FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
羊羹高っと思ったら違った…。

絶対に見ないほうがいい日本の怖い話5選。






あるところに5人の大学生がいました。彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。

大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、
荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。だからそれまでには帰ってきてくださいね。」と言われた。

…しかし彼らは遊びに夢中になりその約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。

20階…30階…40階…とだんだんと足が棒になってきて、50階でついにばててしまいました。
「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、
1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう」と一人の人が言った。

そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。

すると最後の一人が
「いいか、俺が今から言う話しは…本当に怖いからな、絶対にビビルなよ」と他の3人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。そして、彼はいった。

「・・・・・・・・・・・・・・」


<感想>

もう一人はどこへ?









売り上げの悪いスーパーの理由とは…。

【怖い話】そこにいる!






ホラー映画なんかの監督や脚本をやってる三宅隆太の体験談が怖い。

彼が子供の頃、片方の目が悪くて手術をして良く見えるようになったそうだが、
見えなくてもいいものまで見えるようになったとか。

親からいつも「他人には親切にしなさい」としつけられて育ち、
町で困ってるような人をみかけると「大丈夫ですか?」と声をかける子供だった。
たいがいの人は、子供がそういう声をかけてくれると喜ぶもので、
でも、異常に喜ぶ人もいて、家までついてくるようなこともあったそう。
それで家の中にまで上がり込んで、居着いてしまうんだとか。
家の中で住んでしまっていて困ってしまい、親にその話をすると、親は「そんな人いないよ」と・・・

この世のものじゃない良からぬモノが、家までついてきてしまっていたんだとか。
そういうことがあってから、人に気安く親切にするのは考えものだと思うようになったそうです。


<感想>

普通の人と霊との区別がつきにくいと不便ですね。

出てけ!って言ったら、悲しまれるんだろうか?










網走に出かけたら…。

稲川淳二~死の旅館




むしろ実話でないと信じたい。

妊娠した妻が定期健診のため、とある産婦人科に通って数ヶ月のことだった。
ホスピタリティを重視してのことか、マタニティ専用の部屋というか、共有ルームみたいなものを設置していた。
総合病院だったため、設備に余裕があったからだと思う。
妻はそこで妊娠を控えた女性と共に、いろんな話を共有するのが日課になっていた。
いわゆるママ友みたいなものなんだろう。
俺も食事のときに、そこで話されたことをいろいろ聞かされていた。

ある日、妙な話をし始めた。
今思い出しても奇妙な話だ。
どこのコミュニティにも仕切り屋というかリーダーのような人物がいるものだが、
俺の妻のママ友たちの中にも例に漏れずそういう女性がいた。
自分磨きや女性らしさの追求を述べるこの女性は、外見だけでなく内面も洗練するべきとの考えから、
デカルトではなくユング的発想、つまりはオカルトのようなことに凝りだしたそうだ。
簡単な占いからはじまり、霊的な癒し、果ては黒魔術チックな呪術と話しだす彼女に対し、
妻は一線を画すよう心がけていたらしい。
オカルトについては私も少し興味をもっていたことから、興味本位で黒魔術について問いただしたことがあったが、
猫の死骸や害虫の収集などの話がなされたことから、打ち切りをお願いしたことを覚えている。

[病院の共有ルーム]の続きを読む
兄夫婦の嫁さんが教えてくれた話なんだけどいいかな?
兄嫁(めんどいので仮名でK子さん)のお父さんは昔から農家をしてる人なんだけど、
農家って小さい頃からお手伝いさせられるから大変だったってよく愚痴をこぼしてた。
そんな愚痴の流れと酒の勢いで出た話。

当時K子さんは小学生低学年くらいで、家の作業を手伝ってた。
K子さんのお父さんはジャガイモとかソバとか、果てはワサビとか色んなのを作ってた。
なのであんまり収穫とかに機械を使わない(規格的に使えない)ので手作業だったらしい。
それでも無農薬で丹精込めて作った野菜は本当においしくて評判だった。

ある日、K子さんのお父さんの兄が農家をやめるってんで、土地の一部を請け負った。
そこそこの広さだし、元はソバを育てた土地だから、とりあえずジャガイモを植えて様子を見た。
そのジャガイモの最初の収穫のとき、K子さんが手作業で掘ってたら面白いものが出てきた。
よく大根とかである、人みたいなジャガイモが採れたんだって。
それもリアルな顔立ちをしてて、ジャガイモにしてはサイズもデカい。
こりゃ珍しいってんでお父さんに見せたら、「よかったかなー」って褒めてくれたそうだ。
その芋は出荷せず、その日にバター醤油で焼いて食べたが、お父さんの土地のジャガイモよりおいしくない。
デカくなりすぎてるし、まだ整った土地ともいえないし、そんなもんだよってお父さんは教えてくれた。

それから何度か植え付け、収穫を繰り返してたんだけど、必ずデカめで人っぽいジャガイモがとれたらしい。
よくよく思い返すと、いつも同じ場所でその人面ジャガイモは見つかるんだって。
他のジャガイモはどんどん美味しくなるのに、そのジャガイもだけはおいしくないまま。
で、採れる度に毎回食卓に並ぶ。それがK子さんが高校受験くらいまで続いたらしい。

けどK子さんのお父さんの兄が失踪してから人面芋が収穫できなくなった。
それどころか請け負ってた土地の作物が急に不作続きになって、結局荒地になってしまった。
K子さんのお父さん曰く「土に何かしてたのかもなー」って気にも留めてなかった。
K子さんもそこまで気にはしてなかったが尾を引く事件だったなーとは言ってた。
けど私からするとそんな、何かも知れない土地とモノで育った野菜を食べてるのかと不安になったよ。


<感想>

先日食べたミカンが、ひとつだけ異様にまずくて怖かった。

見た目は普通だったんだけど…。










なんつーかこう、ヒドい車酔いした時みたいな気分になった話だけどいいかな。
モヤモヤして気持ち悪いから聞いて欲しい。

ほっとんど会った覚えのないばあちゃんが亡くなったから葬式に出る事になった。
母親のほうのばあちゃんで、記憶にあるのは猫を抱っこしてニコニコしてたことくらい。

で、葬式会場に行こうとしたら、会場じゃなくてばあちゃんの実家に行く事になった。
やっぱり田舎だからか古いけど立派な家で、庭に鯉がいる池あるのを初めてみた。
玄関開けてご挨拶、と思ったらもうね、すぐに「うわぁ」ってなったんだわ。
母親はハンカチ取り出して、俺は我慢しながら家の人を呼んであがらせてもらった。
ぶっちゃけすぐに出て行きたかったけど、失礼な気がして外の空気もすえなかった。
とにかく臭い。いや臭いとかいうレベルじゃない。あんな臭い嗅いだ事なかった。
このときに「まさか・・・」とは思ったけど、まさにそのとおりだった。

ざっくり聞いた話だと、ばあちゃんは長女で分家扱いなんだけど、ばあちゃんの両親は本家の人。
でも葬式するのは本家の家。この辺はわけわからないけど、なんかあったんだと思う。

親族に軽く会釈しながら、母親と一緒に最後の別れを言いに行こうと遺体を拝みいった。
けどね、やっぱり臭いんだわ。さすがに誤魔化せなくて、何度か嗚咽した。
母親も泣くフリでハンカチ使ってたけど、何度かやばそうだった。
で、遺体がある部屋に通してもらったら案の定、原因がソレだった。
ばあちゃんの遺体がとにかく臭い。けど、入ってすぐに思ったのはそこじゃなかった。
顔にかける布が真っ黒だったこと。
よくみると布の端に金色の糸で刺繍があって、それが刺繍の裏面だってのがわかった。
母親が吐き気か悲しいのかわからないけど、涙ぐみながら布団のそばに座った。
俺もその隣に座ってしばらく黙ってたけど、我慢できなくて聞いてみた。
「この布はなんで白じゃないの?」
母親は「知らない」ってそっけなく返したけど、やっぱり悲しいみたいで声が震えてた。
臭いもキッツイし、二人きりにしてあげようと思って部屋を出た。
というかタバコ吸いたかった。ほんと臭いも布もキツかった。
[ばあちゃんの葬式]の続きを読む