FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
アレな人間ほど怖いものはない。

ネットで拡散された背筋が凍る恐怖の映像 5選




837 本当にあった怖い名無し 2011/06/05(日) 17:51:26.17 ID:Rl+ejvug0

小学生のとき、理科の先生が夜更けの帰り道でかっぱのような生き物に襲われたらしい。
用水路沿いを歩いてたら突然背後から襲われ、組伏せられたあと、片手をつかまれ、すごい力で引きずられたとか。
先生は無我夢中で、胸ポケットにあったボールペンを生物の腕に突き立て、怯んだところを近くの民家に逃げ込んだ。
その家の主人に事情を話し、武装して恐る恐る見に行くと、生物はすでに立ち去ったあとで、弁当箱を入れてあった巾着袋が持ち去られていたという。
生物の風貌は暗くてよくわからなかったが、背は小学高学年くらい、肌はヌメヌメしており、声などは発しなかった。
とにかく力は半端じゃなく、大学時代柔道で鳴らした先生でもまったく太刀打ちできなかったらしい。
こんな話を朝のホームルームで、半ば半狂乱の先生から聞かされた。
俺達は震え上がり、女子は泣きわめいた。それほど真に迫った語り口だった。
先生は職員会議にこの話題を出したらしく、児童の集団下校と、大人の引率、パトロールを徹底するよう訴えたらしい。
しかし、全く相手にされず、先生は半ばゲリラ的に保護者会でこの話を出し強く訴えたが、やはり一笑に付されてしまったとか。うちの母ちゃんもその場に居合わせたが、すごい剣幕だったらしい。
ほどなくして、先生は休職してしまい(させられた?)、お別れ会もしないまま学校を去った。
一連の騒動について語ってくれる先生は誰もおらず、すぐに風化した。
その生物の目撃談は先生の一例だけだったが、俺は
「誰も信じてくれない!だが先生は見たんだ!何かあってからでは遅いんだ!みんな用水路には近づくな、一人で歩くんじゃない!」
と俺達に言い聞かせた先生の話が嘘や幻には思えないんだ。
昭和のある田舎での話だ。


<感想>

先生の脳内では真実だっただと思いますよ。






778 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/06/05(日) 08:23:10.70 ID:teJuuOa50

友人の親戚には姓名判断で結構名の知られた占い師がいるそうで
彼の兄夫婦に子供が生まれたとき、名前について相談したんだそうです。
そしていくつかの名前を考えてもらったのですが
結局、子供には兄夫婦が自分たちで考えた名前を付けることにしました。

しかし数年後、その子は病気で亡くなってしまいました。
お通夜の席で悲しみにくれる兄夫婦に占い師は寄り添い
「辛いよねぇ。でもあの子のためにも元気を出さなきゃね。」
と優しく励ましの言葉をかけてくれていたのですが
占い師が兄夫婦のそばから立ち去る間際、
優しいそのままの表情で残念そうにこう言ったそうです。
「あの名前じゃ長生きはできないもんねぇ。」


<感想>

たとえそうでも、こんな残酷なことがよく言えるな。




雪山遭難者の遺体回収のお話です。

稲川淳二の超こわい話 『コイツに決~めた 』




395 本当にあった怖い名無し New! 2011/06/03(金) 14:17:43.68 ID:RVgqMhpRO

俺も怖い話を一つしよう
俺は厨房なんで、当然家族とともに暮らしている。
中一の時に自分の部屋が欲しくなったんで、親に頼んだ。
俺の家には物置みたいになってる部屋が二部屋あったから、
親がどちらかを片付けたら、その部屋をくれるって言ったんだ。
俺は喜んで引き受けた。
ちなみに物置みたいになってた部屋は隣同士だったんだ。
パッと見て右の部屋は明らかにゴミが多いWWW
左はまだマシだったんで左を貰うことにした。
ニ、三日で片付いた。
模様替えをして、俺の部屋に完璧になっていったんだ
すごしはじめて奇妙なことが起こったんだ
夜になると金縛りにかかるようになった。
まぁ、たまにだがWWW
そんなに気にしなかった。
でも深夜になると、壁をドンドン!、と叩いてるような音が聴こえてきた。
流石にビビりな俺は固まってしまったWWW
その音が聴こえる場所が物置のはずの隣の部屋だった…

[隣の部屋]の続きを読む
その怖さが映画に反映されないのが残念です。

ホラー映画撮影中に起きた怪奇現象・奇妙な体験 10選





225 弟から聞いた話 1 New! 2011/06/02(木) 15:38:30.88 ID:RW5f4l8G0

弟と先週、実家で会ったときに聞いた話。
私の弟は今年春まで、勤務先から電車で20分くらいの場所にあるアパートに住んでいたが、契約が
切れるのを機会に引っ越すことにした。

元のアパートの家賃は場所の割に大変安く、なかなか同じ条件の物件はなかった。
弟が、不動産屋へ向かうため駅の反対側にある商店街へ向かって、ぶらついていると
「空室あり」の張り紙があるアパートを見つけた。
駅から徒歩6~7分。3階建ての2階。張り紙を読むと元のアパートより1部屋
多く、綺麗なのだが、家賃はほぼ一緒である。正直言ってその広さ、築年数で
その家賃は場所的に破格であった。
[弟から聞いた話]の続きを読む
左側だけ取り外された三面鏡のお話です。

【怖い話】「はずされた鏡」 怖すぎて絶叫レベル




222 本当にあった怖い名無し New! 2011/06/02(木) 15:03:45.03 ID:MwAN7rPy0

私の先輩が看護師として勤めている病院であったこと
先輩のチームの受け持ち患者だった末期がんの初老の女性が急変し,亡くなった。社交的で明るく,ナースや同室の患者とも仲良くやっている,感じのいい人だった

身よりのない人で,先輩が私物の整理をしていると,一冊のメモ帳が出てきた。
なんの気なしにパラパラめくると,日々の日記や,病院食の献立,見たいテレビ番組のメモ等,他愛のないものだった。
「きょうは看護師の××(先輩の名前)さんと散歩に出かけた。
相変わらずやさしい人。私の話もよく聞いてくれて,心が晴れた。噴水もきれいだった。」
等と言う記述があり,先輩は少しほろりと来たとか。
しかし,亡くなる前日の内容を見て,先輩は戦慄した。.
それまで黒のボールペン一色だったメモ帳が,そのページだけ赤や青などの色が使われている。
字体は汚く,字の大きさにまるで一貫性が無い。
「××(先輩のフルネーム)は以前から私の事をきらっていたようだが,最近は露骨になってきた。注射はわざと痛くするし,体を拭くのも雑で乱暴だ。
もう我慢できない。薬の中身も先生にばれないようにこっそり変えている。
私にはわかる。いつも薄笑いで馬鹿にしている。許さない
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
想像の中で何度も練習した。きっと成功する。
明日やる。血を取りにきたとき,首を刺してそのまま横に裂く。
これを書いているだけで心が晴れる。今夜は眠れそうにない。」

先輩は同室にいる同僚や患者に動揺を隠すのが精いっぱいでその後どう動いたかはおぼえていないとか。メモはすぐにゴミ箱に捨てた。

しかし、ベッド交換を行った同僚がベッドと壁の隙間の死角からハサミを見つけた。
特に誰も気にはとめなかった。先輩以外は。

先輩は本気で退職を考えたが,思い留まった。
少なくともこの部屋には二度と立ち入りたくない,と体調不良を理由に転科を申出て,病棟業務から外れた。

先輩は当たり前だが,邪険に接したことなどないし,むしろ自分には心を開いてくれているように思っていた。恨まれる心当たりはまるでない。

今でも思い出すと全身の毛が逆立つようだ,と言っていた。


<感想>

某芸能人を連想させますね。

あの人も入院するようなことになったら…。