FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
桜の下に死体が埋まってるとかよく聞くが、誰が言い出したんだろな。
まぁそんな事はどうでもいい。ひとつ俺の話を聞いてくれ。

俺が子供の頃に両親が離婚して、いわゆる母子家庭だったのね。
女手ひとつでとても苦労したと思うけど、特に不自由も無く生活出来てた。
参観日とかは確かに寂しかったが、家に帰って暫くすればちゃんと帰ってきてくれるし、特に気にしてなかった。
比較的近くにじぃちゃんばぁちゃんも居たし。

中学2年辺りからちょっとやんちゃなグループと付き合い始め、タバコとかでよく保護者召喚とかくらってた。
今思うと本気で申し訳無いと後悔するw

んで、まぁ何とか高校行けるようになって、遊ぶ金欲しいしバイトするようになった。
バイトにも慣れ始めた頃、
普段シフトが被らずあまり見掛けない、バイト先の年行った先輩(仮にA)とシフトが被るようになった。
同年代の奴と「あの年でバイトは辛いなw」とか話してたのが聞こえたのか、
ふと気が付いたらジーっと見られる事があった。

ある日、バイトの飲み会でAと席が近くなり、前の事があって気持ち悪かったけど、
一応先輩だし良い顔しとくかwなノリで話してた。
よく見れば見るほど貧相なんだわこれがw
こんなのが親父だったら泣くわwって感じに。

話ってか愚痴を聞くうちに、知りたく無い事が色々わかった。
丁度俺くらいの息子が居た。離婚して今は独り。後悔している。悪夢見がち。
そのときは俺の家によく似た家庭なんだなと思った。
先に言うが、これが親父だった。
よく考えたらAって俺の旧姓で、ちょっと珍しいからあんまり居ないのね。
母方の姓で居たのが長かったのと、聞きなれてるから、よく居る姓だと勘違いしてたのが原因。
顔はあんまり覚えてなかったしね。

で、飲み会を境に、良い迷惑だが微妙に仲良く?なったw

[桜の花]の続きを読む
ロケでリゾートホテルに泊まったら…。

稲川淳二 夏の残り香



小学生の頃、家に叔父さんが居候してた。
叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、
やることもなく、毎日俺んちでゴロゴロしていた。
収入もなく、毎日安酒を飲んで寝てるだけの叔父さんだったけど、甥っ子の俺のことは可愛がってくれ、
時々アイス買ってくれたり、釣りやクワガタ採りに連れてってくれたりして、
俺はこの叔父さんのことを好きだった。

叔父さんが居候しだして半年が過ぎた頃、
ある土曜日の雨の深夜、親父と伯父さんが階下で言い争いをしてる声が聞こえた。
かなり激しい怒鳴りあいだったので、聞いてたラジオを消し息を殺して聞いていると、
バタンとドアが閉まる音がして、叔父さんがドカドカと階段を上がってきた。
げっ、俺の部屋にくんの?とビビってると、隣の仏間の障子がピシャっと閉まる音がした。
俺はそっと布団に潜り込み、暫くドキドキしてたが、いつの間にか寝入ってしまった。

翌日の日曜、俺の両親は店へ行き、家には俺と叔父さんの2人きりになった。
俺は昨日のことは知らないふりで、
日曜の昼のテレビを見ながら、母ちゃんが用意してくれてた唐揚げで昼飯を食っていた。
叔父さんが仏間から出てくる音がして、階段を下りる音が続いた。
俺はちょっと緊張しながら、「おじさん、おはよ~」と言うと、
叔父さんも、「おう、なんや、美味そうやな」と一緒にご飯を食べだした。
「ツトム(仮名)、飯食ったら釣り行くか?」と誘われたので、
俺も子供心に叔父さんを慰めてやろうと、「うん」と同意した。

[好きだった叔父さん]の続きを読む
考えるな、感じろってことですね。

【衝撃】誰にも解読できない禁断の書物5選






僕は一人で留守番していた。家族は親戚も含めて車で出かけていた。
朝からいやな予感に襲われていた。何かそわそわしていた。
僕は意味もなく家の中をそわそわと動き、昔使っていていた部屋、今は兄家族が来たときに寝るための部屋へ来ていた。
そこに別な理由で用が有り、何かを取りに来た。
そこに携帯のタイマーが鳴り(これはセットしていたもの)、それを止める。
すると突然、その部屋にあった机の上のラジオが鳴り出す。何もセットしていないのに。
びっくりしたけど、それを止めようとする。電源を切っても止まらない。
ラジオを止めてもテープが回っている。コンセントを抜いたらさすがに止まった。
[若々しい母]の続きを読む
心霊スポットを探索したら…。

【心霊映像】いつの間にか・・・






子どものころ祖母から聞いた話。

ある日バスに乗っていたら、運転手が「えいやこらさ、えいやこらさ」と、かけ声みたいに歌い出した。
小声だったので乗客は誰も気にとめず、祖母も『景気付けに鼻歌でも歌ってるんだな』ぐらいに思ったそう。

ところが、運転手の「えいやこらさ」がだんだん大きくなっていく。
乗客もみんな気付いて、祖母も何か変だなと思い始めたらしい。
そしたら次の瞬間、運転手は降りる人がいるのに無視して、
「えいやこらさ、えいやこらさ」と大声で歌いながら、バス停の前を素通りしそのまま走り続けた。
流石にみんなびっくりして、一瞬シーンとなったあと、車内は騒然となったんだけど、
バスはすごい速さで走ったまま。
運転手はその間もずっと、「えいやこらさ、えいやこらさ」。

最後は、男の乗客が運転手の脚を無理やり押さえてブレーキを踏ませ、なんとかバスは停車した。
幸い事故にはならなかったらしい。
祖母が言うには、「運転手さんは気が狂ってたんだろう」って。

この話を聞いて以来、
バス運転手の目つきがおかしかったり、運転手が急に歌い始めたりすると、ちょっと不安になります。


<感想>

急に歌い始める人ってそんなにいます?









千葉県にある心霊スポットに行ったら…。

【怖度★5】怪談「みんな手を振る」◆伊山 ◆【怪談ぁみ語】







[【怖度★5】怪談「みんな手を振る」◆伊山 ◆【怪談ぁみ語】 ]の続きを読む
母は、と言うか母の家系は、某山とよからぬ因縁があるらしく、
祖母より決してそこへ行ってはいけないと固く言われていた。
「あの山に行ってはいかん。絶対にいかんよ。行ったら帰ってこれんようになるよ」と。

ある冬の日、俺が小学校に入って間もないころ、親戚に不幸があり父と母と俺の3人で葬儀に出かけた。
全てを済ませて帰りはすっかり夜。途中、夕飯を済ませて帰ろうということになった。
高速のうどん屋さんで暖まり、残りの家路へと車を走らせる。
辺りはすっかり夜。時計は9時を回っていた。

車を走らせて暫くすると、父が「ああ゛~っ」と大きく欠伸をした。
葬儀の手伝いで1日走り回ったせいか、3人とも疲れて無言。
母はすーすーっと寝息を立て始めた。
俺はぼーっと窓の外を見ながら街灯を数え、アニメの歌などを口ずさんでいた。

ふと気付くと、高速から降りたはいいが辺りはえらく寂しい。
周りに民家はなく、街灯も少ない。
俺は心細くなり、運転する父に「家に何時ころつくとやか?」と聞いた。
すると父からは返事がなかった。
聞こえなかったのかな?と思い、もう一度「お父さん、家には何時ころつくんかね?」と聞く。
暫く返事を待ったが、やはり反応がない。
「お父さん?」
ミラー越しに顔を覗き込んだ。

[因縁のある山]の続きを読む