FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
うちの母のこと。
うちの母は私が子供の頃に薬を嫌がって飲まないからって、
ジュースにこっそり混ぜたり食べ物に混ぜたりして、私に内緒で飲ませてた。

だからかなんだか知らないけど去年の朝、
駅のベンチで電車待ってたら、異常なほどの眠気に襲われていつの間にか爆睡してしまった。
私が爆睡してる間、周りは「ホームに意識不明の女性がいる」と大騒ぎになって、
私は救急車で病院に運ばれてて病院で目が覚めた。
検査の結果特に異常がなかったので、念のため1泊しただけで帰されたんだけど、
家に帰ったら母が「効きすぎちゃってゴメン」と言う。
母は私が「最近よく眠れない」と言っていたのを聞いて、
夜に私が食事中に飲む麦茶に、よかろうと思って睡眠剤を混ぜたらしい。
が、どういうわけか、効いたのがだいぶ時間が経った朝だった。
「なんでそんなことするの!」と怒ったら、心配そうな顔で「だって眠れないって言ってたから・・・」。

それからついこの前、夜から次の日の昼までずーーーっと腹痛と下痢でトイレ何回も行った。
「何か悪い物食べたかなぁ・・・」と考えていると、
母が「出てよかったじゃない?最近あんたお通じないって言ってたから♪」と言う。
まさかと思って聞いたら、
前の日の夜、私がトイレ行ってる間に、私が飲みかけのジュースに下剤を入れておいたと言う。
なんでそんなことするんだよ!!!
いずれ毒薬でも入れられるんじゃないかと・・・(汗


<感想>

お茶目のレベルを超えている…。










私が短大生だったときのことです。

当時よくYとNという友達とつるんでいたのですが、
1年の後期頃から、Nのほうがたびたび学校を休むようになりました。
Nは私たちに、「体調が優れないから」と言っていたのですが、
あまりにも頻繁に学校を休み、旅行や飲み会などもドタキャンされることが多くなってきたので、
「体調が優れないっていうけど、本当にそれが理由なの?」と問いただしました。
出席してきたときにはいたって健康そうに見え、倒れたりすることもなく、とても体が弱いようには見えなかったからです。
そして、しぶしぶNはうつ病であり分裂ぎみでもあることを告白しました。
いつも明るく気さくな性格で結構美人なNだったので、Yも私もとても驚きました。
一度告白してしまってからは気が楽になったのか、
(睡眠薬の飲み過ぎ、二階から飛び降りた等で)病院に入院してしまったときは、
見舞いにきてほしいと言われたりするようになりました。

Nは「おそらく自分の病気の原因は両親にある」と言っていました。
Nの母親はけっこう重い分裂症で、遺伝したのではということです。
それが原因なのか、Nの父親はNが学校を休み始めたころ愛人と行方不明になってしまい、
精神的にNは耐えられなかったらしいです。



[友人が学校を休んだ理由]の続きを読む
知人Aの話

Aの実家は山の中腹にあり、御両親が食堂と小料理屋を足して2で割ったような店を営んでいた。
店の横の渓流で捕れる川魚料理と山菜料理は絶品で、
訪れた際は、塩焼き、骨酒、山菜おこわなどを御馳走になるのが楽しみだった。
商売気はなく、沢山の田畑を貸し悠々自適に暮らす夫婦の趣味の店といった雰囲気だ。

以前、Aの帰省に同行して厄介になっていた時、
団体客から問い合わせがあり、魚料理を要望された親父さんは用意できないと断った。
急な団体では仕方ないが、日を改めてという話も断るのは不思議だった。


[32匹]の続きを読む
追突事故のトラブルを撮影していたら…。

【投稿心霊動画】交通トラブル



あまり怖くないかもしれないけど、ちょっと前に俺に起こった話。

俺は寝る時、部屋の電気を全部消すようにしてる。
豆電球とかついてると逆に落ち着かなくなるから消すんだけど、
根が暗闇大嫌いなビビリ野郎なので、夜中に目が覚めたりするともう最悪。
そういう時はふとん頭からかぶって、もう一度眠くなるのをひたすら待つ。

ある夜、よせばいいのに『○怨』のビデオ借りてきて、一人で見てから寝た。
真夜中に目が覚めた。
最初は頭がぼーっとしてて、自分が目を覚ましてるってことも自覚してない状態。
そのときは仰向けに寝てて、自室のキタネー天井をぼけーと見上げてた。
でもだんだん意識がはっきりしてくる。そうするともう怖くてたまらない。
あんまり怖いんで身動きできない。目も閉じられない。
ちょっとでも動いたらなんか来る!見つかる!って感じで。
心臓バクバク、頭の中で『ヤバイヤバイヤバイヤバイ』って言葉がぐるぐる回ってる。


[見ちゃいけないもの]の続きを読む
だいぶ前の話ですが、高校生の頃、数学の授業中に突然先生が、
「あら?あなた○○さんでしょう?」って、全然違う人の名前を私に質問してきたんです。
もうその先生の授業は2年くらい受けているのに。
わけがわかんなくて「え?」と聞き返したら、「ごめんなさい」と一言。
授業は何事もなかったかのように再開しました。
しかし、5分もしないうちにまた同じ質問を・・・。
変だなと思っていたら、次の日からその先生は学校にこなくなりました。

その数ヵ月後、自殺の名所として地元では有名な橋の下で、腐乱死体でその先生は発見されました。
後日知ったことですが、その○○さんも、その橋から高校生の時に飛び降りて死んだそうです。
でも、その先生と○○さんのつながりは不明。
○○さんを知る人によると、私とは全然違う顔立ちみたいです。


<感想>

この学校にその子の霊がいて、
波長の合う人を連れて行ってしまうのかも?