ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

179 1/2 sage 2009/07/29(水) 21:59:12 ID:A5DDdXZ80

投下。

深夜の雑居ビルの警備のアルバイトにて。

新入りであった私は、まず同僚と2人で回ることになった。
決められたルートを懐中電灯片手に歩くだけという極めて楽な仕事であった。
特に何事もなく、こりゃ楽なバイトだなと思い始めた頃、3階の奥にあるトイレの前に差し掛かった。
すると同僚が「トイレに行きたい」と言い始めた。新入りである私は断る理由もなかったし、
私も軽い尿意を催していたため、一緒にトイレへと入った。何の変哲もない、小便器が4つ、
その向かいに大便用の個室が2つあるという、ごくごく普通の綺麗なトイレであった。
同僚は大きい方らしく真っ直ぐ大便の個室へ向かって行った。
こんな時間に誰もいるはずないのに、癖なのか、わざわざノックをしている同僚の様子が可笑しかった。
当然ながらドアの向こうから返事はなく、そのまま同僚はノブに手をかけた。
開かない。
中に誰かいるのか、それとも扉の故障なのか何度かノブを回していたが、結果は同じようであった。

諦めたのか、同僚は隣のトイレへ入っていった。

用を済ませた私は、開かずのトイレが気になり始め、件のトイレの前へ。
ノブを見ると、中から鍵が閉められているのを意味する赤い塗装を覗かせていた。誰か入っているのだろうか。
「用を足してる間に、心臓発作か何かで意識を失っているのかもしれない」
「酔っ払いが酔い潰れて寝てしまったのか」
後者であることを祈り、ドアに耳を当ててみた。
しかし。鼾は聞こえてこず、隣の個室から気分の悪い音がする以外は無音であった。
前者であったら大変だと思い、私はいろいろ考えてみた。
その結果、私がとった行動は「ドアの上から中を覗き見る」ということであった。
掃除道具入れからバケツを持ち出し、足場を作り、ノブに足をかけ、体を思い切り上にあげ、ドアの上部に手をかける。そして中を覗いた。

そこにあったのは、サラリーマンらしき中年男性の死体であった。
よく見ると小蝿が飛んでおり、首にネクタイをくくっていた。

180 2/2 sage 2009/07/29(水) 22:00:42 ID:A5DDdXZ80
なるほど、自殺したようである。が、不思議と死体特有の異臭はしなかった。
普通こういう場合は、警察を呼ぶのが最善であると思うのだが、その時の私は何を思ったか、他の同僚にも知らさなければと思い、
うんこをしている同僚を残し、警備員の詰め所へと向かった。特に焦らず、極めて冷静にである。
しかし、よくよく考えてみれば、このビルには私と今うんこをしている同僚しかいないのである。
もちろん詰め所には誰もいなかった。

とりあえず戻ろうと先ほどの3階の奥へ向かった。

しかし、そんなところにトイレなどなかった。

どんなに探しても、トイレはない。場所を間違えたか、階を間違えたか全てのトイレを探してみたがトイレはない。
そこで記憶が終わっている。


後日談。

うんこの同僚の顔がどうしても思い出せない。死体の顔も思い出せない。
そのビルがどこにあったか思い出せない。
その後どうやってそのビルから帰ったのか、そのバイトに至った経緯も思い出せない。
なぜ、警察を呼ぶという行動をしなかったのか、誰もいないのに、詰め所へ向かったのか。
そもそもそんなバイトしたか?警備員のバイトなんかしたか?とも最近思っている。
矛盾、疑問、不可解な点が多く残ることから多分夢だと思うが、光景だけはハッキリと頭に残っている。
記憶を遡りながらの文章の上、支離滅裂であるが、夢オチ話だと思って、軽く流して見てもらえるば幸いである。

もう1つ不思議な事を言うならば、
今こうして部屋でテレビを見ながら投下している自分の行動に、非常にデジャヴを感じているということである。


<感想>

余りにもショックな出来事だったので、記憶から消えたのかも?

だったら深く考えない方がよさそうです。



20 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/07/28(火) 17:32:41 ID:tqbvZS6E0

俺にとっては死ぬほど怖かった話

中学の頃、夏休みにランニングをしようと決意した。
ランニングコースは家の裏にある田んぼ道。
くそ暑い中、俺は走り出した。
そんでダラダラ走ってると、田んぼの風景の中に真っ黒なカタマリを見つけた。
なんだあれ!?ってなってそこまで走った。
近づくにつれて、その黒いカタマリの正体がわかった。
カラスである。
凄まじい数のカラスが田んぼの隅っこの方に集まっていた。
で、なんとなく石投げてみたくなって(最低だ)、田んぼ道なんてのは大抵が砂利道だから手頃な石ころは
無数に落ちてる。
そこから適当にひとつ拾って、俺はカラスの群れにそれを全力で投げた。
真っ黒なカタマリに石が吸い込まれる。その瞬間、カラスが一斉に逃げた。
「うわーすげえ光景だ」と笑ってたら、背中に激痛がした。
もう本当に痛かった。なんかが当たった感じ。
速攻うしろ振り向いたが、誰もいない。
ふと足下を見たら、そこには血まみれの石ころが落ちてた。
まぎれもなく俺がカラスに放ったはずの石だった。
あれは一体なんだったんだろな


<感想>

道路の反対車線でポテトチップスの袋に群がる、
大量のカラスを見たことがありますが、
かなり気持ち悪かったですね。

…てか、なんであんなとこに捨てる?


972 本当にあった怖い名無し 2009/07/28(火) 11:42:25 ID:TJmzv9xP0

オレの兄貴の身におきた話。
オレの兄貴はクラスでは地味な方でいわゆるいじられキャラだった。
しかし人気はあったようで兄貴の卒アルの白紙の欄にはかなりびっしり書き込まれていた。
そんな兄貴には「何で兄貴と?」と思うくらいかわいい彼女がいた。
小柄で明るくて、たびたび家に呼んでは料理を振る舞うという。問題はその料理だった。
最初はカレーや春雨といった定番だったのが、なぜかどんどん肉料理ばかりになっていった。
中には骨のある人間の指のようなものが入っていた。しかしそれは漢方の亀の爪だったという。
しかし調理中は決して見ないでといわれており不安を感じた兄貴はそっと見てみた。
すると案の定使っていたのは人間の肉だった。
今まさに手から指を切断して鍋に入れた瞬間だった。
思わず声を出した兄貴は目が合ってしまった。
急いで逃げたが物凄い早さで追い掛けられ、捕まったときに近くにあった袋から
生肉のようなものを口に入れられた。
兄貴は吐き出すこともできずにそれを口に入れたまま家に逃げ帰ってきた。
通報してその女は逮捕されたがあの肉は女の元彼の肉だったそう。
オレの兄貴に食わせて早く元彼になってほしかったといっていたらしい。
以外と身近だから恐い。


<感想>

元彼は殺されてたってこと?(ガクブル)



965 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/28(火) 08:04:11 ID:NrGkrYlc0

大学生の頃の話

仲のいい友達(仮にY)が何時頃からか連絡が取れなくなった
周りの友達にそいつのことを聞いてみると同じく連絡が取れない状態だった
何かあったのかもしれないという事で友達(仮にT)と俺の2人でアパートに様子を見に行った

アパートについてチャイムを鳴らしても出なかった
鍵がかかってるかドアノブをガチャガチャして確認して、「出かけてるのかな」と言い終わると同時くらいに、
鍵を開けるような音もせず急にバーン!と扉が開いて、何かがTを掴んだ
何かというか人の手なんだけど、真っ黒でそれが人とは思えなかった
Yの部屋からその手は伸びてるけど、真昼間なのに部屋の入り口から先が真っ暗だった
そのせいで真っ黒な腕の胴体とかは見えなかった
その手はTを部屋に引っ張り込もうとしてるみたいで、Tは「うわああああいやだああああ」と叫びながら抵抗してた
俺は鍵がかかっていると思っている扉が急にバーン!って開いたのでビックリしちゃって尻餅をついてた
でもなんとかしなきゃと思って尻餅をついたまま足で扉を閉めた
真っ黒な腕が扉に挟まるイメージをしてたけど、腕は挟まることなくTを離してスルリと扉の中に消えていった
扉が閉まった後はひたすら走って逃げた

その後なんやかんやあってYが近くの山で自殺しているのが見つかったんだけど、
死んだのはアパートに行く前日とのことで、あの黒い手はYのものではないことが解った

最後端折りすぎたかもしれないけど、あとはただの経過でオカルト的なことは起きてないので省略した


<感想>

そんな化け物部屋に住んでいたなら、
長くは生きられないでしょうが、
幽霊になったYの手ということも考えられますね。



795 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/26(日) 17:24:03 ID:LCnR+oud0

喫茶店でバイトをしていた時の話。

寂れた喫茶店で時間帯問わずいつもガラっとしてる店でした。
ある日、一組のカップルが来店し、コーヒーを一杯ずつ注文したきり
延々と席に座っている。
ほんと座っているだけなのね。話しもしないし、お互いの顔を見るわけでもない。
俯き加減に二人ともじーっと座っている。

そこにもう一人客が入ってきた。
若い男性で、この人はしょっちゅう店に来る常連。
漫画家なのかイラスト関係の人なのかわからないけど
小さいスケッチブックをいつも持っていて
店内の風景だとか、コップや食べ物をスケッチするのが日課みたい。
案の定、例のカップルを良い題材だと思ったのか
サンドイッチパクつきながら盗み見して鉛筆を動かし始めた。
コーヒーのお代わりを持っていくついでに何気なく
描かれたスケッチを見てビックリした。
四人用の席に向き合って座っていたカップル。
その男性の隣りにもう一人同年代くらいの女性が描かれていた。
絵の中のカップルはやはり俯き加減で暗い表情で描かれているのだが
その、いないはずの女性の絵は、すごく楽しそうにはしゃいでいるような
描写の仕方で、違和感ありすぎて、不気味だった。

悪戯心でそれが描いてあったのか
それとも実際そういう風に見えていたのかはわかりません。


<感想>

デートに常に幽霊がくっついてくるんじゃ、
カップルのテンションが下がるのも当然ですね…。



708 1/2 sage 2009/07/26(日) 01:23:25 ID:wG05V4E10

お邪魔します。ちょっと聞いてくれ。
一週間くらい前、バイトの帰り(11時少し前)に近所の公園の前を通った時の話。

そこは駅からちょっと離れた住宅街の中だから、夜はけっこう静か。

公園から話し声が聞こえたのでなんとなくそっちを見たら、
中のベンチで20代くらいの男女二人が談笑してて、二人の正面にあと一人がいた。
あとは男女の前に自転車が1台。
こっちからの距離は15メートルくらいだったと思う。

それで公園の前を通り過ぎる間、(俺は自転車に乗ってた)
なんとなく違和感を覚えてその人たちをガン見してしまった。

ベンチの近くに街灯があるんだが、そのお陰で座ってる男女の方は髪型や服装まで見える。
だけど、二人の前にいるもう一人は影みたいに真っ黒で、光が当たってないみたいだった。

それだけじゃなくて、その人は頭の位置が妙に高かった。
最初は背の高い人だなぁと思ったんだが、
よく見ると、男女の前にある自転車のカゴに座ってた。
寄りかかってるとかじゃなくて、カゴの上にしゃがんでた。


709 2/2 sage 2009/07/26(日) 01:25:03 ID:wG05V4E10

サイドスタンドタイプの自転車らしく、車体もカゴもけっこう傾いてたんだが
全く不安定さの感じられない安定した姿勢。
その時は「すげーアクロバティックww」とか感心してしまった。

でも、ベンチの男女は自転車の上の人をスルーしてるみたいだった。
自転車までの距離は1メートルくらいなのに、
二人は膝をくっつけ合うように座って、話に夢中。

このへんで「なんかおかしいな・・・」と思ったんだが、
もう公園も通り過ぎるし、あんまりじろじろ見るのもなんだから前を向こうとした。

その瞬間、自転車の上の人が、肩を震わせながら、
「ぐひひひひひ・・・・・・」って笑った。こっちまではっきり聞こえる、異常に響く笑い声だった。

でもベンチの男女は変わらずスルー。

俺は「アイツがこっち見たらどうしよう」って怖くなって、
すぐに視線を外してそのまま通り過ぎた。振り返って確認する勇気はなかった。



あれ以来、夜も毎日その公園の前を通るが、
自転車の上の人を見たのは今のところあの日だけ。

文章が下手でわかりにくかったらごめんなさい・・・・・・
お邪魔しました。


<感想>

話に夢中で気づかないというのではなく、
もともとカップルには見えてないんでしょうね。




夏休みに熱海の民宿に泊まったら…。
(聞くとやばい系の話かも?)

男子・あやのさんの怪談「民宿のノート」





609 本当にあった怖い名無し 2009/07/25(土) 17:33:34 ID:ZkufKq/K0
1/4
俺は新聞屋の専業でさ、休みを除いて朝夕毎日決まった区域を配達してるんだ。
この仕事をしてると、やっぱそれなりに妙な体験をしたことも何度かある。
それで、これは最近あったというか継続中の話。
俺の担当区域は結構田舎の方でね、配る家と家の間も結構離れてるようなところなんだ。

もちろん街灯もあまり無く、建ってる家も古い家が多くて玄関の灯りさえ無いところがほとんど。
当初はビクビクしながら配ってたけど人間やっぱり慣れるもので、いつの間にか恐怖心は無くなってた。
でも、最近は配るのが怖くて仕方ない。
その理由は、あるお客の家(以後はA宅)の向かいの林の中に建っている廃墟にある。

A宅の向かいに廃墟があるのは、この区域の担当になった2年くらい前から知っていた。
元が何なのかはわからないけど、多分元はホテルか何かだった廃墟。
A宅は敷地内にバイクで乗り入れられないからバイクを通りに停め、敷地内を少し歩いて玄関のポストへ新聞を入れる。
それでバイクへ戻る時、必然的に視界へその廃墟は入ってくる。
最初にも書いた通り、初めのうちは怖かったが何か起きるわけでもなく、2年経つうちに気にも留めなくなってた。

でも、今月の三日、何かが起こったんだ。
その日、いつものようにA宅へ新聞を入れ、いつものように何も考えず廃墟を視界に入れながらバイクへ戻った。
本当に何も考えてなかったよ。新聞配達なんて身体が覚えて惰性って言うのかな。そんな感じで配るからね。
そんな俺の視界にある廃墟の入り口。多分、以前は門とかがあったんじゃないかと思う場所。
そこにいつもの景色にはないものがあったんだ。
[黒いモノ]の続きを読む

588 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/25(土) 14:28:21 ID:fKVojrHb0
1/4
釣り好きの叔父さんから聞いた話

叔父さんは紀伊半島によく渓流釣りに行っていた。
その日も林道から3時間程上流に登ったところにある穴場に行った。
途中10メートルくらい落差のある滝なんかも登る。
穴場はシーズン中いつも入れ食い状態らしいが、その日は一匹も釣れない。
諦めかけた時一匹の大物がかかった。
50cmはあろうかというイワナだった。
叔父さんは大喜びしたのもつかの間、イワナの体を見てびっくりした。
体がぐにゃりと曲がっていた。
奇形は良く釣り上げるが、こんなにひどいのは初めてだった。
こんな体でここまで大きくなったのに、殺してしまうのはかわいそうだと
イワナをそっと逃がしてあげた。
「あれはキリクチやった、きっと主やな」
紀伊半島だけに棲むイワナで絶滅寸前らしい。

[キャッチアンドリリース]の続きを読む

553 本当にあった怖い名無し 2009/07/25(土) 03:10:05 ID:3LlRtlzk0

どこかで見つけてきたわけではなく体験談なんですが
東京に来たての頃親戚の家に間借りしていました。
とは言ってもその親戚も苦しいので家賃は月3万円だけ払っていましたが、
立地もよく、僕が住む部屋もそこそこ広いので満足していました。

入居して10日くらい経った頃、奇妙な事が起こり始めました。
急に体が重くなったかと思うと、小さく呻き声のような声が聞こえてきました。
不自然に思っていましたが、あまり気にする事はありませんでした。
知り合いに話すとすごく気味悪がって「出た方がいいよそこ」と言われましたが
今更それも億劫だし、元々神経が図太いのでそのまま住む事にしました。
[ちょっと]の続きを読む