FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
ひとり砂漠をさまよう男。

世にも奇妙な物語 のどが渇く














俺のじいちゃんは山登りが好きで、正月はいつも山の上で初日の出を見るくらいな人だ。
じいちゃんレベルになると、富士山とかは雰囲気が俗っぽいからとか言ってマイナー山で見たいんだと。
その年も日の出に時間を合わせて暗いうちから登り始めたんだが、すれ違う人もいないくらい寂しい山。
8合目あたりに山小屋があるということで、そこで3時間ほど休んでいけば日の出のころには頂上につける。
じいちゃんはその山小屋をめざして登っていた。
6合目、7合目、すれ違う人もいまだゼロ。
8合目の標識をすぎて少し行くと山小屋が見えてきた。少し不気味な雰囲気だったと。
ドアはしっかり外から板で止めてあったので、じいちゃんはおかしいと思いながら裏に向かった。
裏口は少し開いていて、じいちゃんはノックしないで入っていった。
中には6人ほどの人が川の字になって寝ていた。
じいちゃんはちょっと怖くなったが、みんなを起こさないように空いてるスペースで横になっていた。
少し疲れが取れると、その場の雰囲気無性に怖くなりあたりを見回しはじめた。
そこで寝ている人たちのリュックやらの装備がどこにもないことに気づいた。
しかもしーーんと静まり返ってるのも異常すぎた。いびきも聞こえない。あまりにも静かだ。
怖くなったじいちゃんは時間を切り上げて頂上に向かう事にした。
すばやく身支度をすると裏口から急いで出て行った。
[初日の出登山]の続きを読む