FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
昔、中学生位の時に、寝る前に枕元に人の気配がする事がよくあった。
枕元って言ってもベッドは壁に密着させていたので、壁の中にいるような感覚かな。
なにもしない、ただこっちを見てるような感じを受けるだけ。

寝る前はタイマーかけてラジオ聞きながら寝るようにしてたんだけど、
ラジオからサザンの曲がかかった時だけ、「それ」が曲に合わせて鼻歌を歌っていた。
結局実際に見えた事はなかったけど、その「鼻歌」だけは何回か聞いた。
思えば「見る」事はなくても「聞く」事は結構あったんだなぁ。と最近思う。


<感想>

音痴だったらイラつくだろうな。