FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

516 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/07(月) 16:58:44 ID:hjhO8NKN0

厨房のころ、年寄りの先生から聞いた話。

実家のあたりは未だにコンビニすらない田舎だが、先生が子供の頃はそれはもう山奥、という感じだったそうだ。
四面を山に囲まれ、見渡す限り田んぼで、6月のこの時期はカエルの合唱やらホタルが凄いらしい。
(ちなみに現在も凄い)

田植えも済んだ頃、先生はまだ暗くなりきってない夜の農道を歩いていた。
見回りが子供の仕事だった。
ぶらぶら歩き、何個目かの田んぼを覗き込もうとしゃがむと、少し離れたところから何かの足音が聞こえてきた。
ドタドタとした…たとえるなら、太った人が裸足で歩いているような感じだった。

『なんだろ?』

猪だと危ないので、しゃがんだまま息を殺した。
音のした方を見てみると、草むらごしに何かが走っているのが見えた。
長い髪でやたら太い手足の(恐らく)女が、蜘蛛みたいに四つん這いで走っていた。
前方を見据え、頭と背中は動かさず、直角に曲がった手足だけが凄い勢いで動いていた。

あまりの出来事に呆気に取られていると、それは川の方から山の方へ走り去っていった。

先生は驚いたが、まだ子供だったので『すごい生き物がいるものだな』程度にしか思っていなかったらしい。
大人に聞いてみても誰も知らないというので改めて怖くなったが、祟りだのといったものはなかった。

『しゃがんでたから良かったけど、もし見つかってたらどうなってたんだろうな?』

でこの話は終わった。

子供が農作業を手伝わなくなるといけないので、あまり子供には話さないらしい。


こないだ実家に帰ったら思い出した。
九州の話でした。


<感想>

エサは何なんでしょうね?(汗)




509 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/07(月) 13:55:20 ID:mg3wRtE2O

あれはなんだ?

弟の一声に顔をあげた

趣味は廃屋巡り
関東一円の廃屋に出向いては形ある物が朽ちていく過程を見るのが楽しい
ちなみに幽霊とかその類は興味ない、とゆうよりあまり触れたくない
が廃屋を探検していると不可解な現象や怖い思いをする事もしばしあった

そして踏破数24件目の寂れた廃病院で気味の悪い物をみつけた

弟の声で壁に掛かれた落書きを見ていた俺は振り向いた
ステンレスの台車がある以外は特に何もない
その異変に気付かない俺を煽るように弟は
「一番奥の天井」とだけ言った
目を凝らすと千羽鶴が吊り下がっているだけ
なにが変なのかわからない
もう一度聞き返すと合点の行く返答が帰ってきた
「廃院してから3年も経つのに鶴の配色は新しすぎない?」
確かに千羽鶴の鮮やかさは不自然だ
確かめたい、そう思い廊下の突き当たりまで行ってみる


[千羽鶴]の続きを読む
475 本当にあった怖い名無し New! 2008/07/09(水) 20:54:02 ID:JhYAlcOsO

おれがすごく小さい時の話。
ある日おれは両親と旅行に行った。どこ行ったかは忘れた。
泊まったところは何のヘンテツもない、安くも高くもないホテル。そこに3日ほどいたわけ。
夜になっておれは寝たわけだけど、親は二人でどっかに飲みにいってしまった。小さい子どもを部屋におきざりかよ!?って今になっておもう…w
事件はそこでおきる。
深夜に、たぶんトイレかなんかだろうね、おれはふと目を覚ました。
そしたらチラッと窓のほう見たら女の人がいたんだ。窓の外にね。
部屋は1階じゃないし、ベランダもないから明らかに変な状況だけど不思議と怖くはなかった。
子どもだから、それが幽霊かもしれないとかは考えなかったんだろうね。 それにたしか、心霊関係の番組の再現ビデオにでるような恨めしい顔してなかったような気がするし。
そんな感じだからおれは窓を開けたんだよ。
そしたら女はなんかフツーに話してきた。『何歳?』とかね。怖いと思ってなかったおれはフツーに答えたりしてた。
んで、いつのまにか寝てた(てか昔の話だから)寝るまでの記憶があいまい。

[証明]の続きを読む
415 神童 2008/07/03(木) 23:46:01 ID:M6lX8nC+O 流れぶったぎって悪い

怖くない話をさせてもらう

俺が育った四国のとある村の話

親の仕事で3年間住んだ村
閉鎖的で且つ人口も少ないし集落と言っても過言ではないかも
その状況下だからかわからんが斜視の人の割合は多かった
多分限られた人口で繁栄してきたんだろうな
血が濃いのだろう
顔が体が手が今まで見てきた日本人とは少し違う
そんな村

毎年、盆の納涼祭で地元の神社で催し物をやるんだ
これがちと異色で色んなお面をかぶった大人達が太鼓に合わせて踊る
踊りとゆうよりは太極拳みたいなゆっくりとしたペース
そして一通り踊ると前にあるキャンプファイアの火に
和紙で折った人型の折り紙を次々入れていく
入れていった順に塩を掛けられた後
神社の中に入っていった
良く見るヒョットコや狐もいた

途中からなんか不安な気持ちになってきて
なんでだろうと思っていたらなんの事ない
みんなつまらなさそうなうらめしそうな顔していたんだよ

後半につづく

416 神童 2008/07/03(木) 23:48:21 ID:M6lX8nC+O

んで最後のが特徴的であまり見ないお面の人が同じく踊り
上に着ていた着物に人型の折り紙を包んで火に入れると神社の中には入らず家?に帰っていった
そのお面がカッパそっくり妙にリアルでまさに爬虫類だった
気になったのが最後の人が踊っている時だけ周りの人みんな泣いてた

家族と一年目は行ったんだけど二年目からは行かせてもらえなくなった
子供心にもなにか思い当たる節はあった

最後にカッパのお面をしてた大人は4件隣のじいさま
それから見なくなったんだよな

生け贄って言葉を本気で信じそうになった

大人になった今調べようと思えば調べられそうだが
なんとなく嫌な予感がするからやめといたが
オカ板のおまえらなら何か知ってるかもしれないから投下しとく

ちなみに神社の裏に10メートル四方くらいの沼があり大人曰く底なしらしい
よく近づいて怒られたものだが今になって考えるとカッパのゆえんはアレ
池のほとりにしめ縄してたしオカルトは間違いない

乱文失礼しました


<感想>

生贄というか、安楽死的な?

沼に沈められたら苦しいから安楽ではないけれど…。




412 1/3 sage 2008/07/06(日) 04:22:02 ID:L0Qzo9jjO

友人と湖の近くのペンションに泊まった時の話。
四時間の車移動を終え、ようやくペンションに到着して中に入ったところ、暖炉脇で誰かが倒れてるのが見えた。
慌て駆け寄るとなんてことはない、マネキンがうつ伏せで置いてあるだけだった。
前の客のイタズラか。とにかく気持ち悪いので、マネキンは倉庫へ移動。
とりあえず友人は夕食の買い出しに向かうというが、俺はすごく眠かったので一休みすることにした。マネキンが気になったが。

413 2/3 sage 2008/07/06(日) 04:30:10 ID:L0Qzo9jjO

よっぽど疲れていたのか、横になるとすぐに眠りにおちた。
夢を見た。
自分は湖にいて溺れている。もがくたびに水が気管支に入る。岸があんなに遠くに見える。
夢とは思えないぐらいの苦しさ。もう駄目だと思ったところで目が覚めた。

悲鳴を上げそうになった。
倉庫にしまったはずのマネキンが俺の上に乗っていたんだ。ゴロンと転がるマネキン。
開かれた目は無表情に宙を見つめている。

414 3/3 2008/07/06(日) 04:34:13 ID:L0Qzo9jjO 後のことはあまり覚えていない。とにかく夢中で外に飛び出し、友人の車が帰ってくるまで外で震えていた。
友人が帰ってきたら事情を話し、速攻で宿泊先を変更。

もう三年も前の話だ。


<感想>

ありえないものがあるっていうのは恐ろしいですね。



323 本当にあった怖い名無し sage 2008/07/02(水) 17:40:27 ID:S1M4sV+R0

以前田舎に帰ったときに聞いた話です。
慣れていないので長文・乱文はお許しください。

その地方の猟師の家系は子どもの頃から捕った獲物の数を数えて、
それが千匹になるごとに簡単な塚を建てて供養しているそうです。

昨今は猟師自体が減っているのでそうそう塚が増えることもないのですが、
今でも猟師を職業としている方はもちろんいますので、
大々的な地域の供養(お祭り)の他に、
猟師会や個人の供養式が行われることもあるそうです。

しかしこんなご時世ということもあり、昔じゃ考えられないことだったそうですが、
オカルトはまったく信じない!というタイプの猟師が塚を一切建てなかったそうで、
それでも普通なら家族の誰かが代わりに供養するものなのですが、
一家揃ってそういうタイプの人間ばかりだったようで一切供養を行わなかったそうです。
(その家の祖父母はきちんと塚を建てていたそうですが早くに亡くなってしまいました)

その猟師さんは主に狐の毛皮を捕っていたということで、
地域の人たちは動物霊の中でも特に強い狸や狐を甘く見てはいけない、
絶対祟りがある、と口をそろえて言っていたそうです。


だらだらとすみません。続きます。


324 323 sage 2008/07/02(水) 17:55:18 ID:S1M4sV+R0

その猟師さんが3年前に肺炎をこじらせて亡くなったそうなのですが、
晩年関節リウマチがひどく、手足は酷く変形し、
猟にも出れずほぼ寝たきりだったので手足はやせ細り、
最後までリウマチの痛みに苦しんでいたそうです。

そして、
棺桶に入ったその猟師を見た猟師仲間がぽつりと発した一言で
葬式の場にいた人たちはみな凍り付いたと言います。

「死に様がまるで撃たれた狐みたいじゃないか・・・。」

関節リウマチで変形した手は狐の手のように先細り、
膝や手首も狐が手を下げているように不自然に曲がり、
猟師仲間の言ったように、
その遺体は狐の死体そのもののように見えたそうです。

遺族はその一言に恐怖を覚えたのか、
その後立派な供養塚を建てて供養式もきちんと行ったそうです。


<感想>

製薬会社も、ちゃんとGの供養をしてますしね。

あれが祟ったら最恐だと思う(汗)。




215 本当にあった怖い名無し 2008/06/28(土) 01:50:59 ID:50mGz1iqO

ガキの頃、毎年一回、夏休みに田舎のじぃちゃん家行くのが楽しみだった。
じぃちゃん家は築100年ぐらいの田舎の武家屋敷。離れはあるし、蔵もある。
ただ、気になっていたのが『開かずの間』があった事。
でっかい南京錠がかけられてる。
小6の夏休みに行った時、従兄弟と蔵でかくれんぼしてたら、偶然南京錠の鍵を見つけた。
たかが鍵やのに、桐の箱に入ってた。
早速開けて探検しよう!ってなって、従兄弟と2人、開かずの間へ向かった。
南京錠を外して扉をゆっくり開けると、いきなり、下りの石段があった。
明かりも無かったから、よく見えなかったが、2メートル程、下っているのが判った。
その時はビビって、明日の昼間に懐中電灯を持って、もう一度来よう!って事になって、その時は扉を閉めた。

[開かずの間の箱]の続きを読む
148 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/06/26(木) 21:50:53 ID:PwcWcluv0

あの日、俺は友人と駅のホームで待ち合わせていた。
東京の中央線、某駅でのこと。
知り合いのバンドが出演するライブがあって、チケットは
友人が持っていた。
どれくらい待ったかな、20分くらいか。
ずーとベンチに座ってたんだが、ちょっと気になることがあった。
ホームの先頭に、サラリーマンらしき中年男がいた。
あれっ?電車乗らないのか。俺と同じで誰かと待ち合わせか?
そんなことをぼんやり考えていると、ふと気味の悪い思いが頭をよぎった。
まさか・・・・飛び込み・・・
ちょっと緊張してきた。考えすぎだと自分に言い聞かせながら、
その中年男から目が離せない。
やっぱり駅員に一声かけた方がいいかな、などと思いつめていると、
電車を降りた友人の姿が目に入った。
俺はその場から逃げるように、友人のいる車輌に走り込んだ。

ライブが終わって、居酒屋で知り合いと飲んで、電車に乗ったのが
11時過ぎ。最寄の駅(待ち合わせした駅)で降りた時、
俺はすっかり夕方のホームでのことを忘れていた。


149 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/06/26(木) 21:53:21 ID:PwcWcluv0

ほろ酔い気分でホームをノロノロ歩きながら、何気なく後ろを振り返った。
多分頭の隅に男の記憶があったのかもしれない。

嘘だろ。
酔いが醒めた。
ホームの先頭に、夕方見た男がいた。

俺と目が合ったのか。
こちらに向かって手招きした。

俺は走って逃げた。


<感想>

死者だったのかな?


47 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/06/22(日) 16:36:25 ID:57BxtshI0

先週末に脚を骨折しました。
昨日、友達との電話でほとんど寝たきりで退屈だとこぼしたら、
今日のお昼頃に見舞いに行ってやるというので
二階の自分の部屋で寝て待ってたんです。
襖がそっと、少しだけ開いたんで、来たかと思って見てみると
開いた隙間の一番下から覗いてる顔があり目が合いました。
悪戯で階段から首だけ覗かせてるんだろうと思い、
(私の部屋は階段を上がった端)声を掛けようとしたら、
ズルズルと後退していきそのまま消えてしまいました。
しばらくして友達から、玄関を開けてと電話が入り、
ギプスした脚で何とか階段を降りて玄関を開けました。
玄関の鍵はちゃんとかかっていました。
友達に頼んで、家の中を捜索してもらいましたが、
私と友達以外に隠れている人はいません。
怖くなって一人になりたくなかったので、
友達にはお母さんが帰ってくる先ほどまで居てもらいました。

この話を母にすると、猫じゃないの?と言うんですが
猫が引き戸を開けられるものでしょうか?
それにあれはどう思い出しても猫の目じゃ無かった。
トイレに行くのにも不便だし、という理由で
今日から私の部屋のちょうど真下の
物置きにしてた部屋で寝るんだけど、
何かあるんじゃないかと不安です。
夜、一階で寝るのは私しかいない。


<感想>

骨折したら急に現れたというのが嫌ですね。

そいつのせいだったりして…。


84 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/06/22(日) 22:04:20 ID:Dp5eMURsO

余り怖くなかったら
ごめんな。

俺は加古川で賃貸不動産の仲介業を営んでいる。昨年格安の文化住宅を一棟買って、内装してまた貸し出そうと思ったんだが、
信じられないような不吉な出来事が次々と起こった。
まず内装業者に壁紙と天井板の張り替えを依頼したが、
発注して2日後にその業者が発狂したように電話で文句を言ってきた。
ある部屋だけ、壁紙を張り替えても張り替えても人の顔が浮かび上がってくると言うのだ。
1日目その工事をして帰宅途中に車がハンドルを取られ川の土手におちたらしい。
2日目に昨日張り替えた壁紙にぼーっと女性の恨めしい顔が浮かび上がってきたので、
その壁紙を外したとたん、壁土が落ちてきて、
その中から長い古びた女性の髪の毛がひとかたまり・・

後日、以前の所有者を
辿って調べてみると
病気を苦にその部屋の壁に釘を打ちつけて首釣り自殺をした女性があったそうだ。

なぜ髪の毛が壁土から出てきたのかはわからない。


<感想>

こんなところには誰も住めませんね。