FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
私の経験したちょっと奇妙な出来事です。

実家の近所に大きな廃病院跡がありました。
ずいぶん古くて頑丈そうな石造りの建物が数棟。
敷地も広くて、中には小さな池や森などもあり、プチ廃墟マニアの私などには絶好のロケーションでした。
小学校の頃は探検や虫取り。中高生の頃には肝試し。
高校卒業後、地元を離れたので足は遠のきましたが、帰省の折りには一人立ち寄って、
廃墟に独特の、眠っているような空気を楽しんだりしていました。
今年の正月にも、両親に子供を預けて、妻と二人で廃墟を散策。
妻は「濱マイクに出てきた診療所みたい」と、まんざらでもなさそうでした。

そんなこんなで、その廃病院にはもう何百回と出入りしましたが、
特に怪異と呼べるような体験はこれまで一度も無かったのです。

先週末。夏休みを利用して実家に帰りました。
夕暮れ時に件の病院跡に行ってみたところ、かなり様子が変わっていました。
広大な敷地の周囲にはフェンスが張り巡らされ、中には重機が数台置いてあります。
病院の建物は跡形もなく、鬱蒼とした木立も大半が無くなっているようでした。
半ば呆然としながら周囲をうろついていると、フェンスに小さな看板が見えました。
見ると『土地区画整理事業』とあります。
この辺りは近年住宅地として再開発が進んでおり、ここもその一環をなすようです。
それにしても、8ヶ月前まではあれだけの存在感を放っていた廃墟だったのに、
人の意志が働くと、時間はこうも加速するものなのか─
そんなこと考えながら、蝉時雨の絶えた道筋をたどり家へと戻りました。


[プチ廃墟マニア]の続きを読む
大分前のことになるが、
悪友のRとTと俺の三人で飲んでて、ノリで近場の山中にある廃墟に肝試しにいくことになった。
廃墟といっても普通の民家で、こんな山の中に誰が住んでたのか、そちらの方が気になるくらいのごく普通の家だった。
ドアも窓も壊された廃墟に入り込むのは簡単で、懐中電灯片手に建物の中を一通り見て周り、外に出てタバコを一服。
俺「なあ、そういえばここって女の子の幽霊が出るって話だよな」
R「ああ、昔この建物に連れ込まれて殺された女の子が出るっていう噂だ」
 「・・・・・の」
俺「おい、今何か聞こえなかったか?」
R「あ?何が?」
俺「何か聞こえたんだけど」
R「気のせいだろ」
二人で顔を見合わせた。
俺「なあ、Tは何か聞いたか?」
T「違うって」
俺「え?」
T「違うって言ってるんだよ」
俺「違うって何が?」
T「だから違うんだよ!」
俺「だから、何が違うんだよ!」
T「その女の子はここで殺されたんじゃないって言ってるんだよ!」
R「おいおい、何言ってるんだよT」
T「だって、お前が『ここに連れ込まれて殺された』って言った時に、 『違うの違うの』って声がしただろ!!
  ここで殺されたんじゃないんだよ!」
速攻でその場を後にしました。


<感想>

じゃあなんでこの場所に出るんだろ?











皆様始めまして。
これは私が小学生の頃の話です。

家の近所に一軒の空き家がありました。
その家は昔旅館を経営していた様子で、
山奥の長い一本道を上っていくと突然現れるその家は、
小学生が誰しもあこがれる“秘密の隠れ家”にはもってこいの場所でした。
私は一部の友人達と共に学校が終わるとそこに集まり、夕飯時になるまでいろんな事をして遊んでいました。

そんなある日、その空き家に“でる”と言う話がどこからともなくわき上がりました。
そこの旅館の持ち主が首をつって自殺した、
誰もいないはずの家の窓から和服を着た女が外を眺めていた、とか・・・
私達は仲間はずれにされた誰かがそんな噂を流しているんだろうと、気にもせず隠れ家を愛用していました。
しかし噂は他のクラスの生徒にも広まり、そいつらが秘密の隠れ家を見に来る様になりました。
隠れ家に思い入れの深かった私たちは、他の生徒と縄張り争い?の喧嘩をよくしていました。

[竹細工の赤い鞠]の続きを読む
何かがやってくる体験ならしたことがある。

リアル工房の頃、十数人でサバゲをやったときの話。
場所は良くある荒れはてたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、
出るという噂からヤンキーすらあまり来ない。
それに、ゲームに興奮するあまり嫌な気分は吹き飛んでいたし、怖いと言うと馬鹿にされる風潮が仲間内にあった。

さんざ遊んだ後、五階の大部屋でみんな集まって装備の手入れをしていると、
誰ともなしに「遊んでいる最中に気配を感じる」と言い出した。
狙い狙われる遊びだから気配がするのは当然なんだけど、それとはちょっと違うと言う奴が殆どだった。
かくいう俺もそうだった。

[ホテル跡でサバゲー]の続きを読む
678 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 04:38:12.75 ID:La9UYHO+O.net
私が中学生の時まで住んでいた集合団地の近くに、空き家が一軒あった。
ただ、空き家と言っても人が住める様な状態ではなく、
家財道具などがひどく散乱したまま放置され、外壁も半壊した、ほとんど廃墟の様な建物だったので、
道側からでも内部が丸見えだった。
私の学校 - 自宅までの行き帰りには、少し時間を短縮できる近道があって、ある時までずっとそこを使っていた。
空き家は近道を通る時には必ず目にする場所だった。

ある日、夕暮れ時にその道を一人で通っていた時、何気なく空き家を見ると中に人影があった。
反射的に立ち止まって見てみると、その人物は子供用のおもちゃの小さなピアノ(?)の前に正座しており、
鍵盤らしき部分に両指を乗せ、まるで演奏している様なポーズを取っていた。
しかし指や腕を動かしたりして実際に演奏するという訳でもなく、その姿勢のまま固まっていて、
首をがっくりと前にうなだれさせて俯き、全く動く事なくそこにいた。
表情は見えなかったが、スーツの様な服を着た男の人だった気がする。
何だかすごく不気味に思えて、急いで走って家に帰った。

その奇妙な人影は結局、卒業までに3回見た。
2回目に見た時は友人と一緒だったが、友人も私も怖がりなので声をかけたりなど到底できず、
逃げる様にすぐその場を離れた。

3回目、最後にそれを見た時は、同じポーズの人がもう1人増えていた。
髪型はセミロングの20代くらいの若そうな女の人で、
やはり正座して、おもちゃのピアノの鍵盤に両指を乗せ、微動だにせず深く俯いている。前述のスーツの人の隣で。

その後はもう空き家を見るのも嫌になって、引っ越すまで二度と例の近道を使わなかったので、
あれが生きている人物だったのか幽霊的なものだったのか、何もかも分からない。
でも、とにかく、もう二度とあんな不気味な物は見たくない・・・。


679 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 07:38:05.70 ID:NpHviWvU0.net
おもちゃのピアノって、子供用の小さいやつだよね?
常識で考えれば、とてもじゃないけど鍵盤に大人二人が並んで両指を置ける様な幅なんて無い
タンスと壁の隙間から此方を覗く所謂「薄い人」の話みたいな感じだとすると、
幽霊的なものか、はたまた脳の障害とかで空間的に存在不可能な場所に人がいると認識してしまったか
どちらにせよ生きてる人間ではなさそうだね
幽霊ならともかく脳の問題とかだと、今後も何かのきっかけであり得ない事象を知覚してしまう恐れがある訳で、
それが致命的なタイミングで起こったりしたらちょっとシャレにならないな


680 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/20(日) 08:10:10.28 ID:La9UYHO+O.net
>>679
はい、それです。
ただ、その小さいピアノ1つに2人が群がっていたという訳ではなく、きちんと『1人に1つずつ』ありました。
説明不足申し訳ありません。
なので最初にあれを目撃した時と、最後に目撃した時とでは、ピアノが1個増えていた(?)という事になる・・・のでしょうか。

1度だけ友人と一緒に見ているので見間違いではないと思いたいのですが・・・
その人影はちょうど真横から見た感じだったので、
俯いた時に顎の部分が、本当に鎖骨の辺りに触れてしまうくらい、うなだれていたのを今でもよく覚えています。


<感想>

ピアノと人がどんどん増えていく恐れもあるので、
近寄らない方が良いですね。