FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
15年くらい前に爺ちゃんから聞いた話。(うろ覚え)

爺ちゃんは日中戦争でシナに配属されてたんだけど、太平洋戦争が始まって南方に派遣されたらしい。
その時の南方の島(オセアニア周辺か?)での話。

爺ちゃん達の支隊が島を調査していると、現地民の集落を発見。
おそるおそるピジン・イングリッシュで話しかけてみると、通じたので一安心。
現地民は好意的で、お祭りを開いて歓迎をしてくれると言う。
日本軍は南方では漁を教えたり、畑を作ったりしていたので、原住民から歓待を受けることは結構あったらしい。
(なんか来訪神信仰とかもあって、あちこちで歓迎を受けてたそうだ)
だから爺ちゃん達も警戒を解いて、歓迎に応じた。

集落の中で宴会が始まると、魚やら果物やらが次々と運ばれてくる。
(余談だけど、バナナの葉で包んだ魚の蒸し焼きが死ぬほど美味かったそうだ)
ところが、その中に奇妙な肉が混じっている。
バナナの葉で包んだ肉の蒸し焼きなんだけど、明らかに髪の毛のようなものが生えている。
村人に何の肉だと聞くと、「長い豚の肉だ」という返事が返ってくる。
もともと、南方の島には食人の風習が残っているという噂があったため、爺ちゃんたちはすぐに察して帰ろうとする。
軍の任務に戻るとか、適当な理由を付けて別れを告げると、
村人たちは名残惜しそうに果物をお土産として持たせてくれたそうだ。


ただ、何を思ったのか爺ちゃん達は、『長い豚の肉』の正体を確かめたくなった。
帰ったふりをして近くに潜んで、集落を監視。
村人が集落から出ていくのを見て、「肉を取りに行くんだな」と思い尾行したそうだ。
すると辿りついた先は森の中の洞穴。
村人がそこからバナナの葉に包んだ肉を持って出ていくのを見てから、中に忍び込んでみた。

洞窟は結構広くて、奥の方から物音がするので探索してみた所、人間牧場があったらしい。
広いスペースの中に四つん這いになった人間が二十人くらい居て、
真っ白でブヨブヨした人型の化け物が棒でそれを叩いていたそうだ。
その光景を見た瞬間、爺ちゃんは驚きすぎて呆然としてしまった。
人型の白い化け物も爺ちゃん達に気付いて、目が合うんだけど、向こうも「え?」みたいな顔をして驚いていた。
白目とか瞳孔とか無い、真っ赤なギョロギョロした目が洞窟の中で光ってたそうだ。
爺ちゃん曰く「あれは絶対人間じゃねえ」とのこと。
最初はお互いに唖然としてたんだけど、次第に化け物の目玉が吊り上ってくから、
爺ちゃんも「あ、これは怒ってるんだな」と我に返って、その場から半狂乱で逃げ出したらしい。

ほうほうの体で大隊の本部に戻って、将校に事と次第を報告したんだけど信じて貰えなかったそうだ。
ヒロポンでもやってたのかと笑われて、爺ちゃんも仲間たちもムッとしたらしくて、
次の日に集落と洞窟を探したんだけど二度と見つからなかった、とのこと。
今でもあの集落と洞窟の光景がなんだったのかわからない、って言ってた。


<感想>

リアル・オーバーロード。

白い化け物というのはもしや…。










未遂で終わったけど今までで一番怖かった話。
やたらと推測が多いけれど堪忍してほしい。

小学校3年くらいだった頃、一時期俺は小さなマンションで暮らしていた。
爺ちゃんから譲ってもらった家をリフォームするとかで、期間としてはだいたい半年くらいだったかな。
古くてかび臭いマンションだったけど、家の近くでかつ値段が安いとかで決めたらしい。


[ずんぐりした陰気な男とその母親らしきおばさん]の続きを読む
大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。
本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、
晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びとなった。
旅の発案をしたのはAだった。
レンタカーを借りて、東京から日本海側を北上し青森を目指す計画だ。
当時運転免許を持っていた僕とCが交代で運転をする代わりに、
AとBとDがレンタカー代とガソリン代を払うということで話が折り合った。
僕を含めて5人の旅だった。
僕たち5人は大学のサークルで知り合った仲だ。
僕とCは同じ学部で同じゼミを専攻していたが、AとBとDは別の学部に通っていた。
[卒業旅行計画]の続きを読む
小学校高学年の時の話。

父と母はいわゆるデキ婚。
母はかなり頭のいいほうで銀行に務めていたが、父は要領が悪くフリーターだった。
しかしなんの家族計画もせずに仕込んだのが長女(姉)。その次に私、妹が生まれた。
子育てのため母は父を信じ銀行員をやめパートになった。
だが父は母の稼ぎに頼りっきりで浮気を繰り返し薬にも手をつけ、私が10歳の頃離婚した。三人とも母についた。
昔は優しかった父の薬に染まった顔が忘れられなくて、父方の祖母の家にも近寄らなかった。
母も同じだったらしく、四人で夜逃げのようにその時の家をでた。

[父と母はいわゆるデキ婚]の続きを読む
小学校のとき、クラスに俺と同姓同名、漢字までいっしょの子が転校してきた。
近所に引っ越してきてから仲良くなり、よく一緒に遊んでいたが、その子は家庭的にかなり問題があった。
お父さんが無職でギャンブル狂の酒乱と凄まじくダメな人だったようで、
一年ももたずお母さんがその子を連れて家出。その子も連絡もつかなくなった。

その後、そのお父さんが頭がおかしくなった。
子供と同じ名前の俺の前によく現れては、意味不明のことを言うようになった。
うちの親に「てめえ、俺の子を誘拐したな!」とか、脅迫電話をたびたびかけてくるようになり、ついに警察に相談。


それを知ったそのお父さんはますます壊れ、俺が小六のとき、ついに俺を誘拐しようとした。
大声で俺の名前や意味分からんことを叫びながら、俺をつかんで車に詰めこもうとした。めっちゃめちゃ怖かった。
もちろん俺も号泣して大暴れしながら抵抗し、おっさん蹴りあげて、血だらけで近所の家に逃げ込んだ。

結局、おっさん逮捕→俺強制検査入院&取り調べのコンボで、ヘトヘトになりました。
今でも、おっさんに抵抗したときの傷が左手に盛大に残ってる。マジトラウマ。

でも本当に怖かったのは、
事件のあと、家にただ一言『ごめんね…』と呟いて切れる電話が、三年くらいかかってきてたこと。


<感想>

狂人に目を付けられることほど怖いことはないですね。

電話をかけてきたのは、
申し訳ないと思いつつ、謝罪に行けなかった母子では?

父がそこまで迷惑をかけるとは思ってなかったんじゃないかな?