すぐ向こうにある崩落場所に突っ込まずにすんだ思った。
そしてその直前に、夜中に一人で雨の山道にいる人を目撃した。
その人は、両手を振って車を止めようとしているようだったが、
怪しくて怖く、その時はその意図に気が付かなかった。
その人は、ワンピースの主人公のような服装であり、
赤い安全ベストと、紺か青のひざ丈スボンの服装をしていた。


<感想>

一定の数の人を救ったら成仏できるのかも?