ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
9月2日にアクセス13万突破!1月24日14万突破!ありがとうございます!



効き目のあったものばかりを集めて、
呪いの儀式にでも使うのかな?(汗)

【超危険な仕事】便利屋業をしてるんだけどこの間じつに奇妙なことがあった





249 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/02/20(日) 10:30:56.05 ID:SLUAePdp0

怖いか怖くないかは人それぞれだから知らんけど

俺がまだ消防だった時、父親(すでに離婚した)と
飯食いに行ったんだ。
で、どんとダムって知ってる?兵庫にあるダムなんだけど
そこにいくつか短いトンネルがあるわけよ
でトンネルの手前で俺が小便したくなったわけよ
父親は我慢しろって言ったんだけど
どうしようもなくなってここでしろってトンネルの手前の脇道?
みたいなところに車を止めて俺を茂みに連れてった。
で、小便して車に帰ろうとしたらさ
こう「アハハハハ」みたいな5歳ぐらいの女の子の声が聞こえてきた
怖い感じじゃなくて現実味のある普通の声でさ
父親は聞こえてないらしく俺は父親に話してみた
けど、まあ信じてもらえないわけよ
でその日はそのまま帰ったんだ。

そして、1年くらいたったある休日に父親が釣りに行こうって
誘ってきたわけ。俺としたら友達と遊んでる方が楽しいんだけど
誕生日も近くて機嫌とっとかないとみたいに現代っ子なりに考えたんだ
どこで釣るかというと例のダムなんだな、これが。
であそこの近くってPAっぽいのあるじゃん。
よくバイクとか止まってるとこ
でそこに止めて行こうかってなったけど
父親が恥ずかしいっていいだしてさ
まぁまわりはカッコいいバイクに乗ったカッコいいお兄さんばっかりで
コッチは父親と連れで釣り具もったダサダサ親子なわけだし
俺も恥ずかしかったんで違うところに止めようってなったのよ。
で、どこかというとトンネルの前の林の中

[笑い声]の続きを読む
数年前、家の建て直し中の仮住まいでのこと。

軽量鉄骨の6軒続きのテラスハウスで、エアコン付きだったので、
冷暖房関連機器は、押入れに入れたままになった。
テラスハウスの西隣、塀の向こうには小さな神社があった。
小さくても、祠の前の2本のイチョウは堂々たる姿で、境内は掃き清められていた。

住み始めてしばらくたったある晩、一緒に引っ越してきた猫たちの様子が変だった。
台所脇の小窓を凝視し、唸ったかと思えば、一目散に2階へと逃げだ。
何事かと、部屋の外も確認したが、何もなかった。
それが幾晩も、幾晩も続いた。
そして、夏の終わりに、異変は私の身の上に降りかかって来た。
夜眠れない、落ち着かなくて、妙に息苦しい。
猫たちの挙動不審も続いていたので、仮住まいの気遣いからイライラしていた。
台所の小窓のそばに、家人が産土様のお札を貼ってくれた。
が、直ぐに剥がれてしまう。何度貼っても、剥がれてしまうのだ。
やがて、私は死にたいと思うようになった。
仕事は順調、家は新築中、なんで死ななきゃならないんだと思いながら、
毎晩のように”死にたい”と口にしてしまう。
形相の変わった私を見て、家人は工務店をせっついてくれた。
そして、予定よりも早く再引越しの日を迎えた。
が、本当に恐ろしいことが起こった、というか、判ったのは引越し当日だった。

押入れに入れたままだった家電類を運び出した時、凍りついてしまった。
白い部分が半分、線を引いたように半分、日焼けでもしたかのように、
色が変わっていたのだ、
扇風機もストーブも、電話機さえ色が変わっていた。

お隣りの神社は第六天さまでした。
私は何か無礼を働いてしまっていたのでしょうか。


<感想>

テラスハウスがやばいだけで、
神社は関係ないんじゃないかな?






110 1/2 2011/02/16(水) 20:57:52 ID:0OtLNk7y0

昔母から聞いた話
知り合いのおばあちゃんが、体の調子がおかしいということで病院に行き
何やら検査とかしてて、すぐ終わるはずが長引いて結局そのまま入院した。
当時は肺結核とか多かったから隔離っての?
サナトリウムみたいなところに入院したんだと。

そんなに悪かったのか、とおったまげて
ある日皆で見舞いに行ったとき。
なんかの拍子にそのばあちゃんと少女だった母以外の皆が
別の話に夢中になってて、ぽつんと取り残されたようになった。
母が「おばあちゃん、大丈夫?」と聞いたところ、ポツリと
「全然大丈夫じゃないよ・・・」との答え。
続けて「ここは何かおかしいのよ。検査といいながら
紙に延々と同じ言葉書かされるし、頭に変なものかぶせられて
少しでも動くと怒られるし、薬はとても多くて飲むのが大変だし。」
少女だった母にはその異様さが伝わるわけも無く、
ふうん? 程度で終わってしまっていた。

そのままさらに2ヶ月ほど入院していたそうだが
ある日ひょっこり退院することになった。
退院したばあちゃんを見て母は衝撃を受けた。

[怪しい治療]の続きを読む