FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
179 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/05(日) 17:24:56 ID:xf6sEHIX0
 
 怖いと言うか不思議な話しです。
 去年の10月前半なんですが、千葉の鴨川の近くの小さな民宿へ泊まりました。
 古い付き合いの相棒がそこの親戚筋と言う事で、まぁ、なんとなく美味い魚でも食えれば・・・・的な感じでした。

 金曜日の夕暮れに民宿へ到着し、旅装を解いて早速風呂へ。
 温泉と言うわけではないのですが、海の見える(自称)大きな露天風呂はそれなりに気持ちの良いもんです。
 風呂の後は楽しみにしていた晩飯。
 話に聞いていた通り、鯛やらひらめ(?)やらの船盛に煮魚に、おまけの美味い地酒ですっかり上機嫌。
 その晩は普段の仕事の疲れもあって早々に寝てしまいました。

 翌朝。
 民宿の質素な朝食を摂って近所をブラブラしていると、宿のオヤジが漁に出るとかで準備してました。
 こりゃ面白そうだと言う事で、ちっちゃなデジカメ一台持って船外機のついた木っ端舟に便乗。
 内海向けの小さなボートに船外機が付いただけの、本当に浜のすぐ近くで使うような船で沖に向かって20分か30分は走ったくらいですかね。
 距離感覚とか方向感覚が鈍いほうなんで、どこまで行ったかは自信がありません。
 ただ、ちょっとうねりの入った沖合いの、その波間に日本が消えて無くなるような沖合いでした。

[浮かばれないモノ]の続きを読む

176 本当にあった怖い名無し 2009/07/05(日) 16:57:57 ID:mashlSAhO

もう10年以上前。
100%実話。
俺が高校の時の話。
友達Aと夏休みに暇を持て余して飲み歩いてたんだけど
そろそろ帰ろうかって事で
Aの家に泊まりに行った。(Aの家は実家)
で男2人で家飲みするのも寂しいからなんかゲームしようってなって
帰り途中に中古ゲーム屋みたいな所に行った。
そこで2人が買ったゲームが問題。
多分このゲーム知ってる人もいると思うけど超いわく付きのゲームなのね。
ゲーム名は出てなかったけど他のサイトにもこのゲームをプレイして体験した心霊話とか見た事ある
(なんで分かったかというとゲームの内容が全く同じだった)。

どういうゲームかというと最初にロウソクが100本たってて一話終わるごとにそのロウソクが一本づつ消えていく。
そんで全て消えた時何かが起こるみたいなゲームなのね。
でその時は知らなかったんだけどこのゲーム既にその時絶版になってたの。
クレームが凄すぎて。
こんなヤバいの売るなとか苦情が凄かったんだって。
でも俺達も夏だし怖いのやりたいよねって知らずに買ってきてプレイした。
で、最初はコエエとか言いながらやってたんだけど
だんだん夜も更けてきて眠くて睡魔と闘いながらやってた。
で夜中の3時過ぎ位にやっと百話終わってエンディング見て。
まあなんにも起こらない訳。
まあ勿論そりゃそうだよなって感じでセガサターンの電源切って、
なんともなしに音楽付けたのね。
その時はスピードが流行ってて曲名忘れたけどスピードのCDが入ってたから付けた。
そしたらスピーカーから聞こえてきたのはこの世のモノとは思えない婆さんの声。
「アアアア」って聞こえてきて最初は2人で唖然としてたの。
そしたらだんだん声が大きくなるんだよ。
なんつうか曲の流れで大きい音になるとかじゃなくてボリュームを少しずつ上げて行ってる感じで音がドンドン大きくなる。

177 本当にあった怖い名無し 2009/07/05(日) 16:59:54 ID:mashlSAhO

そしたらだんだん声が大きくなるんだよ。
なんつうか曲の流れで大きい音になるとかじゃなくてボリュームを少しずつ上げて行ってる感じで音がドンドン大きくなる。
そういう時なのに2人とも落ち着いてて「これヤバいよね」って言葉しか言えなくて、「とりあえず部屋出ようか」って言って2人で部屋出た。
瞬間2人共ガーって階段降りて一階のリビングに走っていった。
正直2人共落ち着いてた訳じゃなくてこっちが恐怖で叫んだりしたらアアアアって声が違う事も喋りだすんじゃないかみたいな気持ちだった(笑)
だから部屋でた瞬間やべー!って叫びながら一階のリビングまでダッシュだよ。
でリビング着いたらAの妹がテレビ見てたからラジカセからババアの声がするって言って三人で部屋に戻った。
リビング行ったら普通のテレビやってたから俺達も大分恐怖心無くなってたから。
そんで部屋戻ったら普通にスピードの曲流れてた。
でもマジ怖かった。
誰かマジ心霊体験してみたけりゃセガサターンの百物語ってゲーム探してやってみて。


<感想>

最近この手のホラーゲームが減ったので寂しい…。
(アクションは苦手なのでやらない)



113 本当にあった怖い名無し 2009/07/05(日) 00:48:08 ID:esJN2uKFO

深夜2時頃、更に飲みたくて雑居ビルの6階にあるバーに行こうとした。
いつもこの時間は看板消して中でワイワイやってる場合が多いのだがその夜は鍵がかかり閉店していた。他の店も閉店している様子でエレベーター前の踊り場以外明かりは点いていなかった。

きっとマスターは何処かのダーツバーにでも行ったのだと思い合流すべくケータイをかけた。
タバコをふかしながら屋外の非常階段へ…なかなか出ない。
諦めてケータイを閉じて何となく夜空を見上げると、屋上から首を出して下を見てる奴がいたんだ。 髪が長く垂れ下がってたから多分女。影みたいで表情は分からなかった。しばらく見ていたが全く動く様子がない。

深夜でもあり不気味さを感じた。
…するとそいつはゆっくりと顔をこちらへ向けたんだ。目が合ったかなと思った瞬間、首が引っ込んだ。
そして上から凄い勢いで階段(屋内の)を降りて来る音が聞こえた。

これは間違いなくヤバイと感じて俺も非常階段をダッシュで駆け降りた。
地上まで降りて振り返るともう音もしないし追い掛けて来る者もなかった…

これが俺の唯一のオカルト的体験


<感想>

私が見えるなんて嬉しい!
って感じでしょうかね?



60 ねこ 2009/07/03(金) 21:34:12 ID:82UiM57j0

仲の良い友達が一人暮らししていて、その家は猫を飼ってるんだ。
とても、人なつこい猫で、俺も友達の家に行くと一日中でも遊んでやってる。

ある日、友達が出かけるので、留守番していてくれと言われた。
猫が居るから退屈じゃないし、良いよと引き受けた。

猫じゃらしで遊んでると、猫は愛らしく、猫じゃらしを必死で追いかける
かわいくてたまらないんだが、妙な事に気づいた。

必死で猫じゃらしを追いかけてる途中で、急に動きを止め、天井の四隅の
角の一部を見つめるんだ。20秒ほど見つめた後、何事もなかったかのように
また、遊び出す。

しばらくすると、同じように急に動きを止めて、天井の
角を数十秒見つめるんだ。怒るわけでもなく、喜ぶ訳でもなく、
ただじっと、見つめるだけなんだ。

俺もそこに近づいて天井の角を見たが、何も無いし・・・・でも、なんだか
嫌な感じはしたんだ、。気味が悪いなと思いつつ猫と遊んで、遊び飽きた
猫は眠りだした。

俺もテレビ見ながらうとうとしていたら、夢うつつで若い女性
のゆめをみた。友達の部屋の猫が見つめていた角にその女は立ち、寝ている
俺を見つめている。俺は金縛りにあっていたようで、動けない。
ふいに、耳元で「ちがう」という女性の声で目が覚めた。

気がつくと俺が寝ているそばで、猫がちょこんと座っていた。猫に
助けられたのかなと思いつつ、もう一眠りするのも怖いので、テレビ
見たり、猫と遊んだりして時間つぶしていた。

[守り猫]の続きを読む

961 本当にあった怖い名無し 2009/07/01(水) 22:12:34 ID:ve3WQsiaO

自分的に死ぬかと思った話。
去年の夏休み、秋田のド田舎村に帰省したときの話です。
辺りは水田や畑ばかり。
大学で生物の研究をしてる私はカエルや蛭を探そうと猛暑の昼、水田へ向かった。
自転車で向かう途中、道のド真ん中にオッサンが倒れて手足をバタつかせていた。
日光浴かと思い近付くと笑っている、ひたすらゲラゲラ笑っている…、涎を垂らし笑いながら手足をバタつかせている。
嫌なもん(知的障害者かと思った)見たと思い、帰宅しました。
その後、何故か村中騒ぎになった。
爺ちゃんが「その人はヒャクセイ(ヒャクショウ)に当てられて手遅れ」と言ってた。
炎天下の下、気が狂ったらしい。
死ぬ程怖かった。


<感想>

人間が正気を失う瞬間って、
脳のどこかが、ぶちっと切れたりするんでしょうか?



939 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/01(水) 14:12:51 ID:Ek51Yl13P

昔犬の散歩に出かけた時の話です。
散歩に出たのは夜中の0時頃でした。
川沿いの散歩コースのカーブを曲がると、遠くに1台の車が見えました。
車はリアガラスをこちらに向けていましたが、ぼんやりとルームランプが付いているのが見えました。
中の人はこんな時間に何をしているのだろう?
自殺者も多く出る場所ので、その車もそうかもしれないと思いました。
とにかく気にしない振りをして通り過ぎてしまおうと思いました。
ところが犬は川の方に何か見つけたらしく、中々先に進んでくれません。
力任せに犬を引っ張り進んでいきました。そして車の姿がはっきりと見える所まで来ると、
車内の男がサイドミラー越しにこちらをジっと見ていることに気付いたのです。

横目で伺うと、ミラー越しに男と目が合いました。
生気のない目でした。
ゾっとしました。今にも車から出てきて何かされるのではと思いました。
怖くなった僕は、犬のリードをグイグイと引いて急いで立ち去ろうとしました。
足早に車の横を通り抜けました。その間も男はじっとこちらを見ていたことでしょう。
しばらく歩いた後、男が気になって振り返ると、僕は車の中にもっと恐ろしい物を見てしまいました。
それは無人の車内でした。
見てはいけない物を見てしまったと思った僕は、2度と振り返らず全速で帰りました。
次の日、川沿いの藪からバラバラにされた男の遺体が見つかったそうです。


<感想>

この車は殺された人のものなのかな?



845 本当にあった怖い名無し sage 2009/06/29(月) 17:26:38 ID:fYJea/cG0

これも余所に登校した奴だけれど…

僕は漫画のアシスタントをしている。
現場の雰囲気にもよるが、ときおり雑談しながら作業をする。
そんなときに聞いた話。
僕は今でもその話は嘘だと思っている。
話してくれた方を仮にAさんということにしておく。

詳しい場所は教えてくれなかったが横浜方面の現場での体験談だそうだ
その現場は深夜に作業をするタイプの現場だそうで、出勤は昼ごろになる。
駅から少し離れたところに坂があり、その上にある住宅地の一角、マンションの一室だそうだ。
Aさんは話の端々で坂の長さと勾配が急であったことを強調していた。
何度もその現場に通っているうちに、いつも坂の袂、道の真ん中にに女の人が立っていることに気づいたそうだ。
ワンピースを着ていた。
美人だった。
Aさんが言った女の人の特徴だ。
原稿の都合によっては早く呼び出されることがあったそうだが、いつ行ってもその女の人はいたという。
お盆の終わりの頃の話。
いつものように現場に向かうとき、一台の車がその坂を下りてきたという。
いつも女の人が立っているのは道の真ん中だ。
気になって様子を見ていると、その車は女の人が見えないように突っ込んでいった。
「あっ!」と叫んだとき、轢かれたと思った女の人は消えていた。
通行人たちは叫び声の理由が気になるのかAさんの方を見てくる。
ぶつかるような音は聞こえてこなかったし、気のせいだったのかと思った。

[百鬼夜行]の続きを読む

785 本当にあった怖い名無し sage 2009/06/29(月) 00:55:38 ID:3zhgaNIMO

洒落にならないって程ではないかもしれませんが…
最近、母から聞いて心底ゾッとした話。

うちの父方の家系は、どういった訳か嫁が不幸になる家だそうです。
そして生まれる子どもは、何故かほとんどが男。
父から結婚後に家系図やら写真やら交えて色々教えてもらった母が言うには、
曾々祖母→夫に心身共に虐待され、夫を毒殺未遂するまでに心身衰弱、精神病院行き。
曾祖母→曾々祖母にストレス解消でいびりぬかれて、井戸に飛び込み入水自殺。
祖母→曾祖父の新たなはけ口になった上に夫からもいびられて家庭内暴力されて早死。
母→父にいびられて心身衰弱。家庭内暴力で家庭は崩壊寸前(身近で見てる)。

曾々祖母以前の代にも似たような事が色々あったらしく、それで近所で噂になっては
居を転々とするような一族だったらしい(別系もあるにはあるが、縁を切られたそうな)。
前々から親戚付き合いが少ない一族だな、繋がりが希薄な人達だって思ってただけに、
妙に納得させられた。父も叔父もかなりアレな変人だったし。
とにかく、最初は優しいが最終的に嫁をボロ雑巾にするような暴力的性格になるのがデフォらしい。
実際、父は小さい頃普通だったが小四くらいで人が変わったみたいになった。
長い歴史の中でたまーに娘が生まれても、すぐに早世するか、
十代の内に蒸発するか、狂人のような振る舞いをして笑われ者になるかの三択。


実を言うと、私は五代目ぶりに生まれた女です。
叔父にも娘はいましたが、十代の内に蒸発して行方知れず。
私はもう二十代なので、狂人にならないかすごく心配です。


<感想>

これって女性ではなく、
男性が狂人になる家系なのでは?



523 1/6 sage 2009/06/25(木) 22:53:22 ID:lHymoYev0

都内某所に住む学生です。
最初に告白しちゃうと、俺、ある有名女性タレントMさんのプチストーカーやってます。
Mさんってのはレギュラーも何本か持っていてCMにも出ている、
バラドルの中ではかなり上のランクのタレントさんで。みんなも名前聞けばすぐにわかると思う。
俺は5年前からその彼女のストーカーやってるんだけども、まあ、いっても彼女の住む
マンションの前に張り込んで彼女が帰宅するところを双眼鏡で眺める、というだけのものですよ。
中に入ろうなどとは思わないし、彼女と直接接触した事もないしね。とはいえ、
この観察ポイントを見つけるのにはそれなりに苦労したんだ。彼女が住む地上20階とちょうど
同じ高さの雑居ビルを向かいにみつけてその非常階段から、しかも人目につかない位置で
観察できるポイントを俺なりに探し出したわけ。

ま、そのおかげで彼女の大体の生活パターンは把握できた。
芸能界という不規則な職場なのでほとんどの日は帰る時間がバラバラ
(帰らない日もある)なんだけど、月曜と木曜と金曜だけは決まった時間に帰るのね。
具体的には月曜が朝の9時半、木曜と金曜が夜の10時。これは確実です。
[シミ]の続きを読む

432 本当にあった怖い名無し sage 2009/06/24(水) 13:27:12 ID:xobFSKLj0

3年前に姉が死んだ。
姉は、当時18歳だったが、
ずっと年上の不倫相手とドライブ中に
車ごと崖から落ち2人とも亡くなった。
車の中から遺書が見つかり、無理心中と断定された。

心中の理由は、相手の男の家庭の事情で離婚ができない事、
うちの両親が二人の交際に大反対をし、無理矢理に別れさせる為に
姉を父方の実家の北海道に連れて行こうとしたこと、など。
姉のまだ幼い字で書かれた遺書が痛ましかった。
なんども お父さんお母さんごめんね、と書かれていた。

男の遺書には、私の家族に対する謝罪の言葉が几帳面な字で書かれていた。

あれから3年
私たち家族はあわただしく日常を過ごしているが
姉の事を忘れた事はないが、それでも姉の居ない日々に慣れようとしていた、ある日。

ポストに切手のない手紙が投函されていた。
直接ポストにいれたのだろう。住所はなく宛名な父母宛だった。
どこかで見た、几帳面な字
封を開けると、中には1枚の白い便せんにこう書かれていた

「お嬢さんは毎日泣いています。
私にはお嬢さんを幸せにすることができませんでした。
私が至らないばかりに、申し訳ありません。
明日、お嬢さんをお返しします」


<感想>

3年も経てば、あの世でもさすがに覚めるわね。

でも帰って来られても困る…。