ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
129 小心者の初心者 2007/04/22(日) 08:50:47 ID:uadlivea0

いきなり飛び入りすいません。初めて書き込みます。
長いのでスルーして下さっても結構です。ちなみに私の体験話です。

では・・・
この話は、地元の心霊スポットとして有名なトンネルに行った時の話です。

そこには遠足や、ちょっとした遠出での寄り道として普通によく通っていました。
随分前ですが、中学生の頃、遠足でそこを訪れた時、友人3人と並んでそのトンネルを通りました。
中は薄暗いのですが、そんなに距離もないしいつも通っていると言う事と、
普通に何人もの人が通っていたので、特別恐くはありませんでした。

ところがトンネル内の途中で、一人で歩く4~5歳程度の男の子を見つけました。親も居ないみたいだし、つい目で追っていました。
その子からは嫌な感じはなく・・・寧ろ温かいような懐かしいような感覚がその時したと思います。
ですが、その時は特に気にせず、そのまま出口に向かいました。

そろそろ出口付近だと言う所で、今度は白いワンピースを着た髪の長い女性を見かけ、
この時はなんとなくですが「あぁ、この人は生きてない」そう思ったんです。
その人は悪寒の塊のような感じがして、体全体が彼女を拒否しているかのようで、ともかく気持ちの悪い人でした。
と言っても、顔は見えてません。ぱっと見は綺麗そうでした。
雰囲気が気持ち悪いのです。

そしてその人を通り越した所で、何故か凄く後ろを振り向きたくなりました。
背中はゾクゾクと寒気が走っているのに、駄目だと脳が訴えているのに、
どうしても後ろが気になるのです。

[トンネルでの攻防]の続きを読む

309 本当にあった怖い名無し 2007/04/02(月) 17:11:14 ID:nIeJHX0L0

学生の時の先輩の体験から

G県のY町(Tトンネルとかある結構心霊スポットとしては有名)の峠があるんだが、、
その峠は基本森だから薄暗い、登って下る距離的にも結構ある。
人によっては気味悪い感じもするかもしれないが、地元なので先輩にとっては普通だった。
先輩はいつも通りバイトの帰りにその峠をバイクで家に向かっていた。
途中頂上付近を走っていると日が暮れかかったころなのに一人で歩いている女の子を発見した。
普段人なんて滅多に出会わないし、もう暗くなるし、後ろ姿がちょっと可愛く見えたりでバイクを止めた。
その子は見た目高校生くらいで特別変わった様子はなく(こんな時間に歩いているのは不自然だが)普通の子だった。
先輩 「なんでこんなとこ歩いてるの?」
女の子 「家が峠下りたらすぐだから」
先輩 「俺も峠下りるから乗ってく?」
女の子 「うん」
ヘルメットはないけどこんな所だから大丈夫だろうって事で2人で峠を下り始めた。
女の子はバイクに慣れてないみたいでキャーキャー言ってるw
しょうがないんでゆっくり走りながら峠を下った。
話を聞くと姉と2人暮らしということなのでどんな子なんだろうとワクワクの先輩。
峠を下るとホントすぐに家があり、女の子は「ここだから」と言う。

[妹と姉]の続きを読む

298 本当にあった怖い名無し sage 2007/04/02(月) 15:39:16 ID:NgQIkCYjO

ここにAというヤツがいる
彼は戦国大名、武田家にゆかりのある者の末裔だ
御存知の通り武田は勝頼の代で織田軍に敗れ、一族郎党はすりつぶすように纖滅された
しかし辛うじて落ち延びた者もいたわけで、Aはそんな者たちの子孫らしい
話は変わるが、よく有名な心霊スポットに行って、何かしら祟りのようなもの、或いは不思議を体験したりした人がいるかと思えば、まったく何も変わらない人もいる
それは何故か

[武田の末裔]の続きを読む

191 本当にあった怖い名無し 2007/03/31(土) 21:25:07 ID:V+16DGHG0

久々に一件あったんで投下。

俺の家の神社に、このあいだ心霊相談で男女のカップルが来た。
対応したのは姉ちゃんで、写真の相談だった。
心霊写真かと思って、面白そうだったので俺も同席した。
しかし見るところ普通の写真。なんだよ、普通じゃねーかと思ってたら
なんか女が写ってるところにプツプツと穴が開いてる。
「ああ、丑の刻参りで使われましたねー」
って平気な顔で姉ちゃんが言ったら女のほうが泣き出した。
お姉ちゃんは女の人をなぐさめて、俺は暇になってきたから部屋に帰ろうと思った。
そのとき男の方をチラリと見たんだけどなんか様子が変。
自分の唇をベロベロ舐めて、息遣いを荒くしながら女を見てた。
姉ちゃんもそれに気付いたらしく、女だけ違う部屋に呼んだ。
俺と男は二人きりになった。
「あ、あの、大変でしたね」と、声をかけてみた。男は無視。すると急に
「ね、俺の彼女可愛いでしょう。どこどこで会って~」と、なれそめを話してきた。
俺は会話をさえぎるように、「すいません、トイレ」といって席を立った。
なんだかあの男が嫌だった。
トイレから戻ってきたとき、女と男は帰るところだった。
「この写真は処分しておきます。気をつけてくださいね。また来て下さい」
と、姉ちゃんは女にお守りを渡した。「ありがとうございます」って言って、車に入っていった。
すると急に男が俺に近づいてきて、
「やっぱり女はああやって恐怖におびえている時が一番可愛い」と呟いた。
俺は凍りついた。ああ、丑の刻参りをしたのはこいつだ、と。
そうして車は走って行った。
あのカップルうまくいってるのかなあ…


<感想>

すさまじい変態だな。



851 本当にあった怖い名無し New! 2007/03/29(木) 15:11:32 ID:Fvr9CytA0

17.8年前の話。

中学生の分際で朝刊を配る新聞配達のバイトしてたんだけど、その時に配達を
任されてた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。
その大きな団地で起きた体験なんだけど・・・

その大きい団地はその頃の建物にしては階層が高くて地域でもかなり目立つ
建物だった。その高さのせいかその団地で何度か飛び降り自殺があってね。
そんな事が有ったから、その団地にはお約束の様に色々噂が有ったんで、その
団地の担当になった時は本当に嫌で仕方がなかった。

怖さに慣れるのに1ヶ月以上掛かったけど、何とか慣れてきたときの事。
その団地の配達をする時は、まずエレベーターで一気に最上階まで行って、
そのフロアーを配り終えたら階段で1階づつ下っていく、と言う方法で配って
いて、その日もそれで配り終えた後に一つ仕事を忘れているのに気付いた。

その日はたまたま新聞と一緒に封筒を入れなければ成らない家があって、その
事を忘れていて(映画のチケットだったかな・・・預かってた)また戻るハメ
になった。
その家が11階だったんでエレベーターを使い、その家に封筒を入れてエレベ
ーターの所まで戻って来た時には、エレベーターは最上階で止まっていた。

普段は下りで乗る事は無いけど、その時はもちろんエレベーターを使おうと
少し上の最上階から降りてくるの待ってたら、1つ上の階でエレベーターが
止まった。エレベーターのスグ横に階段があるので、誰かが上に居たら気配
や音でスグわかる様な状態なのに、そのどちらも全く無かった。
エレベーターに乗り込む気配も音も、もちろんしない。

[エレベーターに乗ってる親子]の続きを読む

855 添い寝 sage New! 2007/03/29(木) 15:30:36 ID:RJO9BJ3Y0

ある新興住宅地で起こった出来事です。
そこはバブル期初期に計画ができ、既存の鉄道路線に新駅を作り、広大な農地を住宅地
へと造りかえて、駅の近辺には高層マンションやショッピングモールなどできるはずでした。しかし、そのうちバブルもはじけてしまい、新駅を中心に住宅こそそれなりに造られたものの、高層マンションやショッピングモールなどは建設が中止になってため、住宅地と住宅地の間に農地や空き地が所々に見られる、ちぐはぐな街となってしまいました。

小学校以来の仲で、今は不動産業を営んでいるやつがいるんだけど、仮にそいつをアキバ(アキバ氏)としておく。 で、そいつに飲みに誘われたとき、その席で言われた。
「うちで分譲した新Q地区の区画なんだけど、そこの建売買った人やその家族が相次いで
死んでるんだよね。数日前にも一人死んだ」

新Q地区とは、この住宅地がある場所で、Q町の新街区だからこう呼んでいる。
どんなような死に方をしているかと言えば、アキバいわく、

「分譲が全部終わって一年かそのくらいは何ともなかったんだけど、それから事故死、病
死で2人が立て続けに死んだ。それからさらにひと月ほどして、4人まとめて自動車事故で 一家全滅。まあ、このくらいなら偶然とも取れなくはないんだけど、 その後三月足らずの間に更に2人が事故や病気で死んでいる。病死の中にはそれなりの年齢の人もいたけど、異常だろ?」

約30軒のうち、半分近くがわずか半年足らずの間に葬式を出しているという。確かに異常。
[ごうち]の続きを読む

790 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/03/29(木) 00:19:33 ID:n8md/qtA0

俺の実家は結構広くて「入ってはならない」という部屋がある。
「入ってはならない」って言っても大抵はお札とか張ってあって結構安全なのよ。
だから、俺が中学は行ってから「入ってはならない」という部屋に入っても何も言われなくなった。
でも、離れの小屋には絶対に入れてくれないわけ。
中学だった俺は子ども扱いされていると怒り、忍び込むことに。
小屋の鍵をこっそりとじいちゃんの部屋から掠め取って昼間に忍び込んだ。
夜は明らかに霊だと分かる兵士のような人が二人立っているから、あえて昼間に忍び込んだ。
中に入って驚いた。
「ひぐらしのなく頃に」ってゲーム知ってるかな?
その中に祭具殿っていう拷問用の道具をしまっている倉庫があるんだ。
それにそっくり。
当時、ひぐらしなんてゲームもなかったから俺は拷問道具とは分からずに
「かっけー」とか思って見てたんだ。
するとどうだよ、俺はまだ道具に触ってもないし振動も与えてない。
包丁みたいな物が上から落ちてきて、左手小指が切り落とされた。
不思議に痛みはないわけ、でも怖くなってじいちゃんのところに逃げ出したよ。
そしたら一発殴られて近所の神社でお払い。
お払い中に神社の神主さんの弟子みたいな人が泡吹いて倒れたよ。
お払いが終わった次の日、倉庫が火事になった。
いや、なったと言うよりじいちゃんが放火した。
じいちゃんはぼけてなどいなかった。
「お前達はもうここを守らなくていいんだ」と言って兵士達を供養してたみたいだね。
詳細は不明。


<感想>

先祖は何者?



657 本当にあった怖い名無し New! 2007/03/28(水) 07:56:33 ID:Xlj2+LmZO

最初に断っときますが、長くなります。


ある夏の日の話をしようと思う。

その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。
俺は少々オカルトな趣味が有り、変な話や不思議な物等が大好物だった。

この日も、知人から聞いた神社に行ったのだった。
知人の話だと、何でもその神社、大量のの人形が安置されてるらしかった。
俗に言う『人形寺』と似たようなモノか。
だが、有名な神社ではなく、報道番組で取り上げられた事などは全く無い。
そんな場所だった。

近場と言っても、車で一時間半掛かった。途中山道に入り、ガタガタ揺れる車内で一人目的地に思いを這せていた。

神社に着き、車を停めて階段を登った。
結構長い階段で日頃の運動不足からか、息を荒げながら、妙な高揚感に包まれていた。
階段が長ければ長い程に、楽しみが増す気がした。

段差で切れていた景色から、遂に神社が顔を現す。
立派な鳥居をくぐり、眼前に神社を捉えた瞬間!…妙な耳鳴りがした。
正直、こんな気分に成ったのは初めてだった。
自慢じゃないが、俺には霊感なんてモノは無縁の沙汰だ。
だが、その感覚は本物で臆する処か逆にヤル気が湧いて来た。
なんのヤル気かは知らないが…。

[人型焼き]の続きを読む
395 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/03/27(火) 20:02:17 ID:DLz8BNPh0

黒い帽子を被った男が玄関前にいた
そいつは黒い霧の固まりみたいで、目の辺りだけ少し霧が薄い
目の錯覚かと一瞬思ったが、暫くしても消えない
やべーどうしよーと何か怖いというよりこいつを家の中に入れちゃいけないと思って、
でも俺の家はマンションだから裏口から、という手はない

暫く待ってみてそいつがいなくなるのを待っていると、
10分位してやっと消えた
俺は今しかない!と思ってダッシュで家に入り、塩を玄関にまいた(食塩だけど
家に入ってからはそいつのことを忘れて一家団欒していたんだけど、
いきなりウチの猫が今までにないくらいゲェゲェとゲロを吐き始めた

こんなことは初めてなので翌日病院に連れて行って、
獣医に診断してもらったら猫の腹に腫瘍が出来ていると獣医は言った
「この辺りにビー玉くらいのしこりみたいなのがあるでしょ?」と

でも俺は毎日猫の腹をガシガシマッサージするけど、
しこりは猫が吐く前日まで無かったと思う
腹をちょっと揉んだらすぐ判るところに腫瘍はあった
俺は手術で取ってくれといったが、手術はできないらしい
猫の体は他の猫より小さかったので手術に耐えられないと言われた

396 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/03/27(火) 20:02:52 ID:DLz8BNPh0

それから俺は獣医から貰ったクソ苦い薬を猫に飲ませ、猫の好きなものを食わせた
それでも猫は日に日にやせ衰え、腫瘍も大きくなっていった
そして先月、猫は朝に突然ゲロと糞尿を垂れ流し痙攣して、夜に死んだ
俺はアホかってくらい泣いた

翌日には役所で猫を焼いてもらい、骨を貰って家に持って帰った
その帰り、俺はまたあの黒い帽子の被った男を見た
家のドアの前に立っていて、だけどその日は少し様子が違った

何でそう思ったのか判らないけど、俺はそいつに睨まれてる気がした
俺は始めてそいつが怖いと思った
そのまま見詰め合い(?)ながら暫くその場にいると、またそいつは消えた
俺はどっと汗が出て、猫の遺骨をぎゅっと抱いて家に入った

その日、俺はそいつのことを考えた
猫の容態が悪くなったのがそいつが現れた日だった
偶然かもしれないけど、俺はそいつが関わっている気がした
そして睨まれたのは、本当は猫じゃなく俺か俺の家族を狙っていたんじゃないかと
猫はその身代わりになったのではないかと、そんな気がした

以上です


<感想>

猫たん…(涙)。



366 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/03/27(火) 12:05:38 ID:vAVvpjOj0

オレの友達のKの話。自称見える人。 オレ自信は幽霊の存在は否定も肯定も出来ない立場。
幽霊なんか見た事ないけど、そんな事言ったらオレがまだ実物を
見た事ない物なんてこの世にいっぱいあるし。

だから友達の話す霊体験・目撃談についてはウソだともホントだとも
思わなかったけど、妙に初対面の人の過去やら未来の出来事を言い当てたりする
奴だった事は確か。それが霊感なのか別の能力なのか、はたまた偶然なのかオレには分からん。

そんなKが一人暮らしを始めた。5階建てのワンルームマンションの一室。
武士の霊が出るらしい。夜中にガシャガシャ鎧の音がして目を覚ますと、鬼の形相の武士が
玄関の扉のやや上方(なぜかそこには在るはずのないお札が貼ってある)を弓で射る。
朝になって確かめると、弓矢は勿論 お札もない。そんな事が毎晩続いて、流石にウザくなってきたらしい。

元来Kは怖がりなので、今までは霊に遭遇しても極力無視の方向で済ませてきたのだが
自分の住む場所に出るという状況になったら話しは違う。腹を括って武士と対話する決意をした。

ペプシコーラと たけのこの里を二人分用意して、武士が出現するのを待ち構えた。
「普通そういうのって日本酒とかお団子とかの方が良いんじゃないの?」って聞いてみたら
本人曰く、「昔の人が食べた事ない物のほうが物珍しくて喜ぶかもしれないし…」という根拠との事。

まあそれで交渉というかKの希望を伝えたらしい。
怖いから弓を射るのはKが不在の時だけにして欲しい事、やって欲しい事があれば出来る範囲で協力する
事等を訴えた。武士は特に分かったとも嫌だとも言わなかったらしいけど、翌晩からは出てこなくなった。


[霊を利用する]の続きを読む