FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
兄貴の話で、別に怪談でもないんだが。

エレベータに乗ると幽霊の声が聞こえるって噂のマンションがあった。
そのマンションでは、誰かがエレベータに乗ってる時にどこからか声が聴こえてきて、
「おやじ」とか「いないのに」とかぼそぼそ喋るらしい。
声は男性の低めの小さな声で、聞き取りにくい感じで喋るらしい。
何回か同じような声を聴いた人がいて、最後に聴いた人の話では、「おやじ」って繰り返し呟いていたらしい。

その内、エレベータの幽霊のお祓い?お清め?を行ったらしい。
それからしばらく声は聴こえなくなったらしい。
だが、しばらくして、
またエレベータで前よりゆっくりしたくぐもった声で「お や じ」っていう声が聴いた住人が出たらしい。


ここから俺の兄貴の話になるんだが、
俺の兄貴は基本的に不真面目な性格で、なんというかきっちりしてない。
仕事の空き時間に携帯ゲームで遊んだりしてるくらい不真面目で、
エレベータの点検・保守の仕事をしていた。

幽霊の原因は、前年に例のマンションを定期点検に訪れた兄貴が、
卵型のおもちゃをエレベータの下(緩衝器がどうとか)に落としたのが原因っぽい。
しかもそれは、真ん中のボタン押すと「親父にもぶたれたことないのに!」って喋るやつだった。
兄貴はエレベータの定期点検で管理人さんからその話を聞いて死ぬほど焦ったらしい。
すぐに原因に思いいたって、点検の際にこっそりおもちゃを回収したとか。
ただ、そのおもちゃはもうボタンを押しても鳴らなくなってて、完全に壊れてたみたい。
そして、兄貴が回収した後も、未だにエレベータの幽霊は出続けているらしい。

兄貴はというと、本物の幽霊を呼びこんじゃったんじゃないかとかいってびくびくしてる。
俺は多分、今出てる幽霊は神経過敏になった住人の気のせいだと思ってる。
もし、都内近郊のマンションで似たような話があったら、その元凶はおもちゃの声なのかも。


<感想>

実際に幽霊を見た人がいなくて声だけしか聞こえないなら、
そういう理由がほとんどかな?









高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。

ある夜、部屋で1人ゲームをしていると、下の方から大勢の人がザワザワと騒ぐような声が聞こえてきた。
俺は「下の階の人のところに客が一杯来ているのかな?」とも思ったが、
耳を澄まして良く聞いてみると、声の感じから数人という事はなさそうだ。もっと大勢の人の声のように聞こえる。
気のせいかもしれないが、まるで大きな駅とかなどの雑踏のざわつきのような感じだ。
その時は「そういう映画かテレビ番組でも見ているのかな?」と考えながら、それ以上気にせずにいた。
が、寝る頃になっても一向に『ざわつき声』がなくなることは無く、
そこまで大きな音では無いのだが、深夜3時頃まで聞こえていたせいで、
結局気になってその日は殆ど寝る事ができなかった。

それから数日間、毎日ではないが夜10時頃から深夜3時頃まで、頻繁に『ざわつき声』が聞こえてくるので、
俺はろくに眠る事ができず、いい加減苦情を言おうと階下の人のところへ行く事にした。
呼び鈴を押して暫らくすると住人が出てきた。
歳は俺より2つか3つ上くらいだろうか、見た感じ学生っぽく見える。
俺が上の階の住人である事を話し苦情を言おうとすると、その人はいきなり不機嫌になり、
「あんた毎日毎日真夜中に何やってんだ。煩くて仕方が無いんだが」と逆に言われてしまった。
(ややこしくなるので、ここからは下の階の人を仮にサトウさんとしておきます)
意味が解らない俺は、事情を最初から話して、
下のほうから殆ど毎日のように大勢の人のざわつき声のようなものが聞こえてくると話すと、
サトウさんは『ざわつき声』が夜になると“上から”聞こえてきて、
そろそろ大家か不動産屋に苦情を言おうと思っていたと話し出した。
その話を聞いて、俺は理由は良く解らないが何かいやな感じがしてきた。
あれは明らかに人の声だ。何度も聞いているから聞き間違いは無い。
それにサトウさんも『大勢の人のざわめき』である事は間違いないという。
暫らくの沈黙の後、
「…天井裏に何かあるのかな?」とサトウさんが言ってきた。

[ざわつき声]の続きを読む
大学時代に味わった後味悪い話。

私が住んでいた部屋の真上にあたる部屋の入居者が入れ替わった頃から、
朝は4時や5時から、夜中は2時や3時まで大音量の音楽が響いてくるようになりました。
当時、私はその部屋で暮らして7年目でしたが、集合住宅には付き物の、
いわゆる生活騒音(足音やドアの開閉音など)などとは別物である大音量の音楽というのは初めてのことで、
しかも早朝から深夜までずっと鳴り続けているためにかなり驚きました。
騒音被害に遭うと異様に神経が尖ってしまい、家にいても「いつ音が鳴り出すか」とビクビクして常に緊張状態、
まったく気の休まらなくなる人が少なくないそうで、
繊細さのかけらもない神経の図太い私ですらその例に漏れず、精神的にかなり参ってしまいました。

自分でどうにかするしかないので、部屋にいる間は常に耳栓、テレビを見るときもヘッドフォン。
寝る時ももちろん耳栓。それでも音楽は聴こえてくる。特に重低音が凄まじく響く。
しかも音楽に合わせて踊ってるようで、歩くのとは違うドスンドスンという音がリズミカルに続く。
友達とかが遊びにきた時も「この音のでかさは酷過ぎる」と本気でびっくりするほどで、
だけど管理人さんやマンションの仲介業者に言っても「我慢して下さい」だけ。

仕方なく自分なりに色々工夫して我慢したけど、いよいよ本当にノイローゼに陥りかけて、
意を決して本人に直接「もうちょっと音量下げてください」と頼みにいくことにしました。
どんな人が住んでるか知らないので、怖い男の人とかだったらどうしよう…と不安だったり、
ご近所トラブルでの殺傷事件のニュースとかもあるからかなり怖くて勇気もいったけど、
その時は「このままだと気が狂って私が人殺しになってしまう、家族や皆に迷惑をかけてしまう」、
と本気で思うほど追い詰められていたので、行くしかありませんでした。

[騒音被害]の続きを読む
つい昨日の出来事なんだけど聞いてくれ。

先日父が亡くなって家を一軒相続したんだが、立地は悪くないものの大分ガタが来てるし、無駄に広すぎるんで、
妻と相談した結果売り払うことにしたんだ。
幸い、遺品の整理をしてる最中にも、度々不動産屋の広告やら名刺が入ってたんで、そこに電話し、
結局4社で委託、及び買取の査定をして貰う事になった。

で、そのうちの3社目。結構今風の感じの、垢抜けた30代前半位の青年が査定にやって来た。
ハキハキと喋るし、感じも悪くない。しかも査定額が、前2社に比べると1千万近く高い。
俺も妻もほぼここに決めかけてて、その旨を告げると、各室内の写真を撮らせて欲しいと言ってきたんで、
快諾し、俺が付き添って改めて各部屋を案内して廻った。

[不動産査定]の続きを読む
私がまだ小さかったころ体験した話です。

好奇心旺盛だった私は、よくバカな事をして怪我して親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。
その当時、私と家族は10階建ての団地の8階に住んでいたのですが、その団地はいわゆる曰く付きの団地でした。
私の住んでいる県はクソ田舎で、
あまり高層ビルなどはなく、10階建ての団地ですら最高峰と言っても過言ではないので、
その団地が飛び降り自殺の名所になるのも必然といえば必然でした。
さらには霊が出るという噂もあり、県営団地なのに空室がたくさんあるような…とにかく寂れた古い団地でした。


[団地のエレベーター]の続きを読む