ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
ちょっと前に、会社でふっと思い出した話。

小学校三年生くらいのときに、学校から家に帰ってたんだけど

マンスリーレオパレス?みたいなアパートが二つか三つ並んでる場所があったんだ。

そのアパートとアパートの間が30cmくらいしか無いんだけど
なんかそこに、体重133kgの巨漢が挟まってたんだ。
伝わるかどうかわからんけどスパ4のルーファスみたいな奴ね。

そいつが昔、ごっつのコントでやってたスキマ男みたいな感じで
何も言わずに挟まってるんだけど妙な点がいくつかあったんだ。

スキマに入ったというより、
両サイドからアパートに圧迫されたって感じだった。
かなり奥の方に入ってて柔らかいゴムボールを
両手でギュっと挟んだときみたいに縦に伸びてたんだ。


こいつは泥棒か!?と思った俺は
そこらへんの石を拾ってそいつに思いっきり投げつけたんだけど
命中した手応えみたいなのがなくて
通り抜けたような感じ?だった。

そしたらそのルーファスみたいな奴がニヤニヤしたかと思うと、
フっと消えちゃったんだよね。

GS美神とかぬ~べ~とかがアニメ放送されてたから、
俺は怖いというより、幽霊を退治してやった!みたいなそんな気分で家に帰ったんだ。

んで、時を隔てて20年少々経過したわけなんだけど
なんでその話を思い出したかというと
俺がそのスキマルーファスとまったく同じ体型になってるんだよね。

今一番怖いのは幽霊でも超常現象でもなんでもなく、糖尿病だよ。
健康診断で思い知らされたわ。


<感想>

体重133kgがなぜわかる?と思ったら。
自分の体重だったんですね。