FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2年前の話。

俺は渓流釣りが趣味で、ウチの近くの川の源流部へよく釣りに行っていた。
車で30分程度の距離、適度な水量、あまり険しくない流れなど、1人で行ってもさほど危険を感じないような場所である。

3月には珍しいくらいの大雨が降った翌々日、俺はその渓流へ入った。
車を降りてから最初のポイントまで行く間に、砂防ダムを一つ越える必要がある。
歩きながらふと砂防ダムの上を見ると、大きな鹿がいた。
いつもなら人影を見ると逃げるのだが、この日は全く動こうとしなかった。

砂防ダムの下まで来ると、そこには足でも滑らせたのだろうか、すでに冷たくなっている子鹿の姿があった。
すると、砂防ダムの上の鹿はこの子の親か。
親鹿は悲しげな表情をしたまま森の中へ消えていった。
俺は子鹿のために小さく合掌をしてから、その場を後にした。

いきなり自然の現実を目の当たりにしたためか、それとも曇天のせいか、この日は足取りが妙に重かった気がする。


[渓流釣り]の続きを読む
先輩の話。

沢に沿って歩いている時のこと。
前方より小さな、雑音交じりの声が聞こえてきた。
さては、釣り人がラジオでも聞いているのかな。
そう思いながら藪を漕いでいると、やがて開けた場所に出た。

沢に向かって突き出した岩の先端、誰かが釣竿を持って座っていた。
麦藁帽子を目深に被り、地味なジャケットを羽織っている。
腰掛けている横で、古びたラジオがノイズ混じりの歌謡曲を流していた。
少し離れた場所に握り飯が三個置かれている。一つは齧りかけだ。

「釣れますか?」何気なく声を掛けたが、返事がない。
その時、違和感を感じた。話し掛けた相手が、まるで生き物ではないような。
失礼かと思ったが、相手を確かめに近よってみた。

釣り糸を垂れているのは人ではなかった。
無骨な、丸太作りの木偶だった。

しばしそこに立ち尽くしたが、木人形が話に応える筈もない。
仕方なく「それじゃ失礼します」と挨拶し、その場を後にした。
その日は一日中、何となく落ち着かない気持ちだったそうだ。


<感想>

近くにイタズラの主が隠れてた…とかではない?











友人の話。

中学生の時分、実家へ里帰りした際のこと。
幼い従姉妹と遊んでこいと言われた彼女は、勝手知ったる裏山へ出かけた。
自分もよく遊んでいた場所だ。子供が喜びそうな場所はわかっている。

そんなポイントを連れ回していると、黒い沼が現れた。
ああ、そう言えばこんな所にこんな沼があったっけ。
そう思っていると、従姉妹がグッと足を踏ん張った。
どうしたの?と問うと、青ざめた顔で訴えてくる。

「昨日ね、一人でここまで来たの。
 その時ね、首の長い女の人が居たんだよ」

女は水の中に腰まで浸かっていたらしい。
緑色のワンピースの上から長い首が伸びていて、従姉妹を嬉しそうに眺めていた。
目が異様に大きくて、長い黒髪からは水が滴っている。
とんでもなく怖かったので、必死で逃げ帰ったのだという。

だから近づきたくない。従姉妹が泣きそうに言うので、沼を避けて通った。
そう言えば、私もなぜかこの沼には近よらなかったんだよなぁ。
従姉妹の話も、やけにリアルに情景が頭に浮かぶし。
忘れているだけで、自分もその女性を見ていたりしてね。

そう言って彼女はコロコロと笑った。


<感想>

何が嬉しいんだろ?

美味しそうとか、そんな感じ?










521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/21 09:09
俺の親父が今の会社に勤めて間も無い頃、その事務所で働いていた女が海で入水自殺した。
漁師をしていた母の友人の知り合い(Aさんとする)が、
漁師仲間に服を脱がされていたその女の死体を見て不憫に思い、自分の上着をかけてやったら、
それに心打たれた女の幽霊が、Aを道連れにしようと13年間付きまとったって話がある

優しくするのも怖いもんだと、その話を聞いて思った。


523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/21 15:53
>>521
>猟師仲間に服を脱がされていた

こっちのほうが(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/10/21 16:37
>>521
俺も523と同じ意見…。
どういうこと!?猟師が脱がしてたって…


558 :521 :02/10/23 23:37
木の棒でスカートをまくり上げたり、下着を脱がしていたそうです。

何十回と霊媒氏に見てもらっても、出てくるのは先祖の霊ばかりで、
本体が出てきたのは、霊障が始まって13年経ってからだったそうです。

漁をしていると、何度も海に引きずり込まれそうになったり、
昼夜を問わず視界の端々に姿を現し、霊媒氏の所へ行こうとすると鏡が倒れてきたりと、
家の中はめちゃくちゃだったそうです。

Aさん自身は悪いことをしたと思っていたいなかったそうで、全然心当たりがなかったそうです。


<感想>

世の理不尽さを感じさせられる話ですね。

でも霊としては、キモくて嫌な奴にとり憑くより、
優しい人のそばにいたくなるのかも知れません(迷惑だけど)。










海の近くにある親戚の家に泊まった時の話。

夏だったけど、そこの家の子が喘息もちで蚊取り線香の類は使っておらず、代わりに蚊帳を釣ってくれた。

夜中寝苦しくて目が覚めた。暑かったので縁側から外に出た。
少し無用心かと思ったけれど、網戸とカーテンだけ閉めて海の方へ散歩に出た。

昼間歩いたときはすぐだったのに、いつまで歩いても海にたどり着かない。
道の両側の家並みが妙に狭苦しくて、おしつけられるような感じで気分が悪かった。

やっと海が見えたので砂浜に下りると、
昼間は乾いていた所にまで潮が満ちてきていて、その水が生ぬるく、いつのまにかサンダルも脱げてしまっていて、
恐くなったので走って家の方へ戻ると、あっという間にたどり着いた。
閉めていたはずのカーテンが開いていて、見ると蚊帳の中に寝ている奴がいる。
腹が立ったので近づいて見下ろすと自分だった。

そこではっとして目を覚まし、体を起こして蚊帳の外を見ると、
カーテンが開いていて、もう外は明るくなりかけている。
縁側から蚊帳の裾の畳の上まで、砂まみれの足跡がついていた。
布団から足を出してみたが、少しも汚れていなかった。
サンダルはなくなっていた。


<感想>

幽体離脱?

涼しいところに行きたくてたまらなかったんですね。