FC2ブログ

ネットの怖い話・都市伝説まとめ局

怖い話と都市伝説を感想付きでまとめています
2019/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
9月2日にアクセス13万突破!1月24日14万突破!ありがとうございます!



友人の話。

家族で実家の里山を散策していた時のこと。
買ったばかりのデジカメで、子供のスナップを取り捲っていた。

ひとしきり歩いて、そろそろ帰ろうかという頃合。
なぜかポケットの中でカチャカチャという音がする。
カメラを引っ張り出したところ、一緒に電池がこぼれ落ちた。
蓋が外れたかと思ったが、見ればしっかりと閉まっている。
電池を入れ直そうと蓋を開けると、中には不似合いな物が納められていた。

ちょうど電池の太さくらいの、団栗が六個。

いつの間に入れ替わったのか、まったく気がつかなかったそうだ。


<感想>

お茶目ないたずらだ。










友人の話。

顔見知りの家族と一緒に、キャンプに出かけた時のこと。
夕食を食べ始めると、娘が藪をじっと見ているのに気がついた。
「どうしたの?」と尋ねると、神妙な顔をして娘が答える。
「いただきますだって」

大して深く考えずに「そうだね挨拶しなくちゃね」と、娘の頭を撫でてやった。
娘は「ふうん」と答え、黙々と御飯を食べだした。
食事を食べ終えると、藪に向かって「ごちそうさま」と手を合わせる。

すると、彼女の耳にも確かに聞こえた。
藪の中から「ごちそうさま」と返す、小さなかすれた声が。

その時初めて、先ほどの娘の発言が、本当に理解できた。
慌てて亭主陣を呼び集め、藪の中を調べてみる。
半分土に埋もれた、古びたアルミ食器がそこに見つかったという。
他に怪しい物は、何も見つからなかったそうだ。


<感想>

かつて大切にされていたときのことを思い出し、
つい呟いてしまったのかな?