FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
飲み屋で仲良くなった飲み友だちの警察官に聞いた話なんだけど、
老人が突然失踪したって家族から電話があったから、その家に行ったんだって。
どうせ惚けて徘徊してるんだろうってタカをくくって赴いたんだが、事情を聞くと家族の話が実に奇妙で変なんだって。
まず、その老人(男性)は70才の誕生日に失踪したんだが、
前から自分は70才になったら天狗になると家族に公言してたらしい。
( ゚Д゚)ハァ?って感じなんだけど、
そのじーさんの父親もその父親も、70才の誕生日にいなくなってるんだって。(長男の話)


[失踪した老人]の続きを読む
俺が高校生の頃、実家で犬を飼ってたんですよ。
弟がどっかから拾ってきた雑種の犬なんですけどね。
で、二年くらい飼ってると家族の一員て感じになって、
俺も気が向いたときだけ散歩に連れてったりしてたんです。

今日みたいな休日の朝、まだ早いうちに目が覚めた俺は、暇だったんで犬を散歩に連れ出したんです。
ていうか、当時ちょっと気になる女の子がいたんで、その子の近所まで遠征しようかなと。
距離にして二キロくらいかな。いつものコースとは違う道をぶらぶら歩いてたんですよ。
[犬を散歩に連れ出した]の続きを読む
大学のときに、同じゼミにAと言う男がいました。
Aはあまり口数の多いほうではなく、ゼミに出席しても周りとは必要なこと以外はあまり話さず、
学内にも特に親しい友人はいない様子でした。

ある日、そのAが話しかけてきました。
Aが話した内容は、「好きな人が出来たのだが、どうすればいいのか?」ということでした。
そんなことを、あまり親しくない上、どう見ても女性経験が少なそうな僕に話してくるのも不自然な気がして、
からかっているのかと少し疑いましたが、彼の話ぶりは真剣で、とてもそのようには見えませんでした。
話を聞いてみると、彼が好きな人とは言っていた女性とは話したこともなく、道ですれ違うだけの仲(?)なのだそうです。
女性経験の少ない僕でも、とりあえず話掛けてみないことには進展しない事はわかりますので、
「話しかけてみたらどうか」と言うことを伝えました。
するとAは、「何を話せばいいか?」「話すタイミングがつかめない」等のことを質問し、
それに対する僕の答えを全てメモしていました。


[恋愛相談]の続きを読む
考古学の講義の時、担当教官がしてくれた話。

学生が冗談半分で「古墳などを発掘中、古代人の幽霊にあったことは?」と質問したところ、
「貝塚の調査をしてた時、
 ハダカの男性の下半身だけが私の前を駆け抜けていったのを見たことがありますが、
 古代人かどうかはわかりません」
と真顔で答えた。

<感想>

服のない時代の霊なのか、ただ単に裸なのか…。












高校時代、天文部で夏合宿をした時の話です。
8月中旬頃、毎年ペルセウス座流星群というのがくるのですが、それの観測が合宿の目的でした。
宿泊施設から少し離れたところにある空地(駐車場?)が観測に最適な暗さだったので、
そこで観測することにしました。
周囲には民家もなく宿泊施設も私達しか泊まっていなかったので迷惑にはならないだろうと、
私達はかなり大声でしゃべりながら観測をしていました。
女子ばかり15人の集団ですから、かなり騒々しかったことと思います。

夜中の2時近くだったでしょうか、FM観測をしていたラジオからいきなり異様な雑音が聞こえました。
それを合図にしたかのように突然、白い服を着たおじさんが現れたのです。
「いったいこんなところでなにをしてるんですか?」
とおじさんは顧問の先生に尋ねたそうです(私は聞こえなかった)。
「すみません、流星の観測をしてるんです。うるさかったですか?」
「いえいえ、いいんですよ。こんなところでなにをしてるのか不思議だっただけなので」
というような会話の後、おじさんはゆっくりとした足取りで去って行きました。
おじさんの姿が見えなくなると、ラジオから聞こえていたヘンな雑音は消えました。
「あのおじさん、電波発してるのかな」などとみんなで笑いましたが、
観測が終わってから、部員のひとりが空地のすぐ裏手が古い墓地だということに気付いて、
部員一同凍りつきました。
あのおじさんが帰っていった方向に墓地はあったんです。
「もしかして幽霊とか…?」「かもね…」
しかしみんな徹夜してハイになっていたので、
「おじさん、騒がしくしてゴメンネ~」
「みんなでM女ダンス(うちの学校に伝わるヘンな集団舞踊)を踊ってお詫びしよう」
と全員でダンスを踊って(しかも歌いながら)宿泊施設に帰りました。

「幽霊よりお前達のほうが怪しい」と顧問の先生がポツリと漏らしていました。


<感想>

タイトル自体、いろんな意味にとれますね。