ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

304 本当にあった怖い名無し New! 2010/08/30(月) 22:48:58 ID:I0jboWHw0

俺が体験した怖い話を2つほど・・・
もう15年前。大学生の頃、バーでのバイトあがりの帰りの車でのこと。
深夜2時過ぎ。池袋から自宅までいつものコースで20分の家路をいそいでた。
体が疲れてたため、FMから流れてくる音楽をボーっと聞きながら、ガラガラ
の道を快調に奔っていた。途中大通りからショートカットをかねて某神社前を左折。
1車線の道に入ったとき
「何で・・・」と女の声。
車はもちろん俺一人。あれ?空耳?と思いラジオの音を小さく絞った。
「・・・・」しんと静まりかえった車内は低いエンジン音のみで、他は何も
聞こえない。。
心霊信じない俺は、気に留めず、そのまま京浜東北線の某寂れた駅前を抜けようと
車を進めた。そのとき、ふと視線を感じた。
俺は不意にバックミラーをチラッと見た。
すると後部座席におかっぱの女の子の顔が見え、しかもこっちを見ている。
一瞬だった。すぐ前をみて、またバックミラーみたがいない。そして後部座席を見たが誰も
いない。なぜか怖くはなかったが、ただその顔が忘れられずにいた。

何日かして、朝、大学行く前に家のポストから新聞を出した。
そのとき、週一発行の区のローカル新聞を普段全く見ないのに
なぜか気になり、ページをめくった。
ゾクっとした。
俺が見たおかっぱの女の子がいて、その時と同じ顔で俺を見ている。
その記事には中学生の女の子かいじめを苦に自殺と書いてあった。
その日は俺が見た日で、時間は深夜1時すぎ。
俺が車で通った某駅前のスーパーからの飛び降りだった。


<感想>

誰かに話を聞いてほしかったんでしょうね…。







301 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/08/30(月) 21:44:48 ID:v//82ntd0

実家にある掛け軸の話。

いつ誰が買ってきたのかも定かでない、
床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。
聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったって言うから、既に70年以上前のもの。
この掛け軸に悪さをすれば良くない事が起こる。

私が5歳位の時の話。
お盆って事もあっていとこが家に泊まりに来た。
同い年の男の子が結構な暴れ者で、龍神様の掛け軸に向かって物を投げ始めた。
うちの家族やその子の母親は「それは一応神様なんだから悪さをするな」みたいなことを言うんだけど、
いとこは言う事を聞かずに掛け軸に物をぶつけていた。
その夜、その男の子が大泣きしてその声で家族中目が覚めた。
「手がぁ…!手がぁ…!」って言って男の子ギャン泣き。
見ると、その子の右手がパンパンに腫れてた。
その腫れ方っていうのがちょっと変わってて、
薄手のビニール手袋に水をパンパンに入れると、
手の平の所に水が溜まって風船みたいになるんだけど、まさにそんな腫れ方だった。
救急で病院に行って見てもらったら右手に水が大量に溜まってた。
案の定「ほら、言わんこっちゃない!悪さするからだ!」ってなったんだけど、
その翌年、更に暴れ者になった男の子はあろう事かその掛け軸をわざと蹴っ飛ばした。
「祟りなんてねーよ!やれるならやってみろよ!」って言葉付きで。
そしたら今度は次の日に何も無いところですっころんでその拍子に右足の骨とあばら骨を折った。
どうやら龍神様、「やれる事をやった」らしい。


<感想>

龍神様ではなく、
親がしつけないといかんと思うんですよね。





東尋坊などで撮られた心霊写真の数々です。

<心霊写真>




242 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/08/30(月) 13:43:35 ID:dKZLY8YF0

どうか?

これは私が小学生の時に体験した話です。私と盟友の、仮に佐藤幸作君としときましょうか。
佐藤君といつもの様に、放課後に原っぱーで遊んでいました。
初めのうちは、キャッチボールをしていたりバッタをとったりして遊んでいたのですが、
そのうち飽きてきたので、「入ってはいっけない」と大人たちから言われていた原っぱの奥の方にある、
廃屋に行くことにしました。地元では有名な幽霊屋敷の噂がある廃屋で、私たちも外から見るだけで入ったことはありませんでした。

やがて廃屋に着きました。庭に錆付いたブランコがあって、ツタが巻きついていたので、
しばらく私と佐藤君は「あ~ぁぁぁぁ~!!!」と叫びながらツタでサターンごっこを始めました。
サターンごっこも飽きてきたので、2人で廃屋に入ることになりました。

243 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/08/30(月) 13:44:43 ID:dKZLY8YF0

玄関にはもちろん鍵がかかっておらず、玄関から入ると非常にカビ臭い匂いがしました。
1階は落書きやゴミで散乱しており、特に変わったものはありませんでした。
異変は2階の突き当たりの部屋上がった時に起きました。2階のタンスを調べていると、実家の仏壇にあるものと同じものがありました。
位牌でした♪ 僕と佐藤君はそこで急に怖くなり、ランスを閉めて1回に降りようようとした時、
2回のまだ入っていない部屋の方から「まもる~~~~~~~」と、年配の女の人の声が聞こえました。
僕と佐藤君は「わわっ!!!」と叫びながら一気に怪談を駆け下りると、玄関を出ました。
廃屋の方を振り返ると、2階の薄いレースのカーテンの閉まった窓から、3人の人の影がベッタリと張り付いてコッチを見てる様子でした。
僕と佐藤君は、絶叫しながら家に帰りまった。

翌日、祟られては怖かったので、私の家は当時ラーメン屋をやっていたものですから、
お供え物をもってもう1度あの廃屋に佐藤君と行く事にしました。
例の位牌が入っていた2回の部屋に行き、タンスを開け、位牌にお供え物の刻みネギ(ラーメンに入れるやつ)をふりかけました。
2人で「ごめんなさい」と拝み、タンスを閉めて廃屋を出ました。振り返ると、2回のカーテン部屋の影が4人になっているのが見えました。
さらに怖くなった僕と佐藤君は「お供えしたもんね!!!」と捨て台詞を残し、その場を去りました。
以後、別に妙な出来事は起こらず、2度とあの廃屋にも行きませんでした。これで私の体験談は終わりです。


<感想>

刻みネギだと、お供え物というか…。

ゴミ捨てに来たとしか思われてないかもですね(汗)。






中部地方にある田舎町の廃小学校のお話です。

稲川淳二【怪談】廃小学校のトイレで





223 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/08/30(月) 02:31:28 ID:71ynXdIJ0

1人暮らししてた時の話なんだけど、怖い目に遭った。
文章へたくそだし読む人はあんま怖くないかも。

住んでた部屋は6畳のワンルームで、玄関あけると台所で、その奥が部屋。
引き戸で部屋と仕切ってる。

最初の異変つーか怪現象は引っ越してきて2か月目くらいたった夜。
いつも通り布団に入ってうとうとしてたんだけど、
その時玄関からドアノブ回すみたいな物音がして目が覚めた。
で、なんか台所をミシミシ歩きまわる音がすんの。
引き戸の擦りガラスに人影うつってんの。
戸締りはちゃんとしたつもりだったけど、ドアチェーンもないドアだったし、
もしかしてピッキングかよマジこええやべえってなった。
いきなり行動すると相手に気取られてヤバいんじゃないかって思って、
寝た振りしながら侵入者(と本気で思ってた)が近付いてきた場合の対処を
必死に頭の中でシミュレートしてた。
ギリギリまで引きつけて飛び起きて押さえつけようとか。今思えば無謀だ。

長すぎるって規制かかったんで一旦ここで切る。

224 223 sage New! 2010/08/30(月) 02:36:35 ID:71ynXdIJ0

とにかく相手の一挙一動を把握しなきゃって思った俺は、
頭まで布団かぶって隙間から引き戸ガン見してた。
そしたら引き戸がズ…ズ…って開いた。
けど、何故かそこには誰もいない。擦り硝子の方見たけど、人影すら見えない。
軽くパニックになりながら汗だくで布団の中で震えてたんだけど、
ずっと開いた引き戸を見てたら黒いもやみたいなのが流れ込んできた。
それがだんだん人の形っぽくなってマジちびりそうになった。
どうしようどうしようって頭ん中一杯になってたら、
黒いもやは嘘みたいにすうって消えたんだけど、あっ消えたって思った瞬間

耳元で「誰 か い る の ぉ ?」って若い女の声がした。布団の中なのに。

次の瞬間猛烈な耳鳴りと金縛り。
キーーーン、なんて可愛いもんじゃなくてギュィーーーギギギギギみたいな耳鳴り。
だんだん目の前がチカチカしてきて息苦しくなってって、俺そのまま気絶。

次の日、目が覚めて部屋を見回したらなんてことなく普通だった。
引き戸も完全に閉まってた。
玄関の鍵もちゃんとかかってたし、昨夜のは夢だったのかなって思った。
けど、ひとつだけおかしかったのが炊飯器。
毎日寝る前にタイマーいれて、起きる時間あたりに炊きあがるようにしてある。
なのに、タイマー切れてた。というか、時間設定がめちゃくちゃになってた。
中を確認したら、水がなんか茶色っぽく変色してた。

この一件以降金縛りとか悪夢見たりとか結構頻繁にあった。
横向きで寝てる自分の背中に誰かがぴったり背中合わせに寝てる感触で
夜中に目を覚ましたりもした。頭の先を爪でがりがりされたりもした。
天井を5センチくらいの蜘蛛が這ってたりな。
会社の寮だから引っ越せなくて(自力で部屋借りれるほど金なかったし)
我慢して2年くらい住んだけど、今は転職して実家戻って平和に暮らしてる。

今だから平気で話せるけど、当初は口にするのも怖くて誰にも言えなかった。


<感想>

蜘蛛は関係ないような…。






164 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/08/27(金) 12:27:41 ID:1YrNoaPh0

会社の同僚が自宅マンションで死んだ
浴室の照明を付け替えようとして小型の脚立に乗ったところ
脚部の接地面が滑って、転倒
頭部をバスタブに強打したのだ
季節は初夏、ベランダの戸は開いており、浴室のドアも開いたままだった
無断欠勤が数日間続き、別の同僚が彼の自宅を訪ねて、死体を発見したのだが
開いた窓から入ってきたカラスによって、死体はついばまれていた
眼球はなく、頭蓋骨の陥没箇所から、脳もほとんど食われていたという
実はこれら詳細を知ったのは、後になってから死んだ同僚から熱烈なアプローチを受けて困っていた女子社員から悩み相談を受けた
実家の一戸建てに、ご家族と住む彼女、このところ家の周囲にカラスが多くて気味が悪いという
その辺にいるだけなら無視もしようが、二階の彼女の部屋の窓越しにじっとこちらを凝視したり窓をくちばしでつついたりするというのだ

「ああ、それはきっと死んだ××の、脳食ったカラスだよ」
事情を知る社員からその言葉を聞き、その時はじめて死んだ同僚の死の様子を知ったのである
「○○(女子社員)のことで頭がいっぱいだった××の脳味噌食ったんだから、カラスに××の気持ちが
乗り移ったんじゃねーのw」
趣味の悪い冗談だな、とは思ったが、女子社員はそれどころではすまず、気のふれたような悲鳴を上げその場で昏倒してしまった(気絶した人間というのははじめて見た)
以後彼女は会社を休みがちになり、自宅周辺を空気銃を持って徘徊する、あぶない人になってしまった

これは聞いた話だが、一羽だけ空気銃を命中させたカラスは路上に落ちたところを、彼女によって
原型をとどめぬまでにぐしゃぐしゃに踏みにじられたそうである

よほどのこと嫌われていたと見える


<感想>

冗談にしてもひどすぎる、女子社員が可哀想…。