FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
都内で一人暮らしをしているものですが、ちょうど4年前くらいに不思議な経験をしました。

その日は結構遅くまで仕事をしていて、帰宅したのが午前4時を少しまわったぐらいだったと思います。
家に帰って部屋の電気をつけたんですが、なにか変なんです。
その時は何が変なのかを調べる気力もなく、とても疲れていたのでそのまま寝てしまいました。
次の日起きて部屋を見渡してみると、やっぱり何かおかしいんです。
その日も朝から予定があったので、調べる余裕もなくそのまま出勤しました。

で、その日の夜、そのおかしいと思った理由がわかったのですが、全部右利きなんです。
僕は左利きなんですが、ペンの向きとか、歯ブラシの置いてある場所とか、とにかく部屋の感じが右利きなんです。
気づいたキッカケというのが、マウスの位置が反対になっていて、あれ?と思い、
色々見渡してみたら、そんな感じで物が置かれてました。

で、オチがあるんですが・・・



嘘っぽいので書くのためらったのですが(実話です)。

右手が気になって1週間くらい経ったころに、何気なく二の腕を触ったのですが、
ちょうど腕と背中の付け根あたりにしこりがあるの発見して、
普段なら放っておくのですが、そんなことがあった矢先のことだったので病院に行きました。
で、医者から「発見がおくれてたら腕を切断しないといけなかった」と言われびっくりしたのを覚えています。
後から思ったのですが、うちの祖父が教えてくれたのかなと・・・
うちの祖父も左利き(生前)。


<感想>

留守中に忍び込んでる誰かの仕業かと思った。












そんなことを言われても…。

【1分ホラー】歩道橋




同級生の話。

高校生の時、部活の合宿で山奥の寺に宿泊したのだという。
参加したのは七名で、皆一緒に大広間に寝泊まりしていた。
異変が起こったのは合宿最終日の夜だった。

夜半過ぎ、ふと目を覚ました彼は驚いた。
彼が寝ていたのは広間ではなく、庭に面した広縁だったのだ。
身体中が蚊に食われまくっていた。痒さで目が覚めたらしい。

てっきり悪戯だと思い怒りながら広間に戻った彼は、再び驚くことになる。
そこで寝ていた筈の仲間が、一人残らず寝具ごと消えていた。
大慌てで深夜の寺院中を探し回ったという。

ほどなく皆、無事に見つかった。
一人一人てんでバラバラな場所に、布団を敷いて眠っていた。
目が覚めた仲間は何が起こったのかわからず、皆一様にあんぐり開けていた。
その後は夜が明けるまで、ろくに眠れなかったそうだ。

翌朝、起き出してきた寺の者に報告したところ、
「ああ、よくあることですよ。別に心配要りません」
とさらっと流されたという。


<感想>

寺の人は慣れっこなんだろうか?(汗)











拾ったカメラを見てみたら…。

【心霊映像】消えた撮影者







もう10年以上前のことである。

夜、自分の部屋で眠っていたところ、
「シュンシュン・・・シュンシュン・・・」と、何か風を切る音が。
布団に寝たままそっと目をあけると、
自分の真上にかけてある洗濯ヒモが超高速回転しているではないか。
(アレー?なんでこんなことが・・・)と思いつつ目でその先を辿って行くと、
壁際のタンスの上に20センチくらいの1人の『こびとさん』が!
しかも全裸で一心不乱にヒモをまわし続けているのだ。
当時の私にはそれがとても恐ろしいものに見え、すぐに布団にもぐりこんだ。

今思えばあの『こびとさん』は、きっとトレーニングの最中だったのだろうと思う。
なにせ素晴らしい筋肉だったのだから。


<感想>

ヒモをまわすトレーニングとは…狩り?












絵馬に書かれた内容は…。

稲川淳二 樹海~暗闇の絵馬~







小学三年生位だったかな。
その当時、紙で人形作るの好きだったんですよ。
(紙に人の絵を描いて、それをはさみで切り抜く程度のものですが)

ある日、王子様とお姫様をそれぞれ三体ずつ作った。
それがあまりにもイイ出来だったので、普段だったら箱に入れてしまうのに、
自分のかけ布団の上に綺麗に並ばせて(しかもティッシュの布団までつくって)一緒に寝たんです。

翌朝、起きると、無いんです。見つからないんです。
ベットで寝ていたので最初、下に落ちたのかな?と思って探したけど見つからない。
ベットの毛布もマットレスも剥がしたけど見つからない。
ベットを動かしてようやく王子様を一人見つけたんですが、残りの5体は見つからないまま…。
親に聞いても知らないと言うし、私のものを黙って持って行く親でもない。
第一昨日は私の部屋にも行っていないとのこと……。

あれから10年以上、何回も部屋まるごとの大掃除をしたが未だ消息は不明。
あいつら、いったいどこいったんだろう?


<感想>

トイストーリー的に考えると、
一人だけおいてかれたことに闇を感じますね(笑)。










弟の体験。

だいぶ昔のことになる。
そのころ小学校低学年だった弟は、父に連れられて夜釣りに行った。
切り立つような崖の先端近くに父と並んで座り、暗い海面に釣り糸を垂れていた弟は、
だんだん辺りが白く明るくなってきたことに気付いた。
「なんだ、もう朝になったんだ」
夜の海のあまりの暗さに、少々不気味さを感じていた弟はほっとした。
ふと正面を見ると、今まで何もなかった空間に一本の道があることに弟は気付いた。
道は弟の足元から優しい光の中へと真っ直ぐに続いている。
なんだか道が自分を誘っているようだった。
弟は立ち上がって、何歩か前に踏み出した。
すると突然、腕をつかまれてすごい勢いで後ろに引き戻された。同時に父の声。
「何をやっているんだ!」
我に返った弟が辺りを見回してみれば、周囲には夜の闇。眼下には黒い海面が見える。
あの道はもうどこにもなかった。
弟は転落まであと一歩というところだったそうだ。
自分が見たもののことを弟が父に話すと、父は妙に納得したように「そうか」と言ったらしい。

当時の私は、不思議なこともあるものだと思っていたが、
十数年たった今では、ただ単に弟が寝ぼけただけではないのかと思っている。徹夜で夜釣りだし。
弟もいまだにその時の道のことを覚えていて、
「幻覚だったかも知れないけど、本当に歩きたくなるような道だったんだ」と言っている。


<感想>

たとえその先が天国でも、
その若さでは行きたくないですよね。



数ヶ月前、本屋で心霊写真の本を立ち読みしていた。
そうしたら、左手の薬指が熱くなったので、
「変だな?どうして 熱くなったんだろう。」と思っていて、
ふと、裏表紙をみたら、顔が浮き出た石の写真が印刷されていて......。
心霊写真の本を持つと、その石の写真の上にちょうど私の薬指があたっていた。

それが原因なのだろうか?指が熱く感じたのは....。
ぜんぜん怖くはない話だが、自分自身としては妙に納得した。


<感想>

冷え性対策に。