FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
巨人の指は嘘くさい。

説明が不可欠 ミステリー写真










どこにどう書き込んで良いのかわからんけど、ここで書かせてもらいます。

俺は物心ついた時から片親で、父親の詳細はわからないままだった。
俺は幼少期に母親から虐待を受けてて、
夕方5時から9時まで何時も家の前でしゃがんで、母親が風呂に入って寝るのを待ってた。
ボロアパートの2階だったので、階段下でずっと待つんだ。
小学生が夏も冬も暑くても寒くても、とにかく5時から9時ぐらいまでは待つのはつらかった。
でも、家に入ると母親に殴られるので外に居た。

9時になると母親は寝るので、こっそりと家に入り、朝まで押入れの中で眠った。
朝の3時ごろに母親は家を出て行くので、それから起きて家にあるご飯を食べた。
生保生活だったのか、仕事をしていたのか不明だが、一応給食費だけは出してたので、
平日は給食が唯一のまともなご飯だった。

母親は、夕方4時55分には必ず家に帰ってきた。
男を連れてくるときもあった。
その男も同じ様に、俺にしつけと言いながら殴る蹴るの暴力を行った。
そんな日々が、俺の小学校生活における日常だった。
[不可思議な同居生活]の続きを読む