ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています

378 キモロン毛 2008/01/13(日) 19:07:35 ID:uepSPbt90

現在進行形の自分の話なのですが・・・・・・・長くなりますが聞いてください。

俺は現在30歳の地方で会社員をしている♂(独身)です。
話は3年前に遡ります。
当時今勤めている会社とは別の前の会社に新入社員の女の子が入社してきました。
その子は清楚な感じの髪の長い(腰ほどもある)女の子で、俺自身もひと目で惚れ込み、どーにか仲良くなろうと色々アプローチしてみました。
その甲斐あってか、3ヶ月経たない間に俺達は付き合うようになりました。
その子(Mとします)は気持ちのとても優しい子で、真剣に俺を好いてくれました。
ただ、俺と付き合うまで彼女には彼氏がおり、その彼氏にかなり精神的にも肉体的にも負担させられていたらしく、悩んだ上で彼氏と別れ
俺と付き合うことになったと言う過去もありました。
その事が、彼女自身を苦しめていたことを俺はなかなか気づいてあげられませんでした。

そして、彼女は精神面でも俺にどんどん依存してくるようになり、その頃から俺達は少しずつギクシャクし始めました。
離れてほしくないためか高価な物を俺に貢ぐようになり、断ると泣き、喧嘩になる・・・・
この繰り返しで俺の気持ちはどんどん冷めていき、ついには別れる決心をするまでになりました。

お互いの為にならないから別れよう
付き合いだした頃は幸せだったけど今はその気持ち、重いんだよ

こう言ってMを突き放し、別れることになりました。
僅か交際期間3ヶ月という短いものでした。
勿論俺も彼女は人として好きでしたし、俺とは別の彼女の重さを支えきれる人と交際して幸せになってくれれば、と思っての別れでした。

[想い転じて・・]の続きを読む

265 本当にあった怖い名無し sage 2008/01/11(金) 13:28:00 ID:tf7uBZH/0

現在、私が勤務している病院についてですが・・・
この病院はとても歴史があり、以前は結核療養所として使われていました。
戦前から有ったとの記録があるので、戦時中も病院として使われていたと
思います。

昼間に病棟で勤務している時は特に問題ないのですが・・・
当直時に当直室で寝ていると、夜中の2時ごろに中庭からスコップで何かを
埋める様な音が聞こえてくる事があるのです。
飛び起きて中庭を見ても何もないのですが、音だけが響いてきます。
(暫くするとおさまるので放置しているのですが。)
あと当直室で誰もいないのに急に耳の後から大きな声をかけられた事が
ありました。「何も変わらない!」と言う声でした。ビックリして飛び起きました。
当直室の外を、影だけが歩いていた時も有りました。

色々な病院を回って来ましたが、今ほど不思議な体験が出来た病院は
ないので、とても喜んでいます。


<感想>

怖いことが好きな方にはパラダイスですね(笑)。


57 本当にあった怖い名無し sage 2008/01/08(火) 03:41:14 ID:BwpMeeNd0

甲府方面にある旅館に泊まった時の話
長文になりますので長いの嫌いな方スルーしてください。

俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、
記念にと思い電車で旅行をした時の事。

特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所も適当に
確保するという感じの旅行だった。
初日は山梨方面に向かい、なんとなく清里で降りて
ホテルに泊まった。

次の日、ホテルを出て富士山方面に電車で向かった。
甲府駅で降り、城跡を見たりして夕方近くに再度電車に乗り込み
静岡方面へ。
途中で温泉街を見つけたため、その日の宿を探そうと
電車をおり駅においてある案内板で旅館を探し電話をした。
近場の旅館やホテルは満室だった為、温泉街から少し離れた宿に
電話をして空室を確認し迎えに来てもらった。

迎えの人は30分過ぎても来ず、1時間後に軽のワゴンで
到着した。この時点で少し嫌な感じ(霊的な意味ではなく、失敗したかなと。)が
したが、迎えに来てもらっている手前何も言わずに車に乗る。
車はきれいなホテルや旅館を尻目にずっと進み、山奥の方へ。
周りには川しかない環境で不安は更に増していった。


[旅館での一夜]の続きを読む

12 本当にあった怖い名無し 2008/01/07(月) 15:50:22 ID:WuKYoGkC0

年末にずっと伏せってたアニキが死んだ
去年、彼女と8日間失踪して、アニキだけ戻ってきてから衰弱して、ずっと寝たきりだった。詳しくはあとで書くが、彼女は行方不明のまま警察は捜査を打ち切った。
アニキは、寝る以外は大学ノートになんか一心不乱に書いてたんだが絶対俺らには見せてくれなかった
死んで初めてそれを見て、親父もママも死ぬほど驚いて、年明けたら警察にそのノート見せに行くと言っている。だから、全部こっそりコピーしてきた。
今までアニキが絶対言わなかったことが全部書いてある。俺は丘板は完全ロム専だったが、常駐してる鉄板はこんなスレないので(当たり前ww)こちらに失礼します。


[兄貴が残した手記]の続きを読む

983 本当にあった怖い名無し sage 2008/01/07(月) 13:20:41 ID:vwVlk4p90

じゃあ自分も病院関連の話でもしようかな。

自分と母親は職種は異なるけど病院に勤務している。
あ、ちなみに別々の病院ね。
この前母親にそっちの勤める病院にまつわる話とか無い?って聞いてみた。
そしたらこんな話をしてくれた。母曰く。
「患者を運ぶ方じゃなくて、給食運搬用のエレベーターなんだけど、
同じ病棟の看護婦さんが、給食のワゴン返しにエレベーター呼んだんだって。
でね、地下の給食室からハコかせり上がって来るでしょう?
チーンって音がして目の前で扉が開いたんだって。
そしたらね、エレベーターの中にね…
防空頭巾を被った人たちが所狭しと座ってて、その看護婦さんの事睨んだんだって。」
うへぇ…と思ってると更に続ける母。
「それだけじゃないのよー。夜中に看護婦さんが見回りに行くでしょう。
給食のエレベーターの前を通ったらハコがせり上がって来る音がするの。
夜中の12時過ぎてんのよ?給食室になんて誰もいない筈なのに。
で、(えー?なになに!?)って思って看護婦さんそのまま見てたんだって。
そしたらガーッと扉が開いたの。でね、何が乗ってたと思う…?」
一体何!?と思ってると母が追い討ちをかけた。
「車椅子。車椅子がね、給食用のエレベーターからひとりでにこう…
キュルキュルッ…って音を立てながら出てきたんだって。
人?乗ってるわけ無いじゃない給食用のエレベーターだよ?
無人の車椅子がキュルキュルッって…。看護婦さん叫びながら逃げ帰ったって言ってたよ。」

その他にも「食事制限かけられて満足に食べられないまま亡くなったお婆ちゃんが
給食のエレベーターの前でじっとしてるのを見た」だのそんな話もしてくれた。
現在、母の勤務先における「なるべくなら近寄りたくないスポットBest3」は、
3位・透析室
2位・霊安室
そして堂々の第1位が給食用エレベーター…だそうだ。


<感想>

暗くて狭くて落ち着くのか…な?(汗)



935 本当にあった怖い名無し sage 2008/01/06(日) 22:35:09 ID:4YkjkUB30

こういう時に投下してみたりする。

夏の日の朝煙草を買いにチャリでコンビニまで行って、その帰りの話。
朝の空気が爽やかだー。今日から2連休だし、今日は買い物でも行くかなぁと
そんな建設的な事を考えつつ家までの道を走っていた。
そうしたら、前の方から小学生5~6人がランドセル鳴らしながら走って来るのが見えた。
ランドセルって背負いながら全速力で走ると凄い音するよね?
箸箱だのペンケースの中身だの色んな物がカチャカチャいう音。
それが一人じゃなくて数人。
朝っぱらから元気だなぁ…って思いながら、自転車漕いでた。
段々と小学生達と自分の距離が近づき、
子供達の顔がはっきりと見える位まで接近した。
見るんじゃなかった。
だって全員顔が潰れてたんだもん。
子供達はそのまま走って自分を追い越していった。
遠くの方から子供の甲高い笑い声が幾重にも重なって聞こえてきた。

心臓をバクバク言わせながら、どうにか家に戻った。
その日はそれから一歩も外に出ることが出来なかった。


<感想>

過去に集団登校の列に
車が突っ込んだ事故でもあったのかも?



小学校3年生の時の事だ。
ある日、1人で部屋にいる時に不気味な物を見た。

留守番をしながらピコピコとFF4をやっていた時だ。
一瞬、視界の左上の方を白い何かが通り過ぎるのが見えた。

すぐさま、左上に視界を向けたが、何も無かった。
あぁ、気のせいだと思いながら、ゲームをやろうと
コントローラーを握り直した時に、後ろの方に悪寒を感じた。

バッっと後ろを振り返ると、天井の壁の角に
白い顔をした黒目だけの女が張り付いていた。
そいつは、俺と目があうと口を横に広げニタァーと笑った。
(口は明らかに、裂けているようだった)
次の瞬間、ガサガサっと壁をそいつは素早く移動し始めて、
俺の方に向かってきた。

無我夢中で俺は部屋の窓から外に飛び出し、
近くの友達の家にダッシュした。

今は、そこの家を引っ越したが
怖くて部屋に1人でいることは出来ない。
白目がなく、黒目だけだったあの顔が今でもトラウマだ。


<感想>

壁を這う奴なんて、ゴキブリでも怖ろしいのに…。



342 猫大好き 2007/12/25(火) 21:01:23 ID:rfCmu3aG0 黒猫

去年の冬の話です。
当時、母親と二人暮らしで、黒猫を一匹飼っていました。
この黒猫はとても私になついており、コタツに入り、パソコンをしているといつも膝の上に乗ってきて
ゴロゴロする、とても可愛い猫でした。
その夜も夜遅くまでパソコンで暇つぶしをしていると、いつものように猫がやってきたようでした。
パソコンに夢中でしたから、気配を感じるものの、その姿を確認することもなく、モニターから目を離しませんでした。
私の背後で何やらゴソゴソしているようでしたが、そのうち私の腰に擦り寄るように、そして徐々に
膝の上へと移動してきました。
(またきたか・・・重いなあ・・・)
など、多少疎ましく思いましたが、やはり可愛い飼い猫ですから、重いのを我慢してそのまま膝の上に
いさせてやることにしました。
パソコンをしていない時は撫でてやったりするものですが、依然私はパソコンに夢中でモニターに釘付けで、
当然両手はキーボードとマウスを操作しています。

しばらくした時・・・
「ニャーオ」
と猫の声がします。
(え!?)
私は声の方を振り向くと、部屋の隅に黒猫が座っていました。
ただし、まだ膝の上には何かが存在する感覚があります。黒猫以外の何かが。
ここで初めて自分の膝の上の何かを目視しました。
それは生温かい、男の頭でした。
真っ黒な髪の毛に覆われ、目を大きく開いてこちらを見ていました。
首から下は何もない、頭だけ・・・


<感想>

撫でて欲しかったんだろうな…(汗)。







839 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/12/14(金) 15:41:46 ID:LKqSJ/BrO

長野でキャンプしてた。美しのそばで。
テントで三人で寝てたんだけど、夜中の4時頃目が覚めたんだ。
俺は端っこで寒かったし、しばらく寝つけなくてぼぉっとしてたら、反対側の入口のとこのテントとフライの間になんかいんの。
黒っぽい塊なのね。微かに外が明るくなってきてて、なんとなく見える。
向こう側はゴミ置いてるし、猫が来たかなぁと思ってたら、塊が下のジッパーをジジジッっと開けた。
びっくりして固まってたら、寝てると思ってた塊に一番近い奴と目があった。
起きてた。口と目見開いて震えてるの。金縛りっぽい。
塊がずっと入ってきた。俺はたまげて声上げて、枕元のヘッドライトで照らしたんだ。
ひゅっとテントの外に消えました。
怖かったから、全員で起きてテントの中で飯食ったのだけど、端っこの奴の脅えかたは普通じゃなかった。
俺が見たのは只の黒い塊だったけど、そいつは腐った人の顔の周りに髪と指が絡み付いたようなものだったって。
俺達は怖かったけど、次の日もそこで寝た。もうなんも起こらなかった。
後日、そのキャンプ場の小屋で腐乱したばらばら死体が出たのをニュースで見た。
なんも起こらなかったけど、怖かったなぁ


<感想>

決して見つかることのない何かを探しているんでしょうね。



804 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/12(水) 19:36:26 ID:K9WiZ68UO

幽霊かどうかは分からんが死ぬほど怖かった体験があるので書き込んでみる

専門学校の帰りの電車の中での話

ある都営線の終点に住んでるんだけどいつも通り学校終わって帰りの電車に乗り込んだ
新宿駅だったから無茶苦茶込んでたんだ

でも終点二つ前のN駅辺りで一気に人が減る訳
んでも残り二駅だし座らないでドアの前に立ってた
そんで次の駅に向かう間かな
俺の右後ろの座席に女の人が座ってた
最初は窓の反射でチラっと目に入っただけだったんだけど
よく見たら変な服装してる。
ツバの広い黒いハットに黒のベストで黒い手袋。さらには真っ黒のロングスカート
外国映画の葬式のシーンに出てくる人みたいな
しかもものすごいガリガリで正に骨と皮だけって感じ
内心気味悪いとか思いながらも興味を引かれてチラ見してた

そんなこんなで見てたらちょうど終点一つ前の駅を出発したんだ
『あぁ次だ』とか思って駅表示の電光板を見てから女の方に目を戻したら女のいた席は空席だった

[女]の続きを読む