FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
吊り橋を撮影していたら…。

【心霊映像】吊橋




今年の3月、姉の引っ越しの手伝いで関東地方へ。
引っ越しはスムーズに進んであっさりと仕事終了。
やることねーなー暇だなーとなったので、プロ野球のオープン戦でも見ようかと計画。
調べたところ、西武ドームで埼玉西武ライオンズVS横浜DeNAベイスターズの試合があるとのこと。
次の日にこれを見に行くことにした。

当日、西武ドームに余裕で入ることができたので、屋台で食べる物買ってのんびりと食べながら選手の練習を観察。
観客も増えてきたことを実感。
ちなみにプロ野球の試合を見に来る人は、だいたいがチームのファンか家に近いから見に来るか。
俺みたいにどちらのファンでもない人間がぼっち観戦というのはまあまあ珍しいこと。(俺は中日ファン)
この日は埼玉西武ライオンズのホームグランドのため多くがライオンズのファン。
その中にチラホラとベイスターズファンも。

西武の活気すごいなーとドームをキョロキョロしていたら、突然後ろから声を掛けられた。
「お兄さん、どっち応援するの?」
振り向くと、そこにはベイスターズのユニフォームを着た子供が立っていた。
俺は中日ファンだから別にどっちも応援しないよー、と言ってからまた前を向いた。
だが、この子供は結構しつこかった。
「あー、中日かー、監督が不安だよねー。今年は上手くいけばうちが中日越せるかもー。
 ブランコもいるし、番長とか藤井がきちんと投げてくれればなぁ…(略」
うるせぇ。しばくぞくそガキ。
そんな感じで少しイライラしてきた反面、こいつ野球詳しいなと感心もした。
内容は忘れたけどこんな感じで野球の知識を俺の耳元でペラペラ話す子供。
野球好きすぎだろ、てかベイスターズ好きすぎだろ。
ベイスターズはここ数年、リーグでも最下位ばっかだしよく応援してられるなー。
そう思った瞬間、
「早く優勝してくんねーかなぁ」
急に子供の声がおっさんのようなドスの効いた低い声になり、耳元に響いた。
え!?驚いて振り向いたら子供はもういなかった。
その時はじわ怖くらいのもんだったんだけど、後で気付いた。
その子供、着てるユニフォームが15年くらい前のベイスターズが優勝した時のものだったんだよね。


当時体験した時は結構ゾッとしたんだけど、文字に起こすとそんな怖くなかったな。
スレ違いになってしまったかも。ごめん。
ただ、ちょいちょい思うのが、もしこの子供が霊だったのなら…
贔屓のスポーツチームに未練があってこの世に留まる霊がたくさんいるかもってことだよなぁ、と……
言い訳みたいなレスしてしまって失礼。そして駄文投稿も失礼。


<感想>

優勝したら成仏するんでしょうか?










それでもやっぱり一番苦手な敵はGかな?(笑)

【トラウマ級】ゲーム史上最もキモい姿の敵キャラ







怖いかどうかわからんが、自分が体験した猿夢に似た話。

就職して遠くに行った友達が遊びにきたので自分の家に泊めていた。
んで友達が来てる晩での睡眠中のこと。

自分はよく金縛りにあうタイプで、その日も金縛りにあって、またか・・・とか思いながら解けるのを待っていた。
みんなの金縛り中の感覚がよくわからんが、自分の場合は真っ暗な無重力空間の中に浮いているような感覚なんだ。
まあ普段通りにその真っ暗な映像と無重力の感覚を味わっていたときに、何故か目の前に自分が現れた。
普段鏡や写真で見てる自分が。怒った顔で。
んで俺を指差しながら、
「次に△△のことを話したら本気で○すぞ」←○のとこにはよく聞く脅迫の言葉が入ります。△のほうは思いだせん。
って感じのことを(もっといろいろ言ってたが思いだせん)言われたとたん、心臓がめちゃめちゃ痛み出した。
本気で息ができなくて死ぬ・・・!って思った瞬間目が覚めた。

目を覚ますと友達がすげー焦った顔でこっちみてた。
ドン!ドン!ドン!って音がしてたので起きたら、俺の心臓の音だったらしい。
めちゃくちゃ苦しそうな顔してたらしく、これは絶対破裂するって思って救急車呼ぼうとしてたとか言ってた。

詳しくはわからんが、俺が何かを話したら、もうこの世とはおさらばらしい。


<感想>

私の身内も心臓病で、
定期的に救急車のお世話になっていたので、
早めに診てもらった方がいいですよ。

死ぬことはないんだけど、めちゃくちゃ苦しくて、
手術を受けない限り、入院してもあまり意味がないんですよね。









高校時代、俺は相当な問題児だった。
問題児と言っても、
授業をサボるとか他校の生徒との喧嘩に明け暮れるとか女を振り回すとかそんなカッコいい不良では無く、
提出物を出さなかったり細かい校則を破ったりするただのクズだった。
しかも当時の担任は提出物や課題の未提出には厳しく、部活があろうと夜8~9時だろうと居残らせてやらせる人。
そんな人のクラスである俺は、結構な数居残りさせられることが当たり前と言っても過言では無かった。

入学して1ヶ月程経った日、居残って夜7時半くらいまで教室で黙々と担任の担当教科のプリントをこなしていた。
プリントは無事に終わり、職員室にいるであろう担任のところへと向かい、職員室のドアを開け叫ぶ。
俺「失礼しまーす。○○先生はいらっしゃいますかー?」
職員室には先生が2~3人くらいしかいなかった。
一番手前にいた女の先生曰く、担任は家の都合で帰ったからプリントは机に置いておけとのこと。
プリントを机に置き職員室を出ようとした時、昇降口は閉まってるから非常口から出てねーと声をかけられた。
この学校は7時で昇降口を閉める決まり。そのため、居残りする生徒は靴を持って非常口から外に出ないといけない。
非常口は各階の廊下の端っこにあり、階段で下に降りれるようになっている。

教室に戻り、荷物を整えて靴を持って俺は非常口へと歩いた。
1年8組から1年7組、1年6組……と続いていき、
非常口が見えてきたところで電気がついているクラスがあるのに気付いた。
何で今まで気付かなかったんだろう。
少し不思議に感じ、教室の中をチラッと見たら、5人くらいの女子が窓の方を向いて笑っていた。
いや、笑い方は少し気持ち悪いくらいで別におかしくないんだけど、違和感が半端ない。
誰かがトークしてるわけでもないのに全員で一斉に笑っているから。
その動作に違和感を抱くなという方が無理である。
このクラスはえーと、5組の隣だから4組かな?4組の女子は変なんだな、そう思い非常口を出て階段を降りた。



後日、部活に4組の奴がいたため、この一連の話をした。
そいつは本当にうちのクラス?と疑っていた。
4組の女子は特に騒がしい人も一目でおかしいとわかる人もいないとのこと。
じゃあ4組じゃない奴が4組で笑ってたのかな?
自分で話しておいて段々怖くなってきた。
そして最後に4組の奴に俺は言った。
俺「それにしても4組は非常口近いから災害あったらすぐ逃げれるよな。俺ら8組なんかお陀仏かもしれん(笑)」
4組「え?俺らも近くねえからお陀仏だわ(笑)」
俺「いやいや、まずお前らが逃げれてそれから5組6組7組……」
4組「お前は入学して1ヶ月経ったんだから早く教室覚えろや(笑)
 お前らの階に5~8組でその上の階に1~4組だろ?バーカ」
そいつ曰く、
5階 | 非常口 | 1組 | 2組 | 3組 | 4組 |
4階 | 非常口 | 5組 | 6組 | 7組 | 8組 |
こんな配置らしい。
じゃあ笑う女たちがいた教室は何だったんだ。


<感想>

声だけで顔は見えなかったのかな?

口しかなかったりして…。










誕生会、降霊術、ベランダなどで撮られた心霊映像です。

恐怖映像 3っつの怖い投稿動画 その13



10数年前の話。

実家のある県に空港ができたので見学に行った。
その帰り道、川で休憩してた時のこと。
観音堂みたいなところの後ろを流れてる川なんだけど、近くでみると結構流れが速い。
で、川沿いに歩いていると、すごくざわざわして叫びたくなる場所がある。
端から歩くと、

なんでもない

ちょっとざわざわする

すごくざわざわする

同行者の腕を握り締めていないと怖くて歩けない。怖くて叫びだしそう。

すごくざわざわする

ちょっとざわざわする

なんでもない

こんな感じ。


すごく怖いところが観音堂の裏なので、観音様が怖いのかな?と思って、
観音堂の前に立ってみたけどなんともない。むしろすっきり。
同行者に帰ろうと促されるまで何回か試したけど、怖いところはやはり一緒だった。

なんなんだろう・・・と思っていた数日後、同行者に、
「楽しそうに何度も歩いていたから言えなかったんだけど・・・
 あそこ、10日前ぐらいに子供が落ちて、まだ見つかってないんだって」
と言われた時、本当にぞっとした。

それからずっと、そこには行ってない。


<感想>

近づくとろくなことにならない、
禍々しい場所ってあるんでしょうね。









語り部~三木大雲・フォンチー・山口敏太郎

京都怪談~#3








自分の叔父にあたる人が数年前に亡くなった。
その理由ってのが、ギャンブルで借金作りまくって、最終的には近所の山で首を吊っちゃった。
叔父さん首を吊る瞬間に奥さんに電話したらしくて、
奥さんがその電話にでたらすごい苦しそうな声で、
『ごおおおおおおっなさいいいいいい!!!』
『ごおおおおべええんんんなさいいい!!!』
って言ってたらしい。
たぶん「ごめんなさい」って言ってたんだろうけども・・・


[ごめんなさい]の続きを読む