FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
最近まで勤めていたバイト先(コンビニ)での出来事

その時は俺とオーナーの2人で深夜勤務をしていた、時刻は深夜2時を過ぎていた
客が途切れたのでオーナーはバックヤードで事務作業、俺は1人で整理作業をしていた
ドアの開く音と入店チャイムが鳴ったので入り口を見たが誰も居ない
この店では誰も居なくてもドアが開いたりチャイムが鳴ることがたびたびあったので気にもせず整理作業を続行
その直後誰かにポンポンと肩を叩かれた、ギョっとして振り返るが誰も居ない
俺は恐くなり急いで店内を一回りしてトイレと倉庫も確認したがやはり誰も居ない
一応バックヤードを見に行くとオーナーが1人で事務作業をしていた


気のせいだな、そう思い整理作業を続けたが1~2分後、またも誰かに肩を叩かれた
そして直ぐ振り返ったがさっきと同じように誰も居ない
さすがに恐怖に耐え切れなくなりオーナーに今の出来事を報告した
するとオーナーから意外な返事が・・・
オーナー「え?さっきチャイム鳴ったのでモニター見たんだけど中年の女性が店内に入ったよ?」
俺「いえ、誰も居ませんでした、トイレも確認したんですが・・・」
オーナー「○○君、ふざけてるの?ほらモニター見てごらんよ」
モニターを見ると俺が整理作業をしていた場所に中年の女性が立っていた
その女性は全く動かず陳列棚を凝視している様子
俺「この女性、ずっとここに居ましたか?」
オーナー「うん、○○君の後ろにずっと居たよ」


俺はこの女性が人間ではないと悟ったがこれ以上しつこく言ってもオーナーは信じないだろうと思い腹痛を理由にオーナーにレジに入ってもらった
俺はモニターを凝視した、その女性はまだあの場所に居た
オーナーにも女性は見えてないのだろう、不思議そうな顔で店内をウロウロしている
だがオーナーがその女性の前を通りかかった瞬間、俺は凍りついた
その女性がオーナーの体の中に入り込んだからだ(少なくとも俺にはそう見えた)
バックヤードを飛び出しオーナーの様子を見に行くとオーナーはその場所に背を向けて立っていた
そして俺の気配に気付くとくるりとこちらを向いた
俺は今起こったことを言わなかった、いや言えなかった、オーナーの顔が別人のように変わっていたからだ
目を大きく開き口をあんぐりと開けている、普通じゃない、それにオーナーがこんな表情をしたのは見た事がない
危険を感じてバックヤードに駆け込んだが、背後からオーナーも走って付いてきた、まさか憑依?
俺は気が動転しパニックになった、そして後から付いてきたオーナーに往復ビンタをした
我に返ったオーナーは何時もの優しい表情に戻っていた


結局オーナーには女性が乗り移った事は言わなかったが半月ほどでそのコンビニのバイトは止めてしまった
文章にするとあまり恐くないかもしれないけど、俺はその後しばらく夜道を1人で歩けないほどショック状態だったよ


<感想>

往復ビンタをされたオーナーは気にしなかったんでしょうか?





行方不明者を探すビラが掲示板に貼られた村に入っていくと…。

【稲川淳二】迷い込んだ廃村【怪談】




オレが小学生のとき、親父が家を建てた。
念願の一軒家で家族皆喜んだ。
しかし引っ越し後ほどなくして女の幽霊が出るようになった。
俺は見たことがないのだが、両親は深刻になやんでおり、特に母は気を病んでしまい、家は大変だった。
そんななか、正月にはじめて家に来たおじいちゃんが、家に入るなり、
「○○さん(親父の名前)、滅多なところに家を建てるもんじゃないよ」
と言った。
おじいちゃんは居間に神棚を作り、かんぴょうを天ぷらにしてそこに供えた。
そして供え物を絶やさないように告げ、帰っていった。
以来、家は幽霊に悩まされることはなくなった。
ただ、そのかわりおじいちゃんの家に幽霊が現れるようになったらしい。
おじいちゃんは、
「独り暮らしだし、寂しさが紛れて案外いい塩梅なんだよ」
と語っていたが、その後程なくして心臓を痛めて急に亡くなってしまった。
ささやかな葬式だったが、その際、見知らぬ怪しい女が式場をうろうろしているのを親父含め数人が目撃している。
これは俺の予想だが、おじいちゃんはその幽霊と恋仲になり、添い遂げたのではないか。
式の後、おじいちゃんの家を片付けにいったのだが、
独り暮らしとは思えない様子だった。
部屋には花やぬいぐるみ、風景写真がたくさん飾られてあった。
中でも印象的だったのは、誰かと筆談していたかのようなメモ書きが、部屋のあちらこちらに残されていたことだ。
内容は、
テレビ面白い?とか、もう寝るか、とか他愛のない一言だった。
おじいちゃんはボケてはいなかった。
あれは一体なんだったんだろう?
幽霊話はおじいちゃんの死後、どこからも聞かなくなった。


<感想>

おじいちゃんと一緒に成仏したのかな?






さまざまな場所で撮られた心霊映像です。

恐怖の幽霊・お化けの動画 怖い動画 TOP5!



小学生時代の話。
夏休み、両親自営業で共働きのため家に俺しかいない昼間のこと。リビングでソファーに座っていいとも観てたんだ。
冷房を入れるのは禁止されてたから窓とリビングの引き戸を開けてたわけだけど、番組の途中でものすごく空気が重くなった。
重い空気の発生源っていうのかな…それは俺の真後ろ、廊下だった。
ソファーは両側開く引き戸の片側をふさぐ形で置かれてて、その塞いだ引き戸を開けてたから
俺の後ろはすぐ廊下って感じ。急に鳥肌が立ってものすごく怖くなったけど、留守番してないとばれたときの両親の剣幕のほうが当時の俺には怖かった。
何とか我慢しようとテレビの音量を上げて無理矢理笑ってたんだけど…いきなり耳元で「あはは」って女の子の声がしたんだ。
泣きそうになってテレビもそのままに俺は家を飛び出し両親のいる職場に走った。
当然留守番を放棄して職場にいきなりやってきた俺をオカンは怒り、すぐに帰れと怒鳴り散らす。
俺もこのときばかりはさっきの恐怖が勝り帰ることを拒む。

俺があまりに拒むものだからオヤジが一緒に来てくれることになってビビリながらも渋々家に帰った。
帰ると家は静かで、付けっぱなしだったはずのテレビが消えていて、俺は泣きながらオヤジにそれを訴えた。
すると別の部屋から弟が出てきて(弟は遊びに行っていた。ウチは交代で留守番するルールがあった)、テレビを消したことを聞き、オヤジは呆れながら職場に戻っていった。
弟にさっきの話をしても信じずバカにするだけで、俺も弟が帰ってきた安心感から普通の精神状態に戻っていった。

両親が帰宅してしばらくたった夜の9時ごろだっただろうか。オカンから「コープいって牛乳買ってきて」と言われ、俺は自転車で5分のところにあるコープに向かい、当時売っていた2Lの牛乳を買い帰路についた。
コープから家までの間には結構長い直線の道があるんだが、行きは明るかった道が帰りはやたらと暗い。俺は昼のことを思い出し、ビビリながら自転車をこいでいた。
その時後ろからキィ、キィとペダルをこぐ音が聞こえてきた。「人がいる」と安心してチラっと後ろを振り返ると、中学生くらいの女の子が自転車でこちらに向かってくるところだった。
女の子は俺の横に並ぶとこちらを見てにっこり笑った。全然知らない人だったけどビビリまくってた俺はホっとし、軽く会釈を返してまた前を向いて自転車をこぎ始めた。


1分くらいして、なんだか変だと思った。普通知らないやつの隣を同じ速度で並走するなんてことはない、と気付いたからだ。
少し気味が悪くなった俺は速度を上げ、女の子を振り切ろうとした。
でも、振り切れない。相変わらずのキィ、キィという音を出し、俺の隣に張り付いている。
さらに速度を上げる。が、離せない。それどころか女の子はこぐペースも変わっていない。それなのに横についている。
ずっとついてくる女の子をもう一度見た時、俺の首は動かなくなった。足も止まらず自転車をこぎ続ける。
そして、先ほどにっこり笑いかけてきた女の子は

「あはは」

と昼間の声でニタリと笑い、自転車ごと消えた。
その瞬間首が動くようになり俺は直線の道の終わり、交差点から左折してくる車に轢かれる寸前のところだった。
俺は咄嗟にハンドルを切り電柱に衝突。右肘の肉がえぐれ骨が見える怪我をした。
家に帰るとオカンは俺の怪我より使い物にならなくなった自転車と中身の漏れた牛乳の心配をし、俺はオヤジに手当てをしてもらいつつ別のところに新しい傷を作られた。
それ以降あの女の子は見ていない。


<感想>

なんでオヤジが新しい傷を作ったのかが気になる






散歩中に気づいた違和感とは…。

【怪談ぁみ語】「微動だにしない散歩道」DT伊山



俺のばあちゃんの話

ばあちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに「おばあちゃんは、幽霊が見えるとよ、誰にも言っちゃいかんけんね」
って言っていた。実際に俺が霊体験をしたわけではないが婆ちゃんの話は印象に残っている。

婆ちゃんが幽霊が見えるようになったのは結構大人になってからで、15歳のときだったらしい。
婆ちゃんは、もともと福岡にすんでいて、福岡大空襲のあとに見えるようになったって言っていた
空襲が終わった後、まわりは一面の焼け野原、婆ちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方にくれていたとき一人の大怪我した男の人を見つけたんだって
急いで近づいたけども、どう考えても生きられるような傷じゃなかった、両腕は吹っ飛んで脳みそははみ出てるのに
「痛い、痛いー、おとうさーん、お母さーん」ってずっと泣き叫んでるんだと、婆ちゃんは体をつかもうとするがなぜかつかめない
話かけても反応しない、そのうち婆ちゃんも怖くなって走って逃げたらしい
その日から婆ちゃんは幽霊が見え始めたって言ってた。外を見れば体中から血を噴出して叫んで、のた打ち回ってる人や
焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いてる人
最初は地獄だったって言ってた


空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても幽霊は見え続けんたんだと
でもそれは絶対言えなかった、幽霊が見えるなんて言ったら速攻でキチガイ扱いされるような時代だったらしい
でも婆ちゃんもなかなか強い女で段々幽霊も見慣れてきたらしい、足が無かろうが、頭が吹っ飛んでようがあんまり怖くなくなったんだと
婆ちゃんいわく幽霊ってのは知らん振りすればあんまり関わってこないらしい
下手に近づくほうが危ないんだと、初めて見た頭が吹っ飛んでる人にも相当長い間付きまとわれたらしい

そんなある日、大分町並みもまともになってきたころ、婆ちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたんだって
その子は近所に住んでた子よく遊んであげた子、でも本当は死んでるはずの男の子だった
両腕がなくなってて痛々しい姿で婆ちゃんを見ると「お姉ちゃーん!!」大きい声で叫んだ後にっこり笑って、よんでたらしい
でも幽霊の怖さを知り始めた婆ちゃんは知らん振りし続けたんだと
それからそこを通るたび絶対返事をしない婆ちゃんにむかって「お姉ちゃーん」って叫び続けたって

「幽霊が見えるようになって随分たつけど、あの子はまだあそこにいるんだろうね」
って婆ちゃんはさびしそうに俺に言った

落ちはない婆ちゃんの話


<感想>

グロい幽霊はきついですね。





さまざまな場所で撮られた心霊映像です。

カメラに映った怖い映像




俺、12階建てマンションの6階に住んでるんだけど
このマンション飛び降りの名所なんだよね、過去10年で12人飛び降りてそのうち9人が死亡
知り合いに警官が居るんでその都度情報が入るんだけど12人ともマンションの住人じゃなかった
何でこのマンションで?って不思議なんだけど先に逝った人が呼び寄せてるのかもねえ?

それでこの前の話なんだけど、その日は台風が接近しててかなり暴風が吹いてたんだよね
夜11時頃、会社でやり残した仕事をやってた時にベランダでドスンって何かが落ちてきたような音がしたんだ


話が去年の夏に遡るけど・・・
あの時もベランダでドスンって鈍い音がしたんだよね、それで俺はベランダへ出たんだけど、何も無く誰も居なかった
それで何気なく地面を見たら女性が倒れてたんだよ
俺はまだ生きてるかも?って思って救急者呼んで下へ降りて呼びかけたんだけどぐったりして動かなかった
死に切れなくてうちのベランダからもう一回飛び降りたんだろうけど、結局脳挫傷で亡くなった

同じようなドスンって音だったんで去年の夏のことが脳裏をよぎったよ・・・


その時は強風で上の階のベランダから何か落ちたのかな?と思ってベランダを確認しようと窓を開けたんだ
そしたら30歳くらいの女性が倒れてて顔からかなり出血してたんだよ
ビックリして大声で呼びかけたんだけど返事も無くピクリとも動かない
まさか去年と同じことが起きるなんて・・・、その時はそう思って直ぐ救急者呼んだんだよ
(下手に動かしたらかえって危険だと思ってその女性はそのままにしておいた)
その後10分くらいで救急者が到着、救急隊員と一緒にベランダへ出たんだけどさ
そしたらさっきの女性が居ないんだよね、慌てて下を見たんだけど誰も居ない
ここは6階だからここから居なくなるってことは下に落ちた以外に有り得ないんだよね
(うちのベランダは人が隠れるような場所は無い)


救急隊員からはイタズラは止めて下さいって怒られるし、
一応警察にも連絡したんだけどその女性が消えちゃってるんで相手にしてくれない
それで救急隊員と一緒に下へ降りて辺り一帯を探したんだけど手がかり無し
ここは6階だから俺が救急者呼んだ後に意識が戻ってもう一度下へ飛び降りたなら無傷じゃ済まないはず・・・
それでも死に切れなくて歩いてどっかへ行ってしまった、としか考えられない
雨降ってなきゃ血痕が残ってたんだろうけど・・・


俺は責任感じてかなり心配したけど居なくなったんだからどうしようもない
しょうがないんでその日はそのまま寝ちゃったんだけど、何故か深夜2時頃フッと目が冷めたんだよね
それでさっきの事が気になってベランダへ出てんだ
そしたらさ、さっきの女性がさっきと同じ状態で倒れてたんだよ、そりゃ恐いのなんのって本当にビビッたよ
ビビッただけじゃなくて体中に寒気が走って体が動かなくなった
そのまま十秒くらい過ぎた後、その女性、いきなり起き上がったんだよ
それで「死に切れない、死に切れない、死に切れない・・・」って俺に叫ぶんだよ


俺は逃げ出したかったけど体が動かないから黙って聞くしかない
さらにその女性、いきなり俺に掴みかかってきたんだよね
俺はそれでも身動きできず恐怖で頭ん中が真っ白になった
その時思い出したよ、その女性の着てる服、その服は去年飛び降りた女性の服とそっくりだってことをね


その女性、耳元で囁いたんだよ、「一緒に行ってくれませんか」ってね、お断りしたかったけど俺は喋る事が出来ない
さらにその女性は「良いんですね、じゃ一緒に行きましょう」って言いながら俺を持ち上げたんだよ
俺75kgあるから普通の女性じゃ持ち上げられないはずなんだけどね
それで俺を持ち上げたままベランダの手すりの方へ向かって歩きだした
ああこのままじゃ一緒に落とされる、何とかしなきゃ、頭では判ってるけど体が動かない
俺は全身全霊を振り絞って心の中で叫んだよ、「貴女は去年死んだんだよ」ってね
その後俺は気を失ったらしく気付いた時はベランダで倒れてたよ


俺は霊感とか無いしこういうの経験したのはこの時だけだけど、
この出来事は一生忘れる事が出来ないと思う


<感想>

死にきれないときの苦しみは半端ないだろうから、
その怨念が残ってしまうんでしょうね。