FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

146 通りすがりのもの 2009/02/03(火) 02:49:55 ID:2N8UQUqW0

私が通っていた大学のある町では、毎年8月に花火大会が行われます
それは異常な冷夏と悪天候が続いた年で、霧状の小雨が降る中、花火大会が強行された時のことでした

いつもは大学近くの川沿いの土手でみるのですが、低い雲間に隠れて花火がみえません
見えるとこまで行こうと、私は土手の細い道を歩き出しました

毎年大勢の人で賑やかなのに、悪天候と肌寒いせいか人影が全く見えません
さすがに不気味さが感じられたとき、前方に黄色い傘が開いた状態で、道端にころがっているのが見えました

人がいる・・・私はなんとなくホッとしました

どんどん近づくにつれ、おかしなことに気づきました
全く人の気配がないのです
川の近く、土手の上・・・辺りを探すのですが、やはり人影はありません

忘れ物か風で飛ばされてきたのかな。。。

そう考えながら、その傘に近づいていきました


147 通りすがりのもの 2009/02/03(火) 02:51:15 ID:2N8UQUqW0

つづき…

その傘を通り過ぎるとき、中を覗き込んで見ました
小学3年ぐらいの男の子が傘の中にいました

なんだ・・・やっぱり人がいたんだ・・・

ホッとして顔を上げ、何気にその後方の大きな木を見やると、
その長く伸びた木の枝に
3人の大人が、ぶら下がった状態でジッと私を見下ろしていました
驚いた私は足早にその場を離れました

しばらくして落ち着きを取り戻した後、

自殺現場に遭遇したのなら警察に通報しなくては

と思い、来た道を戻りましたが
場所すら特定できませんでした
      
前年の花火大会で小学生が、バイク事故で死んでいるのと
この土手沿いには首吊りで有名な木があると
以前先輩が話していたのを思い出したのは、その後でした


<感想>

水辺ということもあり、異界とリンクしやすかったのかも。