FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
大学に通うため上京したときの話。
中学から続けていた陸上。スポーツ推薦で入学した大学だった。

ワンルームを借りて、念願の一人暮らしをはじめた。
引越しの日、なぜか水が出なくて困った。しかし、翌日には業者が来て直してくれた。
それから数週間あと、寝てる間に携帯が鳴り、出た途端に通話が切れる――ということがあった。
その着信は不通知だった。それは何日も続いた。なので無視するようにすると、もうかかって来なくなった。
そんなことはすぐに忘れて、その後一ヶ月くらいは何もなかった。

大学では多くの友人ができ、陸上もいい成績がでたりして、何もかも順調だった。
でもある日、大学から帰ると、部屋の真ん中に置いていたテーブルが逆さにひっくり返っていた。
もちろん鍵は毎日かけて出ているし、その日も鍵は確かにかかっていた。
気味が悪かったが、実質、被害も無いので、どうしたものかと悩んでいた。
大家と相談し、鍵の交換を求めたが、結局は自分の金で交換することになってしまった。

無事に交換が済んだその次の日、朝起きると、部屋の窓が全開になっていた。
寒くないとはいえ、夏はまだ先だ。まさか開けたまま寝るなんてことはない。
なにか嫌な予感がした。すぐに窓を閉めた。
すると、バァーンっとすごい音がして、クローゼットのドアが勢いよく開いた。
心臓が止まるかと思った。近づいて中を覗く。すると、そこには大量の白髪が落ちていた。
それを見て、吐きそうになった。気持ち悪いので、割り箸でつかんで捨てようとする。
そのとき気がついた。その長い白髪は、つながった一本の白髪だった。

[念願の一人暮らし]の続きを読む