FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
バレンタインチョコを割ってみたら…と。
下水溝に捨てられていた包みを拾ったら…の二本立て。

「バレンタインの怖い話」都市伝説・怖い話・怪談朗読シリーズ






私が市の主催する絵画の文化教室に通っていたときの事。

年に一度、文化教室の作品を、市街地の地下街の広間みたいな所で展示をするんです。
私は初めて自分の精魂込めた作品がこういう場で展示されるということもあって、楽しみにして見に行くことにしました。
でも、その場所は広い割には地下駐車場に車を止めた人しか通らないというような所で、
ホームレスの溜まり場になっていたんです。
それでも、私は嬉しくて自分の絵を写真に撮ったり、いっしょに教室に通ってる人の作品を映したりしていました。

すると、カメラのフラッシュがまぶしかったのか、そのすぐそばで昼真から寝ていたホームレスが、
「まぶしいな。いい加減にしろや。寝れないだろ」と、すごい剣幕で怒鳴り始めました。
私はすごく楽しみにして、わざわざ遠くまで足を運んだのに、こんな目に遭い、
すごく不愉快で残念な気持ちになり、『乞食なんか死ねばいいのに』と心の中で思いました。

家に帰ってもやりきれない気持ちでいっぱいになり、
地下道を管理している市のほうへ苦情の電話をかけ、事の次第を話しました。
市役所の方は真剣に私の話を聞いてくれ、早急に対処すると言ってくれました。
一週間後、同じ場所に行きましたが、役所の人が言ったとおりホームレスはその場所に一人もいませんでした。

そして、すがすがしい気分で何日か過ごしていたのですが、あるとき私の家に警察が来て、
「○○さんのことをご存じないですか?」と聞いてきました。
私はその名前に心当たりがなかったのですが、聞くと、
その○○というホームレスが街の不良どもに狩られて死んだそうで、その死ぬ間際に私の差し金だと言ったそうでした。

私は実際にそのホームレスが死んだことにも驚きましたが、自分の名前を出したことにもっと驚きました。
おそらく、絵の作者名を覚えていて、死ぬ間際にその私の名前を出したのでしょうが、非常に気持ち悪いことだと思いました。


<感想>

いろんな意味でダークなお話ですね。

タイトルは人間の心の中を指しているのかもしれません。











うちの母のこと。
うちの母は私が子供の頃に薬を嫌がって飲まないからって、
ジュースにこっそり混ぜたり食べ物に混ぜたりして、私に内緒で飲ませてた。

だからかなんだか知らないけど去年の朝、
駅のベンチで電車待ってたら、異常なほどの眠気に襲われていつの間にか爆睡してしまった。
私が爆睡してる間、周りは「ホームに意識不明の女性がいる」と大騒ぎになって、
私は救急車で病院に運ばれてて病院で目が覚めた。
検査の結果特に異常がなかったので、念のため1泊しただけで帰されたんだけど、
家に帰ったら母が「効きすぎちゃってゴメン」と言う。
母は私が「最近よく眠れない」と言っていたのを聞いて、
夜に私が食事中に飲む麦茶に、よかろうと思って睡眠剤を混ぜたらしい。
が、どういうわけか、効いたのがだいぶ時間が経った朝だった。
「なんでそんなことするの!」と怒ったら、心配そうな顔で「だって眠れないって言ってたから・・・」。

それからついこの前、夜から次の日の昼までずーーーっと腹痛と下痢でトイレ何回も行った。
「何か悪い物食べたかなぁ・・・」と考えていると、
母が「出てよかったじゃない?最近あんたお通じないって言ってたから♪」と言う。
まさかと思って聞いたら、
前の日の夜、私がトイレ行ってる間に、私が飲みかけのジュースに下剤を入れておいたと言う。
なんでそんなことするんだよ!!!
いずれ毒薬でも入れられるんじゃないかと・・・(汗


<感想>

お茶目のレベルを超えている…。










ある平日の昼下がり、市ヶ谷駅前から九段下に向かう道を一人で歩いていた。
すると、すぐ後ろから中年男性2人が、声高に話し合いながら歩いてくる。
声はでかいし、私のすぐ後ろにぴったりくっついてくるのでうざくて、
ここはスピードアップして引き離そうと思い、歩く速度をあげた。
ちなみに私は女にしては歩く速度がかなり速い。背もでかいから歩幅もある。
ところがおやじ2人は全然離れない。同じ速度でついてくる。ほとんど走っているようなスピードになってもついてくる。
・・・・・だんだん怖くなってきた。
こいつら何者?もしやこの世のものではないのでは?でも怖くて振り向けない。
だってウナジのすぐそばくらいに顔がある感じなんだもん。

やがてある店に前まで来た時、そこのショーウインドウに映る姿を勇気を出して見てみた。
そこに映っていたのは、私と・・・・・・・・・・おやじが一人。
そのおやじは、一人で二役をしながら、私の後をぴったりと猛スピードでついてきていたのだった。
駅前から数百メートルの間。声色を変え、立ち位置を変えながら・・・・。

オカルトではないけど、生きているキティガイ人間の方が怖いと思った一瞬でした。


<感想>

繁華街で犬の人形に首輪をつけて
散歩しているおじさんを見たことがありますが、
誰も気にしてませんでしたね。












怪談話じゃないけど、友人から聞いた話。

彼の大叔父は戦後シベリア抑留者で、筆舌に尽し難い程の悲惨な体験をしたらしい。
極寒の地での過酷な労働、食事は小麦粉かトウモロコシ粉で練った団子のみ。
毎日死人が出て、朝起きると両隣で寝てた奴が冷たくなっていたこともあったとか。

大叔父曰く、まず真っ先に死ぬのは東京や大阪の都会出身者。
内臓が美食に馴れてしまってるので、粗食で体が維持できないらしい。
で、次に死ぬのが農家の長男。
これは農家の跡取ということで大切に育てられた所為か、苛酷な境遇に耐えられないのだとか。

こういう話聞くと、「もし自分が同じ境遇になったら?」て想像して鬱になる・・・

ちなみに、大叔父は農家の四男で、小柄ながらもガッシリした体躯の持ち主。
友人曰く、「俺よりも背が低いけど、全身から熊のようなオーラを放出してる」人らしい。


<感想>

体質、体形、育ち以外に運の良し悪しも関係ありそう。