FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
あまり怖くないかもしれないけど、ちょっと前に俺に起こった話。

俺は寝る時、部屋の電気を全部消すようにしてる。
豆電球とかついてると逆に落ち着かなくなるから消すんだけど、
根が暗闇大嫌いなビビリ野郎なので、夜中に目が覚めたりするともう最悪。
そういう時はふとん頭からかぶって、もう一度眠くなるのをひたすら待つ。

ある夜、よせばいいのに『○怨』のビデオ借りてきて、一人で見てから寝た。
真夜中に目が覚めた。
最初は頭がぼーっとしてて、自分が目を覚ましてるってことも自覚してない状態。
そのときは仰向けに寝てて、自室のキタネー天井をぼけーと見上げてた。
でもだんだん意識がはっきりしてくる。そうするともう怖くてたまらない。
あんまり怖いんで身動きできない。目も閉じられない。
ちょっとでも動いたらなんか来る!見つかる!って感じで。
心臓バクバク、頭の中で『ヤバイヤバイヤバイヤバイ』って言葉がぐるぐる回ってる。


[見ちゃいけないもの]の続きを読む
だいぶ前の話ですが、高校生の頃、数学の授業中に突然先生が、
「あら?あなた○○さんでしょう?」って、全然違う人の名前を私に質問してきたんです。
もうその先生の授業は2年くらい受けているのに。
わけがわかんなくて「え?」と聞き返したら、「ごめんなさい」と一言。
授業は何事もなかったかのように再開しました。
しかし、5分もしないうちにまた同じ質問を・・・。
変だなと思っていたら、次の日からその先生は学校にこなくなりました。

その数ヵ月後、自殺の名所として地元では有名な橋の下で、腐乱死体でその先生は発見されました。
後日知ったことですが、その○○さんも、その橋から高校生の時に飛び降りて死んだそうです。
でも、その先生と○○さんのつながりは不明。
○○さんを知る人によると、私とは全然違う顔立ちみたいです。


<感想>

この学校にその子の霊がいて、
波長の合う人を連れて行ってしまうのかも?












子どものころ、ひとりで買い物をしていると、
突然、無性に欲しいモノが、買ってしまうことがあった。
湯飲みとか、ビニール袋とか。子どもが必要のないものなんだけど。
で、帰宅してから、不思議な気分で買ってきたものを見ていると、
「そうそう、これがほしかったのよ」と、当然というように母が受け取っていた。

で、大人になってから、あれはなんだったんだろうと妹に話をしたら、
「あ、姉ちゃんもやられたことがあるんだ」と言われた。
なんなんでしょうね。まったく。


<感想>

お母さんスゴすぎ!











俺が小5か6の時、自分の部屋で耳掻きしてたら、なんか話声が聞こえてきた。
誰か帰ってきたのか?と思いつつ耳掻きしてたら、何かにドン!!っとぶつかった。
その拍子に、耳掻きの棒で鼓膜を破ってしまった。耳から血が垂れてきた。
そのとき耳元(耳掻きしてなかった方)で、「無視すんなよ・・・・」と聞こえた。

その後、親父(その日は仕事が休みだった)が俺のうめき声を聞いて、隣の部屋から来てくれた。
(隣とは襖一枚隔てただけだから声がよく聞こえた)
そのまま病院に行って薬をもらって帰った。

今じゃ鼓膜も治ってよく聞こえてる。
しかし、アレは何だったんだろう?すっげ~痛かった。


<感想>

返事をしてもつきまとわれそう。










まあ、たいした話じゃないけど、霊感皆無の俺の体験。

俺が配属されたのは42警戒群っていうレーダーサイト。そこは釜臥山にサイトを構える基地なんだな。
まあ、恐山が直下に見える、何ともいえない基地なんだがw

俺がまだ配属されてちょっとの頃、
送信所(これは隣の山、名称忘れた)で無線機の自己診断プログラムを動かして、
「あーひまだなー」って雪中廊下(階段)のモニタをボーっとみてたら・・・
カメラの端にオヤジの顔がスーッと出て、スーッと消えた。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル な俺は、先輩に「カメラに変なモン出ました!」っていったら、
「あーでるよ、それよりお前の分は終わったのか?」って一言で済まされた・・・
その他インターホンが本物かどうか音で判別するし(幽霊インターホンっていって、微妙に違う音が聞こえるんです)、
厳冬期に食堂の外に人が通っても(絶対通れない)気にしないし・・・

8年たった今でも思う、「おまいら!、麻痺してますよ!」ってねw


<感想>

害がないなら、気にならなくなるのかも?