FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
小学校六年の二学期の途中に地方へ引っ越した。
転校をするのは初めてのことだった。
不安に思っていた僕に最初に話しかけてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、
いろいろと親切に面倒を見てくれたのだけど、
他人の悪口を言ったり、〇〇とは話をしない方がいいよとか命令したりするので、
正直少しうざいと思うようになっていた。
学校は家から歩いてすぐの所にあった。
前の学校は電車で一時間もかかる所だったので、早起きをする習慣がついていた。

転校して三日目くらいの朝、
家にいても何もすることがないので、かなり早目だけど登校することにした。
既に先生か職員の人が来ているらしく、門は開いていたけれど、校舎にはひと気が無かった。
当然一番乗りだと思って教室の扉を開けてみると、男の子が一人先に来ている。
僕は驚いて立ち止まった。
その男の子の座っているのが、僕の席なのだ。
自分の勘違いかと思って何度も確かめてみたのだけど、やっぱり間違いない。
「あのさ、そこ僕の席だと思うんだけど…」
遠慮がちにそう切り出すと、男の子はにっこり笑って「あっごめん」と言い、すぐに席をゆずった。
まだクラス全員の顔を憶えていなかったので、同じクラスの奴が席を間違えたのだろうと思い、
そのことはすぐに忘れてしまった。
[誰もいないはずの教室]の続きを読む
小学生から空手やってて、高校・大学の時に児童部(小学校6年未満)の指導員やってたことあります。

高2の夏の合宿の時、夜中、生徒たちが騒いでいるんです。
「まーだ、起きてるのか。明日も早いってのにしょうがない連中だ」と注意しにいったら、
騒いでいるのは女子部屋で、15人くらいいるうち半分以上が泣きじゃくっている状態だったのです。
「なんだ、いったい、どうしたんだ?」と聞くと、A子(小6)が就寝時間の時に、
「ねーねー?エンジェルさんって知ってる?」とコックリさんをやろうと言い出したそうで。
その時、「ダメだよ、絶対にやめようよ」とB子(小4)が懇願したにも関わらず、
A子が他の何人かの生徒とやり始めちゃったんですね。

質問を進めていくうちに、風もないのに窓がビリビリカタカタと振動し始め、
みんなが「変だな」と窓を一斉に見た瞬間、窓一面に手手手手手手手・・・
B子が気絶し、A子は「変なのがいるー!」と手足をバタバタさせて混乱状態。
あまりにも怖いので私たちを呼びに行くこともできず、大パニックを起こしていたそうです。
私は霊感もないし、指導員2年目でどうすればよいのかわからないので、
なにはともあれ師範を呼びに行きました。

師範はB子に活を入れると、生徒全員を体育館に呼び出させると、
「気合いが足りないから、霊が寄ってくる!正拳突き千本始め!」
夜の23時くらいに、小1から小6までの子どもたちが眠い目をこすりながら、
セイ! セイ! セイ! ・・・と千本。
終わった頃には全員へとへとで、部屋に戻り爆睡したのは言うまでもありません。

私と師範も部屋に戻ると、師範が日本酒(ワンカップ)を黙って私に突き出し、
「おまえ、部屋の外に沢山いたのが見えなかったのか?体育館の窓にも何十と集まっていたんだぞ。
 口からでまかせでやってみたんだが、効果があって本当に良かった」
この師範、見える方だったんですね・・・

あとから思い出したら、千本じゃなくて百本でした。
千本は中高生の部の時でした。すみません。(つまり、中高生の部でもあったということです)
こんな程度のもので本当に申し訳なかったんですが、
あといくつか合宿がらみとかありますので、今度時間があるときにまた書き込ませていただきます。
ちなみにこれから指導です。行って参ります。


<感想>

高校生にお酒を渡すっていうのは、
聖水みたいに浴びろってことなんでしょうか?

それとも…(汗)。










小学生の頃、けっこう手酷くいじめられてた。
その頃のことはあまり思い出したくないんだけど、ちょっと気になることがひとつ。

いじめられてた当時、それでも仲良くしてくれてた友達がいたんだ。S君。
S君と遊びに行った場所は今でも覚えてる。学校の裏の山とか、近所にあった底なし沼とか。

学年も変わり、やっとクラスの人とも少しは打ち解けられるようになる頃だったか、
親の仕事の都合の引っ越しがあり、その小学校を転校し、中学にあがると同時に元の住所近くに戻った。

中学生になったらS君と会えると、ちょっと楽しみにしてた。
でも、いざ中学に通うようになってみたらS君はいない。
彼も転校したのかと思い、同じ小学校出身の人に聞いてみた。
…ところが、返ってくる返事が驚くようなものばかりだった。
誰ひとりS君の存在を覚えてなかったんだ。
いじめられてた自分よりも、よっぽど同級生とも打ち解けていたのに。友達だって自分よりも多かった。
それなのに、S君のことを覚えている人が誰もいない。
卒業アルバムも見せてもらったんだが、なんでだかS君はその中にはいないし、
転校したのかとも思ったんだけど、それでもひとりくらいは覚えていそうだし…
そこまで考えて、ふと思った。
最初からS君なんていなかったんじゃないか?
いじめられた自分が、淋しくて想像で造り出した架空の人間だったんじゃないか?
…それじゃ、あの時自分はひとりで虚空に向かってしゃべって笑ってたのかな。
いや、でも一年間同じクラスだったんだよ、S君の顔は今でも覚えてる。

中学を卒業してからもう何年も過ぎたんだけど、いまだにS君の所在は不明。
自分の妄想上の友達だったのか、実在した同級生だったのかどうかも不明。
いずれにせよ、あの頃一緒にいてくれてありがとうと伝えたい。


<感想>

たとえ妄想でも、それで辛いことが乗り切れるならいいと思う。

私も空想・妄想好きだし(笑)。









高校時代、俺は相当な問題児だった。
問題児と言っても、
授業をサボるとか他校の生徒との喧嘩に明け暮れるとか女を振り回すとかそんなカッコいい不良では無く、
提出物を出さなかったり細かい校則を破ったりするただのクズだった。
しかも当時の担任は提出物や課題の未提出には厳しく、部活があろうと夜8~9時だろうと居残らせてやらせる人。
そんな人のクラスである俺は、結構な数居残りさせられることが当たり前と言っても過言では無かった。

入学して1ヶ月程経った日、居残って夜7時半くらいまで教室で黙々と担任の担当教科のプリントをこなしていた。
プリントは無事に終わり、職員室にいるであろう担任のところへと向かい、職員室のドアを開け叫ぶ。
俺「失礼しまーす。○○先生はいらっしゃいますかー?」
職員室には先生が2~3人くらいしかいなかった。
一番手前にいた女の先生曰く、担任は家の都合で帰ったからプリントは机に置いておけとのこと。
プリントを机に置き職員室を出ようとした時、昇降口は閉まってるから非常口から出てねーと声をかけられた。
この学校は7時で昇降口を閉める決まり。そのため、居残りする生徒は靴を持って非常口から外に出ないといけない。
非常口は各階の廊下の端っこにあり、階段で下に降りれるようになっている。

教室に戻り、荷物を整えて靴を持って俺は非常口へと歩いた。
1年8組から1年7組、1年6組……と続いていき、
非常口が見えてきたところで電気がついているクラスがあるのに気付いた。
何で今まで気付かなかったんだろう。
少し不思議に感じ、教室の中をチラッと見たら、5人くらいの女子が窓の方を向いて笑っていた。
いや、笑い方は少し気持ち悪いくらいで別におかしくないんだけど、違和感が半端ない。
誰かがトークしてるわけでもないのに全員で一斉に笑っているから。
その動作に違和感を抱くなという方が無理である。
このクラスはえーと、5組の隣だから4組かな?4組の女子は変なんだな、そう思い非常口を出て階段を降りた。



後日、部活に4組の奴がいたため、この一連の話をした。
そいつは本当にうちのクラス?と疑っていた。
4組の女子は特に騒がしい人も一目でおかしいとわかる人もいないとのこと。
じゃあ4組じゃない奴が4組で笑ってたのかな?
自分で話しておいて段々怖くなってきた。
そして最後に4組の奴に俺は言った。
俺「それにしても4組は非常口近いから災害あったらすぐ逃げれるよな。俺ら8組なんかお陀仏かもしれん(笑)」
4組「え?俺らも近くねえからお陀仏だわ(笑)」
俺「いやいや、まずお前らが逃げれてそれから5組6組7組……」
4組「お前は入学して1ヶ月経ったんだから早く教室覚えろや(笑)
 お前らの階に5~8組でその上の階に1~4組だろ?バーカ」
そいつ曰く、
5階 | 非常口 | 1組 | 2組 | 3組 | 4組 |
4階 | 非常口 | 5組 | 6組 | 7組 | 8組 |
こんな配置らしい。
じゃあ笑う女たちがいた教室は何だったんだ。


<感想>

声だけで顔は見えなかったのかな?

口しかなかったりして…。










中学の時、
学校の4階のベランダから友人(Aくん)が落ちてぐちゃってなってたんだが(明らかに顔へこんで首折れてた)、
なんか知らんが落ちてから2分もしないうちに救急車がきて搬送されていった。

翌日、別の友人Bくんが、そのベランダから落ちて大ケガしたはずの友人Aくんと学校の近くで会った。
大ケガしてたはずなのに全くの無傷で不可解に思ったBくんが、
「お前あのケガはどうしたの?」って聞いたら、
Aくんは口に指を当てて「しーっ」って。

学校側の話だと、Aくんはそっから1ヶ月くらい入院ってことで学校こなくて、
結局事故があった日から一度も登校せず突然転校してどこかに行ってしまった。


<感想>

落ちたのはA君ではなく、
誰かと入れ替わるためだったら怖い。