FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
俺の姉は一人暮らしをしていて、ごくたまにしか実家には電話を掛けてこない。
なのに突然電話を掛かって来て、何事かと思ったら『変わったことはない?』と聞かれた。
特になかったので「ない」と答えてすぐに会話は終了。
しかしその日の夜中(日付は変わっていたけど)、うちのばーちゃんが階段から落ちて怪我をした。
救急車を呼んで病院へ行ったら即入院決定となる程の大怪我だった。
結局その日はばーちゃんに付いて一日中病院で過ごすことになった。

で、夜になって俺が家に戻ると、携帯に姉からのメールと着信が大量にあった。
「こんな時になんだよ…」と思って、メールも見ずに取り合えず電話をしてみたら、
前日と同じように『変わったことはない?』と聞いてくる。
それでばーちゃんの入院を伝えると、かなり驚いたようで、
『気になることがあって今日ずっと連絡取ろうとしてたのに、お母さんもあんたも連絡つかなくて、やっぱあったんだね』
と言っていた。
俺が「虫の知らせってヤツだね。まぁ怪我はひどいけど、大丈夫だから」と姉をなだめようとしたら、
姉が変なことを言い出した。
『実は夢に父さん(故人)が出てきた。父さんが出てきた時必ず何かある』
意味が分からず(゚д゚)ハァ?となって、詳しく聞いてみると、
ばーちゃんの怪我(今回の前にもあった)や従姉妹の結婚や流産、おじさんの病気発覚など、
今まで父親の夢を見た後は、必ずと言っていいほど家族や親戚に何かあったということだった。
正直びびった俺は、「今度夢見たらソッコー掛けて来て」と言って電話を切ってしまった。

今姉からの電話やメールがほんのり怖い。


<感想>

何かが起こるかも?、と電話がかかってきても、
どうしようもないような…。