FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
廃墟となったホテルにて…。

【心霊映像】地縛霊





職場にパートの主婦の人Kさんがいるんだけど、その人の話。

その人がうちに事務パートで来たのは4年くらい前。
元々正社で15年位事務やってた人で、仕事も慣れててすぐに職場に馴染んでくれた。
で、うちは会社向けの品物を卸している卸問屋になるんだけど、
ある日、全然知らない中年男性が受付にボーっと立ってるのね。
で、知り合いが勤めているんだけど、会いたいというわけ。
名前を聞いても言わないんだけど、髪型とか服装とか特徴からKさんってことがわかった。
Kさんを待ってる間も、心ここにあらずっていうか、なんていうか能面のような顔で待ってて少し気味が悪いなと思ったけど、
知り合いってことだったし、セキュリティー厳しい会社じゃないから、すぐにKさんを呼んであげた。
Kさん来がたらその中年男性モジモジしだして、でも目が全然笑ってないというか、Kさんを見て動いていない。目だけ座標が固定されている感じ。
怖いもの知らずの女の子が「お知り合いなんですよね」って聞いたら、
Kさん「え、知り合い?え?え?お客様じゃないの?」って軽くパニックになっちゃって、
そしたら中年男性が「外であなたを見ました。行きませんか」って言いだして、Kさんを連れ出そうとするの。
それで周りもこりゃヤバイぞってなって、女性達で笑顔でやんわり引きはがして帰ってもらった。
「なんだったんですかねぇ、あの人」みたいな話をしてたら、
Kさんも落ち着いてきて「あ、もう10年経ったんだな」って謎の発言をしたんだよね。
はっきり言って、普通のおばさん。知らない男性が職場に押し掛けるなんて、芸能人みたいな見た目の人じゃない。
[10年スパン]の続きを読む
免許とりたてでぶつけたり擦ったりするからと、中古車買った同人友達の性格が豹変した事があった。
それまではハッピーエンド至上派で、心温まる話やギャグがメインだったのに、
車を買ってからは略奪愛や不倫寝取りものばかり描くようになって、言動もややヒステリックに。
環境の変化等のせいかなと思ってスルーしていたけど、リアルで既婚者を好きになりそうと言い出したくらいで、
車を自損事故で車を駄目にした。
すると車を廃車処理にした頃からぱったりと寝取り不倫略奪嗜好がなくなり、
車を買う前のハッピーエンド至上主義に戻り、恋愛対象も普通に独身に戻って、
言動も元の穏やかな人に戻った。
周りは皆、あの車に何かあったのではと思っているが、
済んだ事だしオカルト話題になるので黙っている。


<感想>

前の持ち主の思念がこびりついた車だったんでしょうね。









あるときから実家で異変が起こるようになった人のお話です。

【怖度★5】怪談「静止している」◆伊山 ◆【怪談ぁみ語】






少し長いけど実家にいた幽霊の話を聞いて。

実家は一戸建てなんだけど、2階でよく不可解な物音とか、
誰かが部屋に入っていくのが見えたのに、行ってみたら誰もいなかったとかがよくあって、
家族の中で何かいるんだろうなぁってなってたの。
で、幽霊って思ってると怖いから、「田中さん」って名前付けて親しみを持とうとしていたのよ。
「なんか変な音する」「田中さんじゃない?」って。
不思議なことに、「ああ、田中さんならいいか」って思えてくるわけ。

わたしは大学から実家を出て一人暮らしをしていたんだけど、
帰省したときに「田中さん最近どう?」って親に聞いたら、「いなくなった」って言われてさ。
当時、実家では犬を飼い始めていて(しかも5匹)、田中さんは絶対犬がうるさいのが嫌になって出て行ったんだと思った。
親には「田中さんの気持ちも考えてよ!」とか言った気がする。

[田中さん]の続きを読む
鏡に呼びかけると…。

鏡子さん 世にも奇妙な物語






親父の知り合いに聞いた話。

山道を歩いていた時のこと。
前方の路肩に子供がしゃがみ込んで地面をじっと見つめているのが見えた。
追い越しざま、子供の肩ごしに覗き込んでみる。
巨大なヒルがミミズを襲い貪り食っている光景が目に飛び込んできた。
生理的な嫌悪感に顔を背けようとすると、いきなり子供が振り返った。
「もうすぐ、お前もこうなるんだ」
野太い声。その顔は皺くちゃの老人のそれだった。
気味が悪くなって山道を引き返した。
あれから十年あまり、今のところ健康に暮らしている。


<感想>

怖すぎ。









同級生に聞いた話。

夏のある日、恋人と二人でキャンプに行き河原でテントを張った。
寝る前にテントの中で喋っていると、どこからか子供の泣き声が聞こえてくる。
ゾワっと鳥肌が立った次の瞬間
ドサッ!
上から何かが落ちてきてテントが潰れた。ランプが消えて辺りは暗闇に。
布地越しに、小さな子供のようなモノが居る感触。手足をバタバタと振り回している。
パニクった恋人が大声で泣き出すと、そいつは唐突にフッと姿を消した。
そのまま一睡もできずに二人で夜を明かした。
翌朝、外に出てみると、テントの入り口に花が数本置いてあった。


<感想>

河原で溺れ死んだ子供の霊なのかな?