FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
ボロ家の話で思い出した。

数年前に実家で、甥っ子や姪っ子達とトトロ観てた。
「そういや、うちも昔はこんなお風呂だったよねぇ」と俺。
家族全員が何故かきょとんとした顔。
「ほら、まん丸い五右衛門風呂でさ、スノコみたいなの踏んで入るの、覚えてない?」
「兄ちゃん、どこでそんなお風呂入ったの?」と不思議そうな妹。
両親も似た様な表情で俺を眺めている。
「何を言ってるんだお前は?」
「いやいやいや、この家昔はすげーボロ家だったじゃん」
じれったくなった俺は、その辺にあったチラシの裏に、間取りをスラスラ描く。
「ここが凄い狭い廊下で、その先が土間になってて、土間のすぐ横が風呂場で…」
「ちょっと待て」
「?」
父親が描きかけの空白部分を指差して言った。
「ここには何があった?」
「えーと…井戸があって、ポンプが1日中ウンウン言ってた」
俺は井戸の印に丸を描いて、そこからパイプを家の外に向かって伸ばした。
「なんか、近所に住んでた鯉飼ってる人の家に売ってたとか…あれ?」
そこで奇妙な感覚に陥る。
スラスラ描けるほどハッキリ覚えていた記憶が、描くそばからほろほろとあやふやになって行く。
「それ誰に聞いた?」
「誰って、爺ちゃん…あっ!」
祖父は自分が生まれる前に他界していた。
「確かに昔は五右衛門風呂だったし、井戸の水を近所に送ってた。
 だけど、お前が生まれた年に建て替えたんだぞ?」
「え?あれ?」
すっかり描き上がった古い平屋の見取り図は、もう知らない家になっていた。


<感想>

生まれ変わりなのかな?









私の家族は、自由奔放な父と、明るく誰からも好かれる母。
どこにでもいてる三人家族でした。
あそこに住むまでは。

今から12年前に引っ越した、3階建ての赤黒いマンション。
その辺りは晴れてても、淋しい雰囲気でした。
部屋は3LDKの一階。私の部屋は和室。窓は大きいのにとても暗かった。

初めて見た時の事は覚えてないけど、真っ赤な着物を着た女が毎晩、布団の周りをウロウロしてました。
毎日電気をつけて全身に布団かぶって寝てたんですけど、ちょっと隙間あけてみると女も覗いてる。
大体そこで記憶はとんで、起きたら汗びっしょり。風邪ひきやすくなったのもその頃からです。

[誰からも好かれていた母]の続きを読む
高校のとき仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。
「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。
特に用事もなかったけど、俺は断った。
でもしつこく誘ってくる。「他をあたれよ」って言っても、なぜか俺だけを誘ってきた。
あまりにもしつこいので、「なぁ、お前一人じゃ怖いのか?」ってからかってみたら、急に黙り込んだ。
「なんだ、図星か?」って追い討ちをかけてみると、突然真面目な顔になって、
「なぁ、お前、幽霊って信じるか?」なんて言ってきた。
なんだこいつって思いながら、「まぁ、見たことは無いけど、いないとも言い切れないかな」って答えた。
「じゃぁさ、週末に家に来いよ。幽霊はいるって解るよ」なんて言いやがる。
「ふ~ん・・・・で、見に来いっての?でも止めとくよ」って言うと、
泣きそうな顔で「頼むよ、来てくれよ」って言う。
「じゃぁ、具体的にどんな幽霊なんだ?」って聞くと、
「毎晩12時くらいに階段を1段ずつ昇ってきてる。そして週末にちょうど家の前に来るはずだ。
 その時、一人なのが怖いんだ」
って、本当に怖がりながら言うんだ。
しつこいのもあるけど、ちょっと面白そうだなって気持ちがあって、「解った、行くよ」って言うと、
「ありがとう、ありがとう」って繰り返し言ってた。

[階段を昇ってくる]の続きを読む
505 :本当にあった怖い名無し:2018/05/17(木) 20:35:22.71 ID:L5Pbwyu00.net
三年前の雨の日の話。
キッチンの横にある窓に、子供の手形がたくさんついてた。
娘が触ったかな?と拭いてみたら外側だった。
ふと気づくここは五階と言う名の四階、もちろん窓の外は何もない。手形など付けるのは不可能な場所。
それから幼い娘が誰かとお話するようになったので、引っ越してお祓いしてもらった。


506 :本当にあった怖い名無し:2018/05/17(木) 21:00:22.92 ID:TOMPbrUp0.net
>>505
もっとkwsk


508 :本当にあった怖い名無し:2018/05/17(木) 21:46:47.77 ID:BUu+m8LK0.net
気になったんだけど、ホテルとかならわかるんだけど、住居で4階とか無くしていいんだっけ?
〇〇4、9号室がないのはたまに見るけど


512 :本当にあった怖い名無し:2018/05/18(金) 06:24:59.18 ID:PFQn/uRw0.net
505です
住みは北海道で、ごく稀ですが4階がないアパートがあります。

手形発見前くらいから、娘が私には見えないおねーちゃんと遊び始めました。
最初は子供の一人遊びと思ってました。
ちゃんと聞いてみると誰か会話してる風でしたので怖くなり、元々引っ越し検討中だったので早めて引っ越しました。
義母と実母は幼馴染みなのですが、二人の勧めでお祓いをしてもらいました。
流産や堕胎の経験はありませんから、娘のおねーちゃんではないと思います。
お祓いをしてくれた神主さんの話では、子供の頃は無意識にそういったモノを引っ張ってしまう事もある。
娘が離してくれないから、あなたへのアピールとして窓の手形を残したのではないか?との事でした。
アピールの方法が怖かったです。


<感想>

うちの近所にも外壁の変な位置に
手形がべたべたついているアパートがありますが、
ごく普通に人が暮らしているので、
何もないんでしょう…たぶん。










少し長いけど実家にいた幽霊の話を聞いて。

実家は一戸建てなんだけど、2階でよく不可解な物音とか、
誰かが部屋に入っていくのが見えたのに、行ってみたら誰もいなかったとかがよくあって、
家族の中で何かいるんだろうなぁってなってたの。
で、幽霊って思ってると怖いから、「田中さん」って名前付けて親しみを持とうとしていたのよ。
「なんか変な音する」「田中さんじゃない?」って。
不思議なことに、「ああ、田中さんならいいか」って思えてくるわけ。

わたしは大学から実家を出て一人暮らしをしていたんだけど、
帰省したときに「田中さん最近どう?」って親に聞いたら、「いなくなった」って言われてさ。
当時、実家では犬を飼い始めていて(しかも5匹)、田中さんは絶対犬がうるさいのが嫌になって出て行ったんだと思った。
親には「田中さんの気持ちも考えてよ!」とか言った気がする。

[田中さん]の続きを読む