FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
心霊スポットの話

俺が高2の頃だから今から7年前のことになるけど地元に心霊スポットがあったんだよ
俺の家から歩いて二百メートルくらいのところ
でかい建物じゃなくて民家の廃墟なんだけど
住宅地からちょっと外れた崖の下にあって家の前が小さな林になってる
家自体はどこの道路にも面してなくて林からは細い私道を通らないと行けない
昼でも暗くてちょっと薄気味の悪いとこではあるけど
地元ではそんなに幽霊の噂とかはなかった

俺も厨坊の頃に壊れた玄関から当時の悪友と何回か入ったことがあるけど
2階建てで部屋数は6つくらいだったな
家財道具がけっこう残ってて、壁には十数年前のカレンダーが貼ってあるし
何かの領収書類や雑誌がほこりのたまった床に散乱してる
仏間もあって、仏壇には位牌も残ってたし鴨居には和服のじいさんの白黒写真もある
夜ならそうとう気味が悪いだろう

ここがコンビニで夏に売る心霊DVDで一家心中の家として紹介された
もちろん住所なんかはぼかして書いてるんだが
内部の写真とか見れば間違いなくその廃墟なんだよ
親父に聞いたところ、その家の人らは借金で夜逃げをしたんで
少なくともここでは心中の事実はないはずだと言ってた

んでDVDで紹介されてから、ちらほらと夜に見に来るやつらが現れだした
何でわかるかというとその家の前の林の中にときどき派手な車が停まったりしてるし
それに夜中に懐中電灯の光が見えたりうるさい話し声も聞こえてくるから
町内会で問題になってその家の取り壊しを権利者に掛け合おうかみたいな話になってた

[代償]の続きを読む
そろそろ一年経つので、カキコ。

去年の夏、本当に怖い目にあった。
夜中に花火をしていたら、友人Aが「じつは近くに心霊スポットがあるんだぜ」
と言い出したから、肝試しをすることになった。
連れてかれたのは、都内にある林。
すぐそばに民家があって、なんか全然怖そうじゃないなと思ったのを覚えている。 Aが言うには、この先に防空壕があり、そこに出るのだという。
歩いて行くと、砂利道の先にそれらしきものが見えてきた。
草むした崖に大きな穴があいていて、年代物のボロボロの木戸が取り付けられている。
「なぁ、でもこれってなんか違うくね?」と友人の一人が言った。
たしかに、防空壕というわりにかなりボロいが前に鳥居がある。 「中で亡くなった人がいるから、そのせいじゃない?」と言い出したやつがいて、気にせず続行した。
木戸にはしめ縄がしてあったようだが、前に肝試しに来たやつのせいか、切れていて地面に落ちていた。
デジカメ持ってたやつがいたので、撮影しつつ中に入る。
中はひんやりとして、ちょっと肌寒いくらいだった。

[指]の続きを読む
教育実習にきた先生から聞いた洒落になってない話。

 先生がまだ高校生の頃に体験した話だそうです。
 先生は友達四人と、バイクで先生の住む県にある、マイナーな心霊スポットに肝試しにいったそうです。
 その心霊スポットは、県境の山間にあるといわれている廃屋で、その廃屋には無数の霊魂が集まっている、そういう性質をもった場所なんだ、と噂されていたようです。
 ただ、誰もその廃屋の正しい場所を知らない、というのが、その心霊スポットにまつわる怪談の落ちにも使われていたようです。
 先生たちは廃屋を探すため、廃屋があると噂される場所の近くまでバイクで行き、適当なところにバイクを停めて、ガードレールを乗り越え、山の中へ向かったそうです。
 先生の前には、友達四人が歩いています。先生はその後ろをついていく形で歩いていたそうです。
 どうしてか、というと、先生はその時、急遽来れなくなった友達に実況メールをしていたそうです。
 先生ははぐれないように時折、視線を上げて前を歩く友達四人の姿を見失わないようにしていました。
 辺りは真っ暗で、先頭を歩く友達の持った懐中電灯の明かりだけが頼りでした。
 しばらくは何事もなく、ただ時折、静かな山の中に遠くから車のクラクションが聞こえるくらいで、何も怖いことは起きなかったそうです。
 30分ほど山の中を、散策していると、ぽつんと、妙に開けた場所に出たそうです。
 そこは、まるで以前何かがあったような、明らかに人の手が入った形跡のある場所でした。
 先生たちは興奮して、ここが噂の廃屋があった場所ではないかと、盛り上がりました。
 先生は急いで、メールしたそうです。

 「廃屋跡らしき場所発見! さっきから何か背筋がゾクゾクする!!」

[スカートの女]の続きを読む
空気を読まず投下
高校の時、部活の合宿で長野に行ったんだが
旅館とかに泊まるんじゃなくて廃園になった幼稚園を掃除して
そこに泊まることになった。
無論手入れなんかされてないから泊まる前に掃除をすることになった。
庭、教室?は想像していた通り虫の寝床になっていたんだが、
職員室?的な場所だけ南京鍵がかかって入れなかった。
このままだとOBや先生の寝る場所がないってことなので
失礼だが南京錠を壊して入らせてもらうことになった。
だが開けてみて驚いたんだがその部屋の天井にびっしりとお札が、
張ってあった。そしてそのお札には蜘蛛?人間みたいな絵が描いてあった。
でも当時俺は体育系なノリだったから、なんぼのもんじゃーって感じで
お札を箒ですべてたたき落としてしまった。
だけど一枚だけ隅のほうに頑固に張り付いて取れなかった。
仕方ないので脚立を持ってきて素手ではがすと、天井の板が取れて
黒い蜘蛛がわっと降ってきた。
だけどそいつもまとめて掃除機で吸い取り、屋根裏にたっぷりと
防虫スプレー噴射してまた天井を貼り付けといた。
今思えばよくあんな事したなと思う。
翌朝庭に出した靴を履こうとしてみると友達の靴はなんとも
なっていないが、俺の靴だけまるで蛹のように蜘蛛の糸が巻き付いていた。
その後俺は肝試し中、一本道のはずなのになぜか迷って
廃村に迷い込んだり、その時の彼女が同じ肝試し中、白い服を着た
人間に追いかけられたりと散々な目にあった。
なんとか助かったのは、高僧だった曾爺さんのサイン入りの木札の
おかげだと思う。財布に入っていたんだが黒焦げになっていた。
やはりさわらぬ神にたたりなしだと思う。


<感想>

なんというか…、
色んな意味で豪快な話だと思いました。





ある日、親たちには内緒で、友達3人くらいと裏山の奥まで入ったことがあった。
多分30分ほど適当に歩いてたら、廃屋があった。別に普通の廃屋だった。
俺たちはテンション上がって、廃屋の中に入って探索してた。平屋の3LKくらいの間取りだったと思う。
廃屋のリビングと思われる部屋にエロ本が数冊落ちてて、エロガキだった友達たちは歓喜してそれを読んでた。
俺はまだそこまで興味なかったから、適当に友達がエロ本読んでるのを後ろから見た後に別の部屋を探索した。
隣の部屋に入ったけど、特に家具とかは無かったと思う。押入れがあるだけだった。
俺は何となく押入れの襖を開けた。

そしたら押入れの上段に、小太りのおばさん?が後ろ向きに、正座をちょっと崩した感じで座ってた。
あまりにも予想外すぎて、恐怖とか疑問より、その時の俺は怒られる!ってパニクった。
続く

[押入れのおばさん]の続きを読む