FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
迎えに来た家族と一緒に帰ったら…。

身の毛もよだつ怖い話【ニセ家族】

.

自宅にいると目の端々に人影みたいなものや、佇んでる人っぽいものを見る様になった。
夜に寝る為に電気消して真っ暗にすると、白い壁に手の平に乗るくらいの猿が何匹も壁登ってる・・・。
昼間や暗闇でも、目閉じると5センチ前に女の目があって、シャンプー中にビビッて独り声出して驚く。
しかも霊感なんぞ否定派だから、思い違いと思いたい。

ほんのりと恐いっしょ。しかし後日談があって・・・。


実は知らず知らずアルコール依存症に陥っていて、全ては酒が切れたときに見る禁断症状の幻覚だったんです。
俺って酒強ぇなぁ、ってくらいで自覚症状無し。妻も見抜けなかった。
お互いほんのり怖くなった。

マジカキコすると、霊だ霊だ言ってる人達ってのは、何らかの脳の機能で幻覚見てるのかも。
だからこそ、あそこまでマジになれると思った。
事実俺も、幽霊っていたんだと少し思い始めてた。


今更ですけど幻聴なんて余裕っす。(俺の場合のアルコール依存症禁断症状)
ちょっと無音とかになると超リアルにラジオ(FM)が流れてました。意味のある会話とかしてるし。
多分俺の場合この幻聴で廃人時には通り魔的なキチガイになるんだろうなと判断しました。
地下鉄で俺を非難する声がポツポツ聞こえ出してきたのもこの時なんで。。。。
事実がわかった時暫くは冷静にどれが本物の音でどれが幻聴か判断出来ず、
冷蔵庫のモーターの音さえ「この音聞こえる?」って聞いてた。
自分が自分じゃなく刻一刻キチガイになりそうで怖かった。


<感想>

アルコール依存症も幻覚を見るんですね。