ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

509 本当にあった怖い名無し 2008/10/19(日) 14:26:55 ID:QQZ5vKv80

学生時代、ビル清掃のアルバイトをしていた時の話。

そこは自然に囲まれた、10階建ての施設でした。
数ヶ月後、ここに都市部から会社がごっそり移転してくるらしく、
その時はまだ、施設内で働いている人は少数。

外観はボロボロだけど、非常階段だけはハイテクでした。
省エネ対策で、人間が非常階段のドアを開けると、
センサーが察知して、上下2フロアのライトが点灯する。
で、一定時間動く反応がないと真っ暗(真の闇)になる仕組み。

若くてナマケ者だった私はそれを利用して、真っ暗な非常階段で
身動きせずに目をつむってサボってた。
人が来たら、あたかも明かりの中で掃除をしていたかのように
見せかける方法。今思うと、なんと情けない。。。

そんなある日、いつものように暗闇の中で目を閉じサボってると、
ギイギイと音がする。
チキンな上に、やましい行為をしていたので、私は飛び上がるほどに
びっくりしたが、階段が真っ暗なので誰もいないと安心した。
暇つぶしにメールを見ようと携帯を開いたら、目先の上の方に人が浮いていた。

私は悲鳴も出ないほどに飛び上がって(ここで非常階段のライトが点灯し明るくなる)
一目散に非常階段のドアを開けてフロアの方に逃げた。
仕事をさぼってただけに、このことは誰にも相談できず、数日後にそのバイトは辞めました。

今思うと、あれは浮いていたんじゃなくて、吊られていたんだろう。

心霊体験のなかった私の、唯一の出来事でした。


<感想>

しばらく一緒にいたと思うと怖すぎる…。



450 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/18(土) 18:19:27 ID:mr1q4UXW0

友人宅が新築し、泊まった部屋で
寝るため、カーテンを引いた。
部屋の電気が点いてるため、部屋が窓ガラスに写る。
シャーっと閉める瞬間、ドアの前に老婆が立っていた。

開ける気力もなく、黙って寝た。
ドアの前には誰もいなかった。

数年たって、友人の夫がその部屋のドアの前でO殺した。
その位置で。
友人には言えないまま。
長年の胸のつかえを取るためにココに書いた。
一瞬だったので老婆のように見えたが、病気でやせ細った友人の夫の
姿とダブッて仕方がない。

そこにいた自縛霊だったのか、将来の様子を見てしまったのか、
わからない。


<感想>

今もそこに友人が住んでるなら、
いつまでたっても言えないでしょうね。




392 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/18(土) 02:43:52 ID:KP9tSNK7O

携帯から失礼。

これは昨日の朝方の話しです。
最初に言っておきますが、俺はメンヘラではありません。
どちらかと言うと楽天的で前向きな性格。

それが昨日の夢を見た直後、急に変わったのがわかった。
まるで誰かに乗っ取られたように。

393 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/18(土) 02:44:35 ID:KP9tSNK7O

昨日は疲れていて、いつもより早く布団に入った。
多分眠るまで5分もかからなかったと思う、時間は2時頃。

その日は珍しく夢を見た。
薄気味悪い場所を只々歩く俺、行ったことはないけど樹海のような雰囲気。
すると、後ろから解りやすい幽霊というか、ゾンビというか、顔が溶けかかったグリーン姉さんみたいなのがぬらりぬらりと現れる。
そんなの見たら気が狂いそうなもんだけど、俺何故か冷静www
『辛かったんだね』とか訳わかんない事言ったと思うw
で、何か光る物を受け取ったところで目が覚めた。

[寝るのが怖い]の続きを読む

382 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/18(土) 01:08:25 ID:TNiIq0E40

つい最近の話

資格試験の為に図書館で勉強してて
午後7時半になったので帰宅してる最中に
見たモノとそれからの実体験です。

図書館は駅から10分ほどの場所にあるが、
人通りが少なくて空き地もちらほらある。
資料館も兼ねている為建物自体も昔ながらの
造りで夜になると周りは結構不気味な感じ。

電灯は大通りに出るまではまばらで
線路沿いの薄暗い道を歩いて駅を目指すのがいつもの帰り道に。

いつもなら閉館まで大体受験生など5人は自習室に居るのだが
その日は自分合わせて2人のみ。最後に残った人は自習室の電気を
消して帰らないといけないので早めに切り上げとこうと思い、
帰宅準備を始めてると先程まで残ってた1人も既に居ない事に気付く。

[後ろ向きの人]の続きを読む

378 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/18(土) 00:39:49 ID:slgRlGdx0

ある営業所で、取引先とトラぶって、その対処の応援として、出張した際での出来事。
(場所の明記は勘弁してください。大阪方面とだけ書いておきます。)

営業所の人と協力して、何とかトラブルの対処も終わり、その晩は、営業所の人と、
慰労会件お別れ会で、酒を飲んで、大体9時半ごろ、宿泊先にしていたホテルに戻った。

営業所の人から、おおよその報告は言っているので、明日は、朝一で本社に戻って経緯の報告をすれば、この仕事も終わる。

明日は早くに出なければならないし、今までの疲れもあるので、部屋に戻ったら、速攻でシャワーを浴びて、寝ることにした。
で、シャワーを浴び終わった後、髪形を整え、歯を磨くため、洗面台へ。

大抵、洗面台の鏡は、三面鏡じゃないですか。
で、自分、子供の頃から、両側の鏡を、水平にして、無限に同じ光景が映っているのを見るのが妙に好きだったんです。
その時も、鏡を水平にして、無限に同じ光景が映っているのを見ていた。
その時、今から考えれば、何故そんな事をしたのかは、解らないのですが、髪形を整えるために使っていた串を握って、
鏡の前で、上下に振ってみたんです。

右にも左にも、無限に櫛が上下に振られている。
で、それを何とはなしに見ていたのですが、あれっと思って左側の鏡を見てみた。

枚数はよく数えていなかったのですが、何枚(って表現でいいのかは、不明ですが)か先に映っているのだけが、
どう見て目ても櫛ではないんです。

[三面鏡]の続きを読む

356 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/17(金) 19:57:31 ID:CgXvNsUyO

まとめサイトでも似たような話あったけど

小学生の頃、祖父と松茸を採りに山に行った
採れるスポットは裏山を30分ほど登っていくと
山の神様が祭ってある神社があって、そこからまた30分位登った所
何本か収穫し、持ってきたお菓子やミカンを食べ、
しばらく山を散策した後帰る事にした
神社まで下り、もう少しと降りるんだけど一向に麓につかない
ただ下りていけばいいのに何故かその場で足踏みしている気分になる
時間は15時くらいで木漏れ日が綺麗なんだがどこか不気味だった
異変に気付いたのか祖父も無言だった
駆け降りようとすると祖父に止められもう一度神社まで戻り、
余ってたミカンを備えた
木陰でしばらく休憩し、
もう一度下りると今度はすんなり入り口までたどり着いた

当時は山の神があまり採っていくなと警告してるんだよ、
と言われ本気でビビり、山には行かなくなったが不思議な体験だった


<感想>

ミカンが残ってなかったら野宿だったのかも…。



288 1/2 sage New! 2008/10/16(木) 13:56:59 ID:8mArHdCN0

886 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/09/04(木) 23:57:35 ID:H6ASpnJbO

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら、店主がいらないと言うんだ。
「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、折詰めを二つくれた。
俺は何と言っていいかわかんなかったけど「とても残念です。おみやげ、ありがたく頂戴します。お疲れさまでした」と挨拶して店を出たんだ。
折詰めの中を見たら、餃子やら春巻やら唐揚げやらが、みっしりと詰まってる。ちょっと一人じゃ食べきれないボリューム。
面白い体験だな。得しちゃったな。と、楽しくなってさ。帰り道、友人に電話して、経緯を話してから「今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ」と誘ったんだよ。
すると、友人は変な事を言うんだ。
「その折詰めの中身、食ったのか?」
「食ってないよ」
「いいか、絶対食うな。それから、絶対アパートに戻るな。そうだな、駅前のコンビニに行け。車で迎えに行ってやるから」
「どういう事が全然わかんないんだけど」
「説明は後だ。人のいるところが安全だ。コンビニに着いたら電話くれ」
とにかく俺はコンビニに向かったよ。で、友人に電話した。「着いたよ」
「こっちももうすぐ着く。誰かに後を付けられたりしてないか」
「えーと、お前大丈夫か?」
「それはこっちの台詞だな」
それから、友人と連絡が取れなくなった。携帯がつながらない。
小一時間、コンビニで待ってたけど、友人は現れない。
友人が言った、絶対アパートに戻るな、というのが、何故か頭に残ってたから、ネットカフェで朝まで過ごし、始発で実家に帰った。
いまも実家でゴロゴロしてる。
他の友人に尋ねても、そいつとは連絡が取れないそうだ。
そろそろ学校も始まるし、友人の消息も気になる。
折詰めはコンビニのゴミ箱に捨てた。

[折り詰め]の続きを読む

209 本当にあった怖い名無し 2008/10/15(水) 16:58:52 ID:imXCfoWUO

大学の友達(女)から聞いた話だ
その友達の地元の先輩(これも女性)が被験者でかなり激しい内容だが事実らしい
分かり易くその先輩目線で書き込まさせて頂きます

210 本当にあった怖い名無し 2008/10/15(水) 17:00:08 ID:imXCfoWUO


ある日私たちはサークルの先輩たちと地元じゃ有名な心霊スポットへ肝だめしに行くことにしました
メンバーは男の先輩2人、私、友達(女の子)の4人です
私と友達は後部シートに乗り込み、Aさんの運転で向かいました
場所はありがちな洋館の廃墟なんですが、到着するなりかなりアブない空気なんです…
恐る恐る洋館に入ると、いきなりエントランスで赤ちゃんがハイハイしてるんです!
同時に「キャハハハハ…キャハハハハ…」という女の子の笑い声が!
見上げると、少女が二階の踊場からこっち見て笑ってる!

211 本当にあった怖い名無し 2008/10/15(水) 17:01:30 ID:imXCfoWUO


私たちは無我夢中で走って車に戻りました
Aさんが急いでエンジンをかけ、ライトを点けるとさっきの少女が車の前にいるんです!
ナビシートのBさんが「轢き殺せー」と叫び、
Aさんは「うぁぁぁぁああぁああー」とアクセルを踏み、少女をはね飛ばしました

「やったか?!」と思った瞬間でした

「キャハハ…ヤッチャッタネ…」とナビシートから声がして驚きました

ナビシートには少女が座っていたのです
Bさんになりすまして

急いで車を降りた私たちは激しい虚脱感に捕らわれました

はね飛ばされたのはBさんで、呼吸も鼓動も無くなっていたのです

少女は車から姿を消していましたが、
「キャハハハハ…キャハハハハ…」という笑い声だけは暫く響き渡っていました

212 本当にあった怖い名無し 2008/10/15(水) 17:04:21 ID:imXCfoWUO
3人はすぐに病院を探し、Bさんを運んだらしいが、間に合わなかったらしい

うさんくせーが、Bさんが死んだという事実だけは変わんないんだよな

俺の人生で聞いて来た話の中でもかなり上位の怖い話だと思う


<感想>

どういういわくのある洋館なんだろ?




111 本当にあった怖い名無し sage 2008/10/14(火) 15:05:34 ID:1Y8m1Afy0

去年の話。
丁度今の季節に、ウチは親友と二人でとあるバンドの夏ライブツアー全ヵ所制覇にやっきになってたんよ。
二人して半年かけて貯めた金をこのツアーに全てつぎ込み、燃える夏を過ごしてた。
で、実はこの親友がかなり見える人で、ウチもだいぶお世話になったりしてたんだけども、
その日、地方のライブでなんとか見つけた旅館に泊まれることになって安心してたのね。
ライブが終わってその旅館に行って、受付済ませて、中居さんに案内してもらった部屋に入った瞬間、
親友が「げ」って言ったんよ。
もちろん中居さんにも聞こえてて、ウチがどうしたん?て言う前に中居さんが「どうかなさましたか?」って
尋ねたのね。
したら親友が「あの…まぁ…なんて言うか、他に部屋ってないんですよね?」って遠慮がちに言い出して
それ聞いた時、ウチは悟ってしまって。
当然、夏の娯楽シーズンに宿が取れただけでもマシな状況で中居さんは
「申し訳ありません。本日は満室になっております」って言うわな。
「あぁ…じゃあ…うん。…いいです」ってあきらめて親友が言ったんだけど、どっちかって言うなら
ウチの方が凹んでて。
仕方ないから荷物置いて、買ってきたペットボトルのお茶飲みながら、今日のライブについて話して
盛り上がってたんよ。

[はしゃぎすぎ]の続きを読む

97 魚 ◆M7c0oNJWAY sage 2008/10/14(火) 08:16:07 ID:EPE9Q6DoO

どうも、初めて書かせてもらう。

俺は居酒屋で働きだして二年になるフリーター。 バイト先は地下に有る。

働き始めは余裕が無く、周りを観察したり等は出来ず、ただただ仕事をなんとかこなすだけだった。

やがて余裕が出来、バイト仲間と色々話すようになった。

くだらない話しをしている内に、なんとなく怖い話しになって行き、この店の怖い話しになった。

この店は出るって有名だよ と、ベテランのホールスタッフ(♀)が言っていた。

零感な俺は 「お、もしやしたら心霊体験できんじゃね?ww」 と、軽く考えていた。



そんな話しをしたのも忘れかけた頃、調理場にKさん(♀三十路)が新人としてやって来た。
このおばさんがバリバリ見える人だった。
[ビジョン]の続きを読む