FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
見覚えのないクライアントの話を再生したら…。

世にも 影の国





知り合いの話。

彼はかなりの高齢で、かつて山の火葬場で働いていたという。
働くといっても仏が出た時だけで、普段は農作をしていたらしいが。
祭りで一緒に作業をした時、奇妙な談を聞かせてくれた。

「人を沢山焼いているとな、変な物が見える時がある。
 火が回ってしばらくすると、死体から黒いのがひょんひょん抜けて来るんじゃ。
 煙というより、墨みたいなもんが、こうパァっと宙に広がってな。
 まぁすぐに火に炙られて、溶けて消えるんじゃけど」

それが見えるのは、大抵が大病患いで死んだ人だった。
彼の住んでいた山村にはクダと呼ばれる物の怪がいたらしいが、
こいつが憑くと人は病になってしまうといって嫌われていたという。

「案外儂が見ていたのは、そのクダじゃったのかもしれんの」
そう言って彼は、白い歯を見せて笑った。


<感想>

好かれたくないし憑かれたくない。