ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

527 本当にあった怖い名無し New! 2010/12/31(金) 17:03:31 ID:kUKQBXEx0

俺が昔住んでたところでは黒左衛門とか言う風に呼ばれてるものがいた。
場所とかはあまり言いたくはない。だから場所とかは聞かないでくれ。
俺が10歳くらいの頃、村で地蔵さん祭りなるものが行われていたんだけど
不思議とその地蔵さんの正体が確かめたくなったんだよな。生意気だろ?
一緒に住んでたおばあちゃんにあのお地蔵さんって一体何祭ってるの?って訊いてみた。
おばあちゃんは「今のもんは知らん方がええ」と意味不明な発言をしてきた。
子供心のせいなのか物凄く気になって身内が教えてくれないのなら近所の人に聞こう
と思い、近所を回って聞いてみた。すると他はばあちゃんと同じような感じで教えてくれなかったのに
一人だけ教えてくれるおじいちゃんがいた。その人は吉蔵と呼ばれる人で地元のことなら何でも知ってる人だった
今でもあの顔は覚えている。不気味な顔だった。漫画とかで不気味な顔が書かれたりがあんな感じじゃなかった
何かを考えているようなそんな顔だった。
とりあえず聞いてみるとどうやら黒左衛門という名の者を祭っているそうだ。
これはおじいちゃんに聞いた話の一つであるが
いつの時代か、あの土地に一人の武士が来たらしい。
彼は人の形をしていたが、人ではなかった。
本当か分からないが彼は人を食い殺したという。
ざっと20人くらいを食ったために死刑になったはずだった
斬首刑?当時の言葉で言うと打首獄門?
だけどその黒左衛門の首から胴が生えてきたらしい。
村人は恐怖し、どこからかその手のものを呼んで封印した。
その手のものが言うには
・1年に一回は祭らないと祟りが来る
・地蔵型のものに封印してあるのだがそれを壊すとまた出てくる

封印て言うのは多分その黒左衛門が妖怪の類だったのだろうと思った
今はもうあのじいちゃんはいないから知りたくても知れない。


もういい年だし、普通にばあちゃんに訊いてみようと思ってたらばあちゃんは突然の失踪。
これって何か関係あるのかな
ないことを祈りたいんだけど


<感想>

亜人だったのかも?




修学旅行で京都のお寺に泊まったら…。

稲川淳二 修学旅行




519 1/2 sage 2010/12/31(金) 02:11:21 ID:HJ9gMDay0

 小1の時、昼休みに校庭の隅でぼーっとフェンスの向こうの道路を見てた。
 そしたらいつのまにか、すぐ近くに背広姿のおっさんが立っててなんとなく「こんにちは」って挨拶した。
 なんか青白くて薄い顔したおっさんはじっとこっちを見下ろしてんだけど無言で、なのに目はすごい勢いできょろきょろ動いてて怖くなった。
 でも間にあるフェンスは5mくらいの高さだから、簡単にはこっちに来れない。
 変質者かなって思ったけど逃げたら負けとかつまらん意地張って、こっちも黙って見返してた。
 それでももう昼休みも終わるし、その間ずっとこんな気持ち悪いおっさんを見て過ごすのも嫌だなってすぐ後悔した。
 すると動かなかったおっさんがさっとその場に膝をついて、細い腕をフェンスの網目に突っ込んで俺に向かって手を伸ばしてきた。
 おっさんはよく見たら手ぶらで鞄も何も持ってなかったんだけど、その動きは異様に早くて音も静かだった。
 俺はフェンスから2mくらいは離れてたはずなんだけど、おっさんの妙に長くて冷たい指は逃げる暇もなく俺の右腕に絡んでいた。
 ちょっと目を見開いたおっさんは、驚いて固まってる俺の右腕をやけにゆっくり撫でながら、棒読みでこう言った。
「良い手ですね」
 正直、漏らすかと思った。
「良い手ですね、ねえ」
「……あり、がとう、ございます」
「本当に良い手です」
 半泣きで喋る俺におっさんは良い手ですとぶつぶつ繰り返して、何度も肩から手首まで撫でた。
 きょろきょろしていた目が黒目を小刻みに震わせつつも、じっと俺の右腕を見ているのが怖かった。
 だいたい腕が長すぎるし、フェンスの網目は腕を通せるほど大きくない。
 もうこれは変質者とかじゃない、もっとなんかヤバいものだと思って俺は逃げ出した。
 撫でるだけだった手は捕まえようとするでもなく、その場に落ちた。
 骨がないみたいな重い肉が、一歩引いた俺の横腹や足を伝ってドサッと地面を打った。
 おっさんがどんな顔をしてたかわからない。

[鑑定]の続きを読む

506 本当にあった怖い名無し sage 2010/12/29(水) 21:04:53 ID:BXJtW3So0

夕飯食べて、食器を流しに持ってたら、
流しに目玉が落ちてた。
ぎょっとしてもう一度見たけどまだ目玉がある。

その目玉がギョロ!って感じで私の方を見た後、
そのままコロコロ転がって排水溝の中に消えていった。
中を見ても何もなし。

それ一回だけなら、ただの目の錯覚で済むんだけど、
それ以来、ことある毎に誰かに見られてる気がする。
実際、あの目玉を見て以降、
ふと視線の端とか、ぱっと顔を向けた先に目玉が落ちてることがある。

その目玉は一番最初に見た時とは違って一瞬で消えるんだけど、何なんだろう。
ほんとに日常生活の何でもない時に現れるから、びっくりするw

心当たりと言えば去年、片目を怪我して左目の視力がほとんどない。
あれは、恨みから来る私の幻覚なのかな。

何だか最近では、あれは自分の目玉なんじゃないかって思えて来た。

どーしたものか。


<感想>

子供の頃、録画で見ていた
1話完結、30分の深夜ホラードラマシリーズで、
大量の目玉が出てくる話があって、
あまりにも怖すぎたために、
大人になった今でもトラウマになっています。

でももう一回見たら、トラウマをなくせるかも知れないので
再放送して欲しい。
(タイトル不明)








439 本当にあった怖い名無し sage 2010/12/23(木) 13:33:01 ID:zmpkzF1I0

本スレここで良いのかな?

とりあえず、もう何年も会っちゃいないし連絡すら取ってないんだが
知り合いに1人変なのが居たんで、そいつの話でもしようと思う

まぁこの言い方で解ると思うんだけど、元々友達って呼べるほど接点ないやつだったんだが
とりあえず仮にAとしよう
んでBとCって言うこっちは普通に友達って呼べるレベルのやつ2人
A、B、Cと俺、どう言う成り行きでそうなったか記憶は曖昧なんだが、この4人で飲んだ事があったんよ
そん時の話


確か駅前のチェーン飲み屋で4人でどうでも良いくだんねー話で盛り上がってて
気が付いたら俺の終電が無くなってたのね
んで、あいたた、やっちまったぜwwwってな雰囲気見せたら
BとCが2人揃って俺まだ終電残ってるわwwwつーわけで帰るなwwwとか言うの
おっまwww俺どうすんのwwwつったら、Aがすぐ近くに住んでるってさっき言ってたじゃんって
そ言えば、会話の途中でどこ住んでんの?みたいな話はしてた
BとCは家も知ってるし実家住まいなのも解ってたが、Aの事は全然知らなかったから確かに色々聞いてた
でまぁ、そう言う事なんですまないんだが一晩だけ泊めてくんね?って訊いたらAは二つ返事で了承
BとCをすぐそこの駅で送って俺はAの部屋にお邪魔する事になったのよ

[フルフェイス]の続きを読む
グラドルが泊まったビジネスホテルで…。

【怪談ぁみ語】「隙間の後ろ姿」ありがとうぁみ (怪談家/芸人)




921 本当にあった怖い名無し sage 2010/12/17(金) 09:34:50 ID:njRPM2fj0

隣の家のじーさんに聞いた話なんだが。

なんでも、その爺さんがイケメンだったという頃に住んでた町の近くの山に、小さい村があったらしい。
小さいって言っても、診療所なんかはあったらしいんで、数十人しか住んでないって訳じゃなかったみたいだけど。
それで、その村で神童って評判だった男の子が突然居なくなったらしい。そりゃもう大騒ぎになって、山狩りもしたそうだ。
結局見つからなくて、その日は全員が帰ったらしく、次の日、その男の子の両親の家に村人が集まった。
それで、その子の両親が、手紙が戸に挟まってたと言う。手紙には男の子を誘拐した事が簡潔に書いてあったらしい。
爺さんは直接見たわけじゃないからよく知らないらしいが、カライセン?という物を寄越せと手紙に書いてあったらしい。
勿論、当時はネットなんか無かった。カラーテレビですら滅多に無かった時代。カライセンを調べても分からない。
仕方なくその子の両親は家にあった金目の物をありったけ集めて、他の家にも金を無心したらしい。
最終的に、具体的な額は分からんらしいが、五年はつつましく暮らせる額が集まったらしい。

長いので続けます

922 本当にあった怖い名無し sage 2010/12/17(金) 09:39:58 ID:njRPM2fj0

それで、金を持って指定された引渡し場所、炭焼き小屋の近くに行ったそうだ。
炭焼き小屋には、スーツ姿の男が居たらしく、兎に角とんでもない美男子だったそうだ。
その美男子は、カライセンは持って来たか?と聞き、カライセンという物は分からないが、金を集めてきたと言って、金を渡したらしい。
それにスーツ姿の男は激怒。何処かの方言のような言葉で怒鳴り散らし、話が違うだの、楽しみにしていたのにと喚いたらしい。
その美男子は一通りぶち切れた後に、そっちが渡さないならもういいと言って、近くに居た男の子の両親を引き摺ってどこかに行ったらしい。
付き添っていた村の若い男達が美男子を止めようとしたらしいが、物凄い力で敵わなかったそうだ。
結局、男の子も男の子両親も戻って来なかったらしく、山からは数日ほど悲鳴が聞こえたそうだが、三人の居場所は分からなかったそうだ。



923 本当にあった怖い名無し sage 2010/12/17(金) 09:43:15 ID:njRPM2fj0

更に、それから数日ごとに村の人間が居なくなっていった。
男も女も区別無く居なくなり、体のパーツが転がっている事があったり、服がなくなっていたり。
警察だのにも応援を呼んだらしいが、取り合って貰えなかったそうだ。数十人がいなくなったと言っても。
流石にねーよと思ったが、爺さんが随分真剣なので、最後まで聞くことにした。
それから、必死で逃げ出してきた数人の村人がその話を町の人間に伝えたらしい。
今ではその村は廃村になってるらしいが、カライセンは何処だと探す男が未だに見つかる事があるそうだ。


終わり。

結局カライセンってなんなんだ?

924 本当にあった怖い名無し sage 2010/12/17(金) 09:45:05 ID:njRPM2fj0

廃村になった村に行くと、その男と出合ったという人がたまに居るらしい。だった。


<感想>

その美男子って、悪魔的な何かなんですかね?

カライセンについてはさっぱり。